2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!


Posted by なぼ
  0 comments
  0 trackback

私は「勉強」がしたい

私は、勉強が得意でした。
学校の勉強は、点とりゲームみたいで楽しかった。
学んでいる内容自体も、丸暗記というわけではなくって、それなりに発見・感動があった気がする。



でも、大学でまで、そのスタイルの勉強を続けてしまったことをものすごく後悔している。

先日、何かの拍子で思い出したのです。
卒論でEUのことについて書いたのだけれど、延々と他の本から引っ張ってきて調べてきたことを書いて、自分の意見は数行しか書かなかったこと。
(よく卒業できたな・・・)

今思えば、「○○の国民というアイデンティティを持ちながら、経済利益のためだけに大きな共同体になりうるのか」、そのような問題意識を持って卒論に取り組み始めたはずなんだけど・・・。
その答え、まったく書いてないじゃない。



最近、英字記事をよく読むようになって、はたと気づいたのです。

「これってどうしてこうなるんだろうな・・・?」

「この国では○○だけれど、他の国ではどうなんだろう」

例えば原発問題について。
反対というのは簡単だけれど、代わりのエネルギーはどうするんだろう。
代替エネルギーについて調べてみたい。


・・・あ、これ、「勉強」だ。

たぶん10年、下手したら20年遅いですが、ようやくこんな当たり前のことに気付いたんです。

問題意識を持つ→それについて調べる→それに対する自分の意見を述べる

この3つが1セットで「勉強」なんだな、って。



ちょっと同意は得にくいかもしれませんが、英語学習についても、いわゆる勉強、大好きでした。
文法問題を解いていくのも快感でしたし、試験という山があると、つい登りたくなります。(今もか)

幸い、私はいわゆる勉強というかたちで英検1級を受験したことで、英字新聞が辞書なしですらすらと読めるようになりました。
(勉強バンザイ)
私にとっては英検を受験したことの最大の意義が、この読解力を得られたことです。

勉強して得られたスキルで、今度こそ・・・10何年越しの、「勉強」を開始するのです。



ここ1週間くらい、そんなことを考えながら、気持ちが高揚した日々を過ごしました。
(病み上がりなのに、気持ちばっかり上がってきて、バランスとるのが大変でしたが)

35歳、「勉強」宣言。

頑張っていきます。



今日の数字 new year's resolutions  ←「今日」関係ないやん・・・

「世界のダイナミズムを理解する」
裏に隠されたつながりを知りたい。自分の視点で。自分が周りの「世界」とどのように関わっているのか知りたい。















にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nabo.blog57.fc2.com/tb.php/704-58b7c6ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。