2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ
  0 comments
  0 trackback

【「記録」で夢を実現する】 「記録をとって気づいたこと」 (番外編) 本物の夢が見つかった

今日は、「記録をとって気づいたこと」の最終回。

私は、記録を通して、本物の夢を見つけることができました

__________


私が本格的に記録(=習慣)を始めた時、夢を念頭に入れずに、やみくもに項目を設定したわけではありません。

かといって、「私の夢はこれ。だから、こういうことを頑張る」と、最初から自信・確信を持ってスタートしたわけでもありませんでした。

夢を考える最初の大きなきっかけとなったのは、2010年に、MY 100 WISH LISTとして、自分の中から湧きあがる願いを100個書き出したこと。

最初は、バラバラに見えていた願いが、時がたつにつれて、「このような自分になりたいから、このような願いを持っているんだ」と、つながりが見え始めた。

手探りながらも、何かが見えつつあった中、去年1年間を「記録の年」として過ごしました。


___________


昨日、2012年の目標数値について書きました。

この数値を考える際、ノートに下書きをしていたのですが、「去年の自分を越えたい」を頭に入れつつ、無理をしすぎることのない現実的な数値という基準で、目標を設定していきました。

そして、英字記事の項目を書き入れたあとで、ふと手が止まりました。

最初、「もっと読まなきゃなぁ」「もっと読めるだろう」くらいの軽い気持ちで、去年の倍の数値、500を書いていたのです。

・・・ちょっと待てよ。

私の中で何かがはじけました。

そして、グッと二重線で訂正。

その目標数値を1000にしたのです。


___________


去年は、国連英検A級受験に力を注いだ一年でした。

受験の目的は別のところで書いていますが、なぜ国連英検なのかは、「国際情勢に興味があるから」というところから始まっています。

「国際情勢について知りたい。」 私にとっての、英字記事を読む目的はそれです。

国際情勢は大学で勉強していたけれど、中途半端に終わってしまった。

大学を卒業したころは、英字記事なんて、1行も読めなかった。

その悔しさからのスタートです。

初めて英字記事をプリントアウトして、一字一句単語の意味を調べ、一文ずつ訳をつけた時のことを覚えています。(2003年)

予備校講師時代の文法猛特訓で、長い文章を読むことが苦にならなくなったのが2005年前後。

英検1級の語彙を覚え、受験・合格したことで、TIMEを読めるという感覚が出てきたのが2006年頃。

それ以降、自分の興味を満たす・情報を得るために英字記事を読むようになり、それにもっとも力を入れたのが2011年。

「記事が読めなかった」自分から、「読める」自分になった。

読めるようになったことで、こんなにも視野・世界が広がった。

記事を読むのって楽しい。このワクワクを、皆さんにも知って欲しい。


私が英語の中でも一番教えたいことが、「英字新聞の記事を読むことの楽しさ」だと、気づくことができたのです。

___________


「英字新聞の記事を読むことの楽しさ」を伝えていきたい人が、軽い目標を立ててどうする?

去年も、「あとで読む」系サービスに登録して、読み切れなかった記事がたくさん。

それで英字新聞を語ろうなんて、10年早い。

自分に活を入れ、目標を設定し直しました。

楽しさを伝えるステージは、もうすでにあるのです。(英字記事課題を出題中のブログ・GRAMMARous. 思い返せば、GRAMMARousも「英字記事を読める楽しさを伝えたい」というところから始めたものでしたが、今回の決意で、さらに思いが強くなりました。)

そして、4月からは、オンライン・オフライン両方で、講座をスタートさせる予定で動いています。

私の究極の夢は、「英字記事を読む楽しさを、皆さんに知ってもらうこと」

その思いを忘れずに、日々学習をし、生きていきたいと思います。






にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nabo.blog57.fc2.com/tb.php/797-e531e753