2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

107個のWish Listとともに

2010年に友達に教えてもらい、書き出した100個の願い。

書き出してからの1年で、思わぬ数の願いが叶っているのに気付き、

それ以来、この"Wish List"の虜になりました。

(その時の驚き、喜びを書いた記事は、こちらです)

2011年からは、毎年、年初に「願い」を更新して、プリントアウトするようにしています。

(今年は手書きで便せんに書いてみました)

とにかく思いつくままに書いているので、

本当に夢のようなことだったり、現実的な数値目標だったり、

続けて行きたい習慣だったり、単純なTodoだったり。

種類はごちゃまぜなのですが、不思議とそれがいいみたいです。

ちなみに、昨年叶えられたのは28個

思いついた時に願いを書き足しているので、総数は分からないのですが、

その中で28個も叶えられたと思うと、とても感慨深いです。

(叶った28個の内容は、

「セミナーを開く」、「大人向けの教室を開講する」という、人生の大きな転機となるようなものから、

「ちょっとキツかったジーンズが穿ける」、「近くの有名なパワースポットへ行く」というカジュアルなものまで

多岐に渡ります。)

8367106076_93dbdae5bd_q.jpg


今年の年初に書きだしたWish Listは、総計107個

先ほどの繰り返しになりますが、

具体的な数値目標(すでに別にちゃんとした目的があって、それを達成するための目標)から、

行きたい場所、欲しいもの

なんとなくこうなればいいなという願望、

夢見てはいるけど具体的方法はまだ分かっていないこと
まで、

内容は様々。

でも、このごちゃまぜ感が、読み返していてワクワクする理由なのかと思います。

例えばハッキリとしたTo doリストになっていて、それを淡々とこなしていくだけだと思うと、

ちょっと味気ないし、つらくなってしまいそう・・・。

定期的に読み返すことも大事だと思うので、

読み返して義務感を感じたり、「まだこんなにあるの・・・」とテンションが下がるものではいけません。

読み返す際、何かが叶っているとすごくうれしくなるし(たとえどんな小さなことでも)、

一つのことが「叶った」という喜びから、ちょっと難しそうな項目についても、

「これは具体的にどんなことから始めたらいいかな」と、前向きにチャレンジしていこうと思える
のです。




今年は、この107個の願いとともに生きていきます。

今までにちゃんと叶えられたという経験があるから・・・今回もちゃんと叶えられるって確信しています。

今年はいくつ夢を叶えられるだろう。

考えるだけで、とてもワクワクします。








にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!