2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!


Posted by なぼ
  0 comments
  0 trackback

【海外ブログ記事より】 学ぶ時、教える時、そして生涯において大切な10のルール (John Cage)

今日は、海外のブログbrain pickingで偶然見つけた、人生に役立つ、とても素敵なリストをご紹介したいと思います。

元の記事はこちら:10 Rules for Students, Teachers, and Life by John Cage and Sister Corita Kent

このリストは、音楽家John Cageによって有名となりましたが、元は、芸術家であり教育者であるSister Corita Kentが授業の一環として作成したもので、のちにthe college of LA’s Immaculate Heart Conventの美術学部の学生のための規則として導入されたそうです。

その内容は、こちらです。

RULE ONE: Find a place you trust, and then try trusting it for awhile.

RULE TWO: General duties of a student — pull everything out of your teacher; pull everything out of your fellow students.

RULE THREE: General duties of a teacher — pull everything out of your students.

RULE FOUR: Consider everything an experiment.

RULE FIVE: Be self-disciplined — this means finding someone wise or smart and choosing to follow them. To be disciplined is to follow in a good way. To be self-disciplined is to follow in a better way.

RULE SIX: Nothing is a mistake. There’s no win and no fail, there’s only make.

RULE SEVEN: The only rule is work. If you work it will lead to something. It’s the people who do all of the work all of the time who eventually catch on to things.

RULE EIGHT: Don’t try to create and analyze at the same time. They’re different processes.

RULE NINE: Be happy whenever you can manage it. Enjoy yourself. It’s lighter than you think.

RULE TEN: “We’re breaking all the rules. Even our own rules. And how do we do that? By leaving plenty of room for X quantities.” (John Cage)

HINTS: Always be around. Come or go to everything. Always go to classes. Read anything you can get your hands on. Look at movies carefully, often. Save everything — it might come in handy later.



私なりに訳してみました。(注:文法の正確さより、フィーリングを重視し訳しています)

その1:信頼できる場所を見つけなさい。そして、それをしばらく信頼しつづけてみなさい。

その2:生徒が守るべき基本事項-先生の持っているもの(知識)を全て引き出し、自分のものとしなさい。仲間の学生からも同様のことをしなさい。

その3:先生が守るべき基本事項-生徒の持っているもの(可能性)を全て引き出しなさい。

その4:すべてのことは実験であると考えなさい。

その5:自己鍛錬できる人でありなさい。つまり、博学で賢明な誰かをみつけ、その人のやり方を真似しなさい。鍛錬ができる人というのは、よいやり方に従う人のことです。そして、自己鍛錬ができる人とは、よりよい方法を見つけてそれに従える人のことです。

その6:何事も失敗ではありません。物事に「勝ち」も「失敗」もないのです。それはただの過程です。

その7:とにかく守るべきは、「行動すること」です。行動しさえすれば、どこかにたどりつくことができます。全ての時間を、全てのなすべきことに捧げることができる人だけが、最終的に何かをつかむことができるのです。

その8:何かを生み出すこととそれを分析することを同時にしないこと。それらは全く異なる過程です。

その9:常に何かを乗り越えることを楽しみなさい。自分自身楽しむのです。何事も思っているほど難しくはありありません。

その10:「私達は全てのルールを壊す。それは自分で作ったルールも含む。でもどうやって? 未知なるものの入る余地を残しておくことによってである。」(John Cage)

ヒント:常に動いていなさい。どこへでも行きなさい。授業には参加すること。手に入れられる文献は何でも読むこと。しょっちゅう映画を見なさい、それも注意深く。全てのものを大切にとっておきなさい。あとから役に立つことがあるから。



私の心に一番響いたのは4番目のルールでした。

皆さんはいかがですか?




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nabo.blog57.fc2.com/tb.php/881-0daaeddf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。