【国連英検特A級チャレンジ】次回に向けて (2)学習項目をタスク管理ツールに流し込む

昨日に引き続き、私が国連英検特A級の不合格通知を手にしたその日に行った、振り返りについて。

今日は、「学習項目をタスク管理ツールに流し込む」です。

7404694268_416b5e3770_m.jpg

昨日書いた反省点を含めて、書きだしたのが、2ページ近くにわたる学習項目。

5月の初めに、何をしていいのか分からなかった時と比べて、

項目自体の精度が高くなっています。

(具体的、かつ、これをやれば力が伸びるという信頼感が上がっています。)

あとは、これらを、iPhoneなどのタスク管理ツールに流し込むのみ。




学習項目を流し込む際には、自分自身気をつけている点があります。

私は、多くの学習項目を設定し、それの中から、その日にできるものをピックアップして行っていくタイプです。

現時点で確定している分だけでも、10個ほどに上っています。

その場合、Daily Deedsだと、スクロールの手間がかかるし、パッと見て、全体量、「こんだけやったぞー!」の感覚が薄くなってしまう。

Toodledoだと、タスクのコンテキスト(3分ならこれ、5分ならこれ。もしくは、PC前ならこれ、外出時ならこれ)で、今できるものを選べる点はすごくいいのだけれど・・・パッと見の「これだけやった感」がない。

私は、「これだけやった感」(=自信)を積み重ねるのを、最も重視しています。



・・・やはり、ノルマ表を手作りするかな。

ノルマ表は、あとからでも項目追加可能だし、翌月になって項目を並べ替える際に、コンテキストごとに手で仕分けしてもいいな。

今、書きながら(!)、心が決まりました。

早速、作成に取り掛かろうと思います。




ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング