昨日の記事について

昨日、「在宅看護をしたい場合、かかりつけ医を持っておくことが大事」という記事を書きました。

2年前、ガンを告知された父が、かかりつけ医がいたことによって最期を自宅で迎えることができた。

そのような内容でしたが、自分が書いたことにより、他の方を傷つける可能性があることが分かりました。

決意、覚悟をもって書いた記事でしたが、他の方を傷つけてしまうことだけは本意ではありません。

そして、自分自身も、他の方の気持ちを受け止められるほど、自分の心が癒されていないことに気づきました。

ご助言を頂いた方に感謝しますとともに、該当記事は非公開とさせていただきました。




コメントの投稿

非公開コメント

No title

どういうやりとりがあったのかは分からないけど、在宅看取りの良し悪しじゃなくて、なぼっちが経験したことを書いた、それだけで良いんじゃないかと思うんだけど。受け取り方は人それぞれだけど、傷つく人がいるかもしれない、と思うと何も語ることがなくなっちゃうし。あまり気にせずに。

Yukoさんへ

コメント、ありがとうね。

いつもなら、人に言われて意見を下ろすようなことはしないのだけれどね。
他の人が、その人自身の問題に対して感じている気持ち(不満や願望)を、自分が代表して受け止めて、建設的な会話をできるほど、自分の心がまだ完璧に癒されてはいないと思ったの。
その上での決断でした。

あと、その人は非公開コメントであれ、なんらかの気持ちを表現することができたけれど、その裏には、そうできずに傷ついた人が多くいるんだろうなと思って。
そのような迷い、不安があるうちは、記事にすべき内容ではないな・・・と思った。

でも、このやり取りが、より一層、「自分の気持ちを曲げないで、正直に書く」ことについて、深く考えるきっかけになったよ。

ぶつかることを怖がらずに、自分の思ったことを書いていきたいと思う。

非公開コメントさんへ

貴重なご意見を、ありがとうございました。
なぜ私のところにコメントをくださったのか、理由がよくわかりました。

一つの事柄に対して、いろいろな意見があること。
今回の件でよくわかりました。
お聞かせいただいた在宅看護の話、そのものからは、はずれますが、「自分のものの見方、他の方のものの見方。意見の違いを、話しあうことで理解していきたい」、そのように感じた次第です。

きっかけをくださってありがとうございます。
そのような意図から、これ以降、公開コメントのみ受け付ける設定とさせていただきましたので、何卒、ご了承ください。

重ねまして、ブログを読んでくださり、ありがとうございました。
ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング