2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!


Posted by なぼ

【国連英検特A級チャレンジ】次回に向けて (番外編) 「合格と習字で書いて壁に貼る」みたいなこともする

合格発表の翌日から3回に渡って書いてきました、【国連英検特A級チャレンジ】次回に向けて、シリーズ。
(過去の記事は、こちら。1,2,3

今日はその番外編です。

______


「合格と習字で書いて壁に貼る」。

テレビドラマで見るような、受験生の図。

実際にそうされている人には失礼な言い方になってしまいますが、私自身は、それまでそういうものの効果を、あまり信じていませんでした。

いくら、そういうものを見て、やる気、情熱に燃えたとしても、やり方を知らない(知ろうとしない)のでは、うまくいかない。

そう思っていました。

でも今は、少し考えが変わってきています。

やり方を知っている人にとっても、そういうものを目にして、モチベーションを持続させるのは重要。

(今回の自分がそうです。不合格の日の悔しさを、これから毎日忘れずにいるため)

やり方を知らない人にとっても、やり方というのはやってみないと見えてこないのですから、

とにかく最初に歩み出すための、瞬発力(瞬発的なやる気)が必要なのです。


______

そのような思いから、今回、自分のやる気に瞬間的に火をつけるようなことをたくさん試してみています。


(1)iPhoneの壁紙に、憧れの先生からいただいたサインを撮影して設定。

先生に合格のご報告をするのが夢です。

7417065828_64c91202f9_n.jpg



(2)仕事場の壁に、不合格通知を貼る。


あまり目の前に貼ると、仕事・学習に集中ができないので、ちょっとだけずらして。

(3)残りの日数を意識する


7404758642_7021b68264_n.jpg

これは、iPhoneのアプリ、"Count It !"の画像です。

残りの日付がカウントダウンで示されます。(画像の上段に表示されているのは、左から37才の残り日数、次の一次試験まで、次の二次試験までの日数。6月19日現在)

といっても、毎日そのアプリを立ち上げることはしません。

もっと確実に残り日数を意識するために。

この数字から毎日手計算で、1ずつ引いて。

その日、一番に、学習ノートのトップに「あと○日」と書くようにしました。

その際に、(4)その日にする学習項目リストと合わせて書くと、一日のスタートのやる気が高まります。


(5)合格を手に入れるまで、髪を伸ばす。

こうなってくると、おまじないの域かもしれませんが、毎日髪を見ながら、思い出すことができるように思います。

また、これも思い込みかもしれませんが、髪を結ぶことで、気合が入る気もします。

(もちろん、カラーや、整えに行ったりはします。長さを変えないということ)




泥臭かろうが、カッコ悪かろうが関係ない。

私は、国連英検特A級をとって、必ず世に出る。

37才のうちに。必ず。

その心意気でいます。




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。