2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ
  0 comments
  0 trackback

【旅行記】 上の子と二人、京都への旅 #18きっぷ 

昨日、旅行の時にふと思ったこと。

普段、「何かに向けて」とか「○○をするためには、まずはこれをこうして・・・」とか、フル回転で頭を働かせているけれど。

旅行の時は、目の前のことだけを考えられるのがいいな。

「○○に行くためには、××系統のバスに乗って」とか、「○時に△△に着くようにするには、ここに何時までいられるんだ?」

とか。

そういう瞬時の「問題解決」、ワクワクしてしまう。

特に18きっぷの旅だと、そういうことを感じられるのがいい。



夏休みに使いきれなかった18きっぷ。

滑り込みで、昨日、使ってきました。

上の子と二人、京都への旅。

行先は京都ということしか決めず、プランもぼんやりとしか決まっていなくて。

(しかも最終的に、行きの電車の中で話し合って、ギリギリでその内容も変更しました。)

7967940846_4dc331cc12_m.jpg

北野天満宮。

「賢くなるし、行っとくか?」と聞くと、「行く行く」と息子。

途中、散歩の途中なのかワンちゃんが近づいてきたのだけど、吠えたりせずおとなしい。

それを見た息子が、

「ああ!お参りしてきたから、ワンちゃんも賢くなったんだね!」と。

すごく微笑ましかったです。

7966677294_38603c197a_m.jpg

金閣寺参道で一休み。

これは私の食べたレモンのかき氷。

(抹茶ミルクとか、京都らしいのがあったにもかかわらず、どうしても食べたくなってしまい、レモン)

上の子は、チョコソフト。

「あ!これ初めて、一人で全部食べるかも!」

いつもは、下の子やお父さんの攻勢にあい、取られてしまうのだけれど、ひとり占めできると喜んでいました。

7967936482_e4a258109b_m.jpg

市バスの車内で、興味津々に地図を見る息子。

京都の通りの説明をしてあげたら、すごく興奮していました。

「一条戻り橋」という地名を見つけて、逆に息子の方から、「こういう由来があるんだよ」とレクチャーをうけました。

こんな話を、ゆったりとできるのも、旅の醍醐味。




他にも、大学というものがどういうところなのか見せてあげたいということで、

母校に案内したり、

「じゃあ京大も見るか!」と勇んでバスで向かったものの、

途中でバスの冷房の心地よさに降りるのが億劫になって、

そのまま駅まで直行したり。

行き当たりばったりでしたが、いろんな楽しい思い出、発見のあった一日でした。



こうやって上の子と出かけられるのもあと何年かな?

また18きっぷの季節になったら、一緒に旅をしてみたいと思います。

7966678060_5beeef8839_m.jpg

また来るね、京都。



【18きっぷメモ】

行先:京都

時間:朝7時発~夕方6時帰宅 計11時間(うち、電車での移動時間、約5時間)

近隣のキオスクは開いていない、あってもおにぎりとかはないので、あらかじめコンビニによっておけるといい。




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nabo.blog57.fc2.com/tb.php/890-0d1b1dd8