「Kindleで洋書が読める人になる」プロジェクト2013 進捗状況

タイトルで、いきなり「プロジェクト」なんて書いていますが、

年明けから、ひとりこっそり続けていることです。

ブログ "100 WISH LIST"に、そのものずばりのタイトルで記事を書きましたので、

それを自分自身で証明したいと思っています。


Kindle Paperwhiteで「洋書が読める人」になる


この時に読んでいた本は2年ほど前に購入して、途中になってしまっていたもの。

確か、Kindleで読み始めた時の読了ページ数(パーセンテージ)は、20パーセント台だったと思います。

そして、この記事を書いた頃は、41パーセント。

現在68パーセントまで来ています。

50を越える時は本当に感慨深かったし、

50を過ぎてからは、なんだか1パーセント増えるごとにゴールに近づいている高揚感を感じ、

読むスピードが上がってきている気がします。




もちろん、数字ばかりを気にして、本文は読めていない・・・とかそういうことはなく、

この本を読み始めてからの、短い間の中にも、

なんだかそれまでとは違う小さなブレークスルーが起きているのを感じます。

それまでだったら、えっちらおっちら少しずつ読むものだから、

話の流れが途切れ途切れになってしまい、次読むときに忘れている・・・なんてことがありました。

今は、前の続きから読んでも、すぐに思い出すことができます。

(こまめに読めるようになったので、忘れるヒマもないからかもしれません)

そして、一回に読める量が確実に増えてきています。



この本を1冊読み終えることができたら、かなりの自信になるだろうな。



目標は2月いっぱいということで、引き続き、読み進めていきたいと思います!



【現在読んでいる本】


マイクロソフト社での輝かしいキャリアを捨て、途上国の子供たちのためにボランティア団体
Room to Readを立ち上げたJohn Woodによる自伝的ドキュメンタリー。






【私のお気に入りカバー】


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング