見えない「やる気」を、「単語」にのせて

先日、rampantという単語を辞書で調べていて、面白い解説に出会う。

よく紋章などでみる、あのライオンのマーク。

あのうちの一つを、a lion rampantというらしい。

6968554385_c9d39b1a56_m.jpg

思わずうれしくなって、(友が絵を始めたという流れにも乗って、慣れない絵を描き)画像をアップしてみると、

terumiさん(先日の名古屋女子会でお会いした英語仲間のお一人)が、関連するWikiページのリンクを早速送ってくださった。

「うわぁ!あのライオン、こんなに種類があるんだ」

歴史とか文化とか、そういうのにほとんど興味のない私ですら、面白くて引き込まれた。

(あとで、他の姿で使われている単語や解説の単語を調べた)

「興味のないジャンルの読み物も読んだ方がいいよ」という国連英検試験官の先生の言葉が、ハッと浮かんで、「先生・・・ほらね」とニヤニヤしたほどだった。

___________


今までにも、たまたま友達と調べていた単語がかぶったり、ブログを通じて「私はこういう場面で出会いましたよ」などと話をすることがあって、

そのたびに、「うわぁすごい!これは絶対忘れまい!!」という気分になることがあった。

(なぜなのかわからないけれど、「そんなマニアックな語が!」と思う単語が、かぶったりするのだ。

ostracize, charlatan, quixotic... 別にみんながみんな同じ資格に向けて、同じ本を使って勉強しているというわけではない)

自分がトスした単語がきっかけで、仲間が「こんな場面で見たよ、こんなのもあるよ」と返球。

お互いの心に焼きつく。お互いが一歩成長(英語力アップ)する。


__________


仲間とは「やる気を送り合いたい」。

それが私の夢を支える、一つの信念なのだけれど。

「やる気」をこんなふうに「単語」にのせて、仲間に贈ることができたら、それも素晴らしいことだなぁ。

今回出会った、たった1個の単語を通して、また自分の中で夢がクッキリとしてきた気がしています。


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング