読みかけ本の棚卸をしてみた   ・・・その成果

先日の図書館通い休止宣言以降、手元にある読みかけの本が一体何冊あるのか、数えてみることにしました。

もともと複数の本を並行して読む癖があるので覚悟はしていたのですが、いざ数えてみると・・・10冊
これはさすがに読み散らかし過ぎ・・・と反省しました。

8574293438_0036cdd0c6_n.jpg


画像上より

・(Kindleにて)Kitten Heels in Kathmandu, Adventures of a Female Vagabond Mary Bartnikowski

・(Kindleにて)Drive: The Surprising Truth About What Motivates Us Daniel H. Pink

学ぶ意欲の心理学 (PHP新書) 市川伸一

教育力 (岩波新書) 齋藤孝

なるほどそうだったのか!!パレスチナとイスラエル 高橋和夫

燃えあがる海―湾岸現代史 (中東イスラム世界) 高橋和夫

日常の疑問を経済学で考える ロバート・H・フランク

40歳から何をどう勉強するか 和田秀樹

Happier: Can You Learn to Be Happy? Tal Ben-Shahar


そして画像にはありませんが、先日の記事に読後感想を書いた谷川浩司氏の「集中力」が10冊目となります。



・・・そうなんです。

実は棚卸をしたことで、さすがにこれではいけないと自覚するきっかけになり、読みかけとなっていた本を1冊読み終えることができたのです。
本を読み終えるのってすごく気持ちがいい。それを思い出させてくれる出来事でした。

もともといろいろなことに目移りしやすい性格で、手をつけたことを忘れて放置してしまうことも多々あります。
「何かを完成させることは気持ちがいい」・・・本だけではなく、他のことでもそうする時期が来ているのかもしれません。

今日この記事を書くにあたって、読みかけ本を1カ所にすべて集めました。
今までいろいろな場所に点在していたことで、こんなにも中途半端になっていたことに気づかずにいました。

「一カ所に集める」

それも読書以外のことに取り組むのにあたり、気をつけたいと思います。



今、とにかくこの中で読み終えたい本を1冊あげるならば・・・「燃えあがる海」。
(4月から放送大学で、中東関係の講座を受講します。)
それまでを目途に読み切ることができるよう、頑張ってみます。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング