2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ
  0 comments
  0 trackback

英語で広がる世界は、その世界だけじゃない

英語を学ぶ理由、学びたい理由として、多くの人が上げるのが

「英語を学ぶことで世界中の人とコミュニケーションが取れるから」

ということだと思う。 (もちろん、仕事の選択肢だって広がる。)

私自身も、そういう思いが全くないわけではないし、それを否定する意図で書いているのではない。

でも、今の自分にとって、一番広げたい世界(=コミュニケートしたい人々)は、そこ(彼ら)ではない。

_________


私は英語を学ぶことで、ものすごく多くの人と出会ってきた。

「人」はいつしか「仲間」になり、自分にとっての大切な夢を打ち明けることができ、それを応援してくれるかけがえのない存在になっていった。

英語を勉強していなかったら、

そして、もう一つ大切なツール、ネットを利用していなかったとしたら、

こんなにも多くの「仲間」と呼べる存在に出会うことができただろうか?


_________


大学時代、自分の英語力など全然たいしたことがないんだと打ちのめされ、英語から逃げ出した。

やさぐれて、自暴自棄な二十代前半を送った。

「自分にしかできないことがしたい」と夢を熱く語りながらも、その夢の実現の仕方、いや、見つけ方さえ分からなかった。

その後の努力は、ここで数文でまとめられるような簡単な道のりではないのだけれど、

あきらめずに勉強を続けたことで、英検1級をとることもできた。

「どうせ私の英語力なんて」と卑下する自分からは、さよならすることができた。


__________


私が出会いたいのは、英語を通して自分を高めていきたいと思っている仲間たち。

自分が負けずに英語を続けてこれたのは、ネットを通して知り合った英語仲間たちのおかげだから。

今度は自分が恩返しをしたい。

仲間の励ましに、やる気と元気をもらい、

そして頑張れた自分の成果が、また仲間を応援することになる。

そんな「やる気」のキャッチボールが、自分だけじゃなく、皆で、より成長していくパワーになるって知っているから。

私はそんな仲間とどんどん出会っていきたい。

みんなで楽しくワイワイやりたい。そして、そこで得たやる気で、頑張るときは頑張る。

もしも、夢の叶え方がわからなくて、当時の自分みたいに悩んでいる仲間がいたら、

行って、こうすればいいのだよ、と声をかけたい。

英語という共通項を通して知り合った仲間たちと、やる気を分かち合うコミュニティを作る。

そして、皆で夢を叶えていく。 (夢を叶える”パフォーマンス集団”のイメージ)

これが、今の私の夢。




【追記】 

3月4日(日)に、英語仲間(先輩)であり、もっとも尊敬している女性英語講師の一人、riripyさん主催の”女子会”に参加してきます。

私の世界は、これから、どんなふうに広がっていくのだろう。

すごくワクワクしている自分がいます!










にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nabo.blog57.fc2.com/tb.php/821-57f33fec