2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ
  2 comments
  0 trackback

国連英検A級二次試験を振り返って (2)

国連英検A級二次試験を振り返って (1)に続き、今日は試験官の先生とのやり取りの中から学んだことを書きとめておきたいと思います。

___________


苦し紛れにTPPについて答えた後。

「では、最後に何か質問がある?」と聞かれました。

この質問は前回も聞かれたこと。

その時はとっさのことで、「ええと・・・今日は何人くらい受験されるのですか?」と、試験そのものや学習には全く関係のないことを聞いてしまいました。

今回もこのような質問があると予想していたので、聞きたいと思うことはだいたいまとめてありました。(雰囲気や流れによっては無難な質問にするつもりでした。)

そして尋ねたのは・・・

「前回、VocabularyやFluencyの部分がよくなかったのですが、この部分を伸ばすにはどのような勉強をしたらいいですか?」

という質問でした。

先生も、「ん?」という感じで、ビックリされていました。

それに対する答えは、もしかしたら試験採点基準などに関わるかもしれないので(試験官の先生がそのようなことを漏らすのは禁止されているはずなので心配はないと思いますが)、個人の判断でかいつまんで書きたいと思います。

先生が勧めてくださったのが、

「(ボキャビルのために)自分の興味のないジャンルの記事も読むこと」

「難しすぎず、簡単すぎない記事を読むこと」


以上の2点です。

2点目については、言語学者Paul Nation教授の主張を引用し、「10語中7語分かるくらいの記事を選ぶとよい」とアドバイスしてくださいました。

この部分の会話に関しては、きっと試験採点対象外と思うのですが、今後の学習方針を決める上で、大変役に立つ内容を教えていただき、本当にありがたかったです。


その後は、前回と同じように挨拶・握手をして、教室を後にしました。

そこから完全な放心状態で電車に乗り・・・乗り換えの時間が近づくころになって(たぶん30分くらいたった後)、ようやく正気に戻った感じがしたのを覚えています。

いつもなら、せっかく都会(!)に出てきたし、「楽しいランチやショッピング♪」となるところ、電車に乗っている間、「とにかく早くうちに帰りたい」と思うほど、弱りきっていました・・・。

(結局食べたんですけどね。笑)

___________


以下は、前回と今回の試験結果の比較です。

Comprehension: 7 → 7

Speaking

Pronunciation: 7 → 7

Fluency: 5 → 6

Structure: 7 → 7

Vocabulary: 6 → 6

Communication: 6 → 7

Knowledge (International Affairs) 7 → 7


今回合格点に達したとはいえ、FluencyとVocabularyは7点以下です。

興味のない(準備がしっかりできていなかった)TPPについてスムーズに答えられなかった部分も、試験結果に反映されていると思います。

今後、

・興味のないジャンルの記事も読んでいくこと

・どのような話題を振られても、スムーズに言葉が出てくるような、最低限の知識を各分野で身につけておくこと。

・さらに話す技術そのものの向上にも力を入れること。

以上3点に重きを置きながら、学習を続けていきたいと思います。









にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!

Comment

shun says... "国連英検お疲れさまでした"
はじめまして
国連英検合格おめでとうございます!

同じ会場で試験を受けていた者です(四名のうち一番最初の面接順だった者です)。
今回私も合格することができたのですが、なぼさんのこのブログのおかげと感謝しております。

初めての国連英検で何の予備知識もなかったところ、ネット検索でこのブログを見つけ、何度も読んで準備に役立てさせて頂きました。特に面接についての詳細情報は、とてもためになりました。本当にありがとうございました。
そして、なぼさんの結果についても気になっていたので、合格されたと知り、とても嬉しく思いました。

ところで、今回のなぼさんの面接についての感想にあったTPPの話題、ひょっとすると私のせいかもしれません。
私は面接のテーマをTPPと捕鯨問題でいくと決め、最初にこちらからそれぞれの話を持ち出したところ、以外にも面接官は「TPPって何だっけ?」という感じで、終始こちらからTPPについてレクチャーする形の面接になりました。
そんなわけで、なぼさんの面接内容を読みながら、「もし自分との面接内容の影響だとしたら、面接官はその場で質問内容を決めたりもするんだなあ」等々、とても興味深く感じておりました。

とりとめなくだらだらとした長文でごめんなさい、そして本当にありがとうございました!



2012.01.21 00:02 | URL | #- [edit]
なぼ says... "shunさんへ"
shunさん、初めまして!
コメントをありがとうございます。
そして、国連英検A級合格、おめでとうございます。

コメントを拝見して、本当にビックリしました!
受験される方が本当に少なかったので、皆さんのこと、私も覚えています。皆さん、スッキリしたお顔で控室に戻っていらっしゃったので、私もそれに続きたい!!と心の中で強く念じていました。
今思うと、ソワソワ、落ち着かない様子を見せていたかもしれません。(笑)

同じ試験を戦った”同志”のようなshunさんに、このようにお声をかけていただけることは、なんだか運命的ですごくうれしいですし、このブログが役に立ったとおっしゃっていただけて、それ以上に光栄なことはありません。
本当にありがとうございます。

もしも次に国連英検特A級を受験されることがありましたら、同志、戦友のような形で会場でお会いできるかもしれませんね。
そのような日が来たらうれしいです。
(この1週間で、今後の学習方針、受験について、考えが固まってきたところです)

今後、さらなる英語力向上を目指して、お互いに学習を続けていきましょう!

またよろしかったら、ブログに遊びに来てくださいね。

コメント、本当にありがとうございました。


追伸:TPPのこと、shunさんがきっかけだったのですね!(笑)
これがきっかけで、TPPなど興味のない分野にも勉強の範囲を広げていこうと決意することができました。
これも試験を受験してよかったことの一つです。本当にありがとうございました!
2012.01.21 10:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nabo.blog57.fc2.com/tb.php/806-29ce6401