教えられることよりも、「仮説→実行」を楽しむ

今日ツイッターに向かっていて、気づいたこと。

決して、教えられるのが嫌というわけではないのだけれど、自分で気づきたい派、私は。



昨日の「作戦のための作戦期間」の話と重なるところもある。

たとえば、ある成功者が立てた、完璧な計画を手に入れられる機会があったとしても。

私は自分が立てた計画を大事にして、それを自分で試行錯誤ながら納得のいく形に作り上げていきたい。



今日、あと3週間後に迫った国連英検のことを考えながら思ったこと。

英字記事を読むペースを上げていかなきゃなぁ。

「一日3本読む」を目標にしようか。

(難易度的には同等と思われる)英検1級の単語集をふと眺めながら、気づく。

ん?ちょっと待て。

この単語集の単語・・・。

・・・。

何でもいいから記事を読めばいいわけじゃないんだ。

前回受けた時に出ていた文章は、確かに今読んでいるような英字記事に、長さ・難易度はぴったり。

でも、実際でていたジャンルは何だったっけ?

国際政治、国際経済、ある国の内政、国対国の関係、国対多国籍企業、機関との関係。

・・・あ! 国際関係!!




ものすごい当たり前のことかもしれませんが、国連英検なんです。国際問題が出なくてどうする。

なのに私は、難易度で言えば英検1級と同じ。英字新聞なら何でもいい、単語集も1級の本で代用しよう。
そんな甘い戦略しかしか立てられていなかった。



もしかしたら、この仮説も、間違っているかもしれません。

経験者の方や、それ専門の学校に行き、教えてもらうのが、一般的な合格への近道なのでしょう。

その道を行かれる人を、否定したりなどしません。

人には目的があって、目的のためにその手段を選んでいるのだから。

その手段を選ぶに至った考えを、自分の考え同様に、尊いものだと思える。



ですが、今回の私の目的は違います。

「仮説を立て、実行する」


資格受験という場ではあるけれど、私にとっては「仮説→実行」の訓練の機会でもある。

いわゆる学習計画だってそう。そしてどんな計画でも、そう。

果ては、人生だって、自分で気づいた課題を解決していくための「仮説→実行」の舞台。



そんなことをふと思った、国連英検3週間前、です。

早く寝て、明日からの作戦実行に備えよう。







テーマ:いま思うこと - ジャンル:日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あと3週間で、国連英検なんですね。
作戦実行・・・どきどきですね(*^_^*)

成功を祈ります!!

eriさんへ

ありがとうございます!

実は3週間後に控えた一次試験は、一次免除の期間なので、受けなくてもよいものなのですが、英語力アップのきっかけにしたくて受験することに決めました。

合否には関わらないとはいえ、「前回よりいい点数をとる!」を目標にしているので、それにむけて全力で準備したいと思っています。
ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング