2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!


Posted by なぼ

【国連英検特A級チャレンジ】次回に向けて (3) 「不合格でよかった」と言えるための現状把握(記録)

話は少し飛びますが、めったに書かない母の話を。
(今週は珍しく2回目)

母は、夢!目標!!記録!!!と熱く語っている私とは違って、とても穏やかで、おとなしい人です。

試験のこととかを話しても、割とつかみどころなく、聞き流されたりしていた(!)んですが、今回は違いました。

郵便を受け取ったその足で、

「ギリギリ不合格だった・・・」

と報告すると、

「これからまた伸ばせるチャンスができたやんか」


と、思ってもない言葉が返ってきたのです。

そして、「初めてでそんな点数が取れるなんてすごいやんか」とも。

母よ・・・。

私、37才ですが、勉強のことで、そんなまっとうな励ましを受けたのは初めてです。

私が、国連英検受験にかける情熱について、前に話したのを、ちゃんと聞いていてくれたんだね。

ーーーーーーー

そうです。

これからまた、英語力を伸ばせるチャンスができた。

不合格だったからこそ力を伸ばすことができたと、はっきりと自覚するために。

6月19日時点の、国連英検の学習に関する、ありとあらゆる数字を記録しました。

Basic Word List内の知っている語彙数、LingQのKnown Words, アクティビティポイントの最高値。

もちろん、学習そのものに関する数字もですが、

今、ブログを合格までのペースメーカーにしたいと考えているので、ブログ関連の数値(記事更新数や訪問者数、ランキングの順位など)も記録しています。

これらの数値がどこまで伸びるか、自分への挑戦。

そして、合格通知を手にした時、増えた数字をまじまじと眺めながら、「あの時、不合格だったから、これだけ数字を増やすことができたんだ」と感慨にふける。

そこまで計画しています。

「不合格でよかった」なんてセリフは、今の時点では、完全な負け惜しみ。

だけど、数字に残して、あとからこれだけ伸びたと実際に振り返ることができるならば、それは本当の意味での成長につながる。

やります。


今から、その数字を、ひとつひとつ伸ばす。





にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。