【国連英検特A級チャレンジ】過去問を解いてみた

国連英検特A級の過去問(正確には対策問題集)、国連知識・エッセイ・大問7を除く、他すべての問題を解いてみました。

国連英検公式ガイドブック特A級・A級
国連英検公式ガイドブック特A級・A級(財)日本国際連合協会編 服部孝彦監修

メディアイランド 2009-08-20
売り上げランキング : 292850


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


国連英検は問題集が極端に少なく、過去問になると直近のものはありません。
自分の手元にある対策問題集は2冊。
2回分のシミュレーションしかできません。

A級の時には、2回しかできないから・・・と大切にとっておきすぎて、使い方を誤った感があるので、今回は学習開始時に1回、試験対策期間3分の2ほど経過した際に残りの1回を解いてみようと思っています。


________


解いてみた手ごたえ・・・。
やはり単語がネック。

手をつけなかった(つけられなかった)大問7に関しては、問題の単語も選択肢の単語も分からない始末。
(計50個の単語のうち、確実にわかるのは10もなかった・・・)
単語力をしっかり伸ばして、この部分でしっかりと点数を稼ぎたい。

国連知識・エッセイを除く、残りの大問も、動詞の形を正しい形にしたり、そこでの意味を推測して答えるなど、単語力ばかりが問われる訳ではないのだけれど、単語力をつけることで点数が上がる=まだ伸びしろがある部分だと思う。

現段階での点数。

(大問:点数。それぞれ10点満点)
2: 4点
3: 3点
4: 6点
5: 5点
6: 6点
8: 4点

解いたものの合計 28点

国連知識、エッセイの目標点数が、それぞれ6点と12点。 (A級受験時の自分の点数。特Aで自動的にこの点数が取れるわけではないと分かっている)

大問7の目標も6点。

合計、52点。(合格点は、他の方のブログでお見かけするに、60点前後のよう。)

_________


実際の点と目標点を混ぜて計算してしまっているのであれなのだけど、やっぱり単語力を伸ばすことで、「まんざら夢で終わるものではないぞ」と、手ごたえを感じ始めています。


ああ!
今、モーレツに、単語を覚えるテンションが上がっている。

こんな難解な単語がわかるようになったら、どんな世界が見えるのだろう・・・と、震えるほど楽しみ。

今日もまた、しっかりと積み重ねていきます。


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング