2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ
  2 comments
  0 trackback

禁断の聖地に足を踏み入れる ~減酒大作戦~ 

ここのところブログを書くのが楽しくて!

そして、こっそりカレンダー手法を使い、8日間連続更新ができていました。

ですが、昨晩は、「ああ・・・ブログ」と後ろ髪を引かれながら、えいっとPCの電源を落としました。

それはなぜか。

なんと、

「ビールを飲まずに寝るため」

だったのです。(記事を読みに来てくださった方、申し訳ありません)



三度の飯よりビール好き(いや、おおげさじゃなく、飲むとご飯がどうでもよくなるタイプ)な私にとって、ビールを減らすのは、何より難しい・・・。

もしかしたら、英語学習を続けるより難しいこと(!)かもしれません。

それこそ、「飲まないほうが体にいい」とかいう漠然としたメリットじゃ、モチベーションは続かない。



あ、でも、これこそ、自分の中で、一番改善しがいのある部分じゃないの?

そんなふうに思いたち、今月を減酒月間にすることにした次第です。

私にとっては、「禁断の聖地」に、とうとう足を踏み入れます。



こんな時に、とっているデータが役に立ちます。

Daily Tracker Daily Tracker - Lumen Spark LLC によると、

・今年に入って毎月の平均は、ほぼ50本台後半(35缶)

・試験前の5~7月は40本台

・毎月7日間前後は、全く飲まない日(休肝日)がある


晒すにも勇気のいる数字でしたが・・・。

現実を見ないことには、どこをどう変えればいいかわからないし、「これだけ減ったよ!」と皆さんに報告することもできない。

意を決して、ここに報告させていただきます。



まだ、飲まなかったのが2日続いただけなので、偉そうなことは言えませんが・・・

この2日で試して成功したのが、

・ウォーキング、Wii Fit Plusをし、「運動したのにもったいないよな・・・」という気分になる。
その後、お風呂で女性誌を読み、こんな服が欲しいよな・・・と、やせるモチベーションを高める。
(減酒したい理由の一つが、ダイエットでもあります)

・寝る
やるべきこと、やりたいことを強制終了して・・・でしたが。



なお、減酒であって、断酒ではありません。

飲んだ時の自分が解放される感覚、飲んだときのコミュニケーションの楽しさ。
私に、それは捨てられない。

そこでとったのが、今回の減酒作戦です。

飲む、飲まない、両方のメリットを理解して、バランスをとれるようになる

が目標だな。(偉そうに太字にしちゃったけど、これ、ビールの話ですから・・・)



最終日には必ず報告するとして、適宜、途中経過や、いいアイデアを思いついた際に、ブログに書きに来ることにします。

よろしくおつきあいください。



blogram投票ボタン




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!

Comment

こと says... "No title"
減酒…。
私も減らせばいいんだろうな…
と思いつつ、
暑ければ
ビール!
涼しくなれば、お湯割り!
寒くなれば熱燗!
と飲みたくならない季節がないのが
現状です。

とりあえず今は週末に好きなだけ
飲む!が理想ですが
今月は運動会などイベントも多く
週末だからっておちおち飲んでいられない、
という現状もあります…。

私もなぼさまを見習って
ちびっと減酒月間、始めてみようかしら…。
2011.10.05 14:22 | URL | #- [edit]
なぼ says... "ことさんへ"
ことさん、こんばんは!ご無沙汰しています。

おお・・・ことさんもお酒好きですよね!
記事を読んでくださってありがとうございます。

今回のこの試みは、禁酒ではないんです。
普段から、当たり前のようにゴブゴブ飲んじゃうこと。
それをもう少し抑えられたら・・・と思っています。

>今月は運動会などイベントも多く
>週末だからっておちおち飲んでいられない

おお!それって、まさに好都合ではないですか!?
私の場合、日曜に用事があっても、土曜の夜に飲んじゃうときがあるので・・・私もことさんを見習って、そういう日に控えられるようにしたいと思います。

また、いいアイデアなどありましたら、教えてくださいね!


2011.10.05 21:41 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nabo.blog57.fc2.com/tb.php/754-fe85e9af