FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分にとって一番「ラク」を見つける 〜「意志力」と #節酒習慣 〜

前回紹介した本をきっかけに、自分がなぜ節酒したいか、

心の奥底にある気持ちが見えてきました。



私は、完全にお酒をやめたいのではなく、

「一生、友人や家族と楽しく飲み続けたい」、

今のペースで飲んでいたら、

体を壊して、それができなくなる可能性がある・・・



他にもいろいろな理由が思い浮かびましたが、

これが一番大きかったです。


この理由をもとに、

「完全にやめる」ではなく、「減らす」で行くという方針が決まりました。



ですが・・・

実は、「減らす」については、今までに何度も経験していて、

短期的にうまくいくときもあるのですが、

結局いつもの量に戻ってしまっていました。



なので今回は、「毎日の量を減らす」ではなく、

「休肝日を週に2日設ける」という作戦で行く
ことにしました。



=====



実際に、節酒をするにあたり、

そのときオーディオブックで聴いていた、

習慣づけに関する本 "The Willpower Instinct"をヒントに、

「意志力」について考えたことが、すごく大きかったです。



(※ こちらはオーディオブック版ではありません)

   



私は、普段、仕事を頑張った後に、

そのご褒美として、ビールを飲んでいます。

仕事で意志力を使い切ったところに、

さらにビールを我慢するというのはかなり厳しい・・・



だったら、逆に、日中頑張らないでいられる日に、意志力を温存して、

ビールを我慢するための意志力を夕方までとっておくのはどうだろう?


そう考えました。

私にとって、(他の曜日と比べて)頑張らないでいられるのが、

レッスンのない月曜日と土曜日。

結果、この作戦は、見事成功し、

3ヶ月間(予定の入っていた2、3回を除き)、

週2の休肝日を続けることができました。

(※ 現状、やり方を少し変えているので、

それについては、また別の機会に書きたいと思います)



意志力という面で言えば、

「毎日量を減らす」ほうが、「週2の休肝」よりも大変かと思います。

飲み始めてほろ酔いになってしまうと「今日は、まあいいか」となってしまいがち。

毎日、そこで、流されないように葛藤をするよりも、

週2回だけ我慢したほうがラク。

毎日飲むのが当たり前だった頃は、

休肝日という存在自体が信じられなかったのですが、

いざ始めてみたら、こっちのほうがラクだということがよくわかりました。



そして、実際に休肝日を持つようになってみると、

自分が想像していた以上の良い変化が、体にも心にも起こり始めました。



それについては、また記事を改めて、書きたいと思います。

それでは、また。すぐに。



にほんブログ村 英語ブログ 英語資格・英語試験へ
にほんブログ村



ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

カウンター・ランキング




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。