2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

今回の英検1級セミナーが今までのセミナーと全く異なる、4つの点について

ブログでは大変ご無沙汰をしております。

今日は、セミナー実施のご案内です。

3月4日(土)名古屋にて、英検1級受験者向けのセミナーを開催いたします。


英検®1級 長文読解スペシャルセミナー (「こくちーず」ページにジャンプします)

〜満員御礼となりました。誠にありがとうございます〜

=====


今回のセミナーは、今までに開催させていただいた英文読解のセミナーと

以下の点で、内容が大きく異なります。


1. 「文」ではなく「文章」を読むこと

今までのセミナーでは、英字記事に使われている「文」を用いて、

文構造・文法の解説を行っていました。

レベル的には準1級〜1級受験希望の方を想定した内容でしたが、

細切れの文ではなく、まとまった文章を読みたいというお声もいただいておりました。

今回使うのは、英検1級、そして準1級の過去問。

文章の形、そして問題形式となっていることで、より実践に即した対策をしていただけます。

(日本英語検定協会の許可も取っています)



2. 皆さんに実際に訳していただくこと

今回、「セミナー」と銘打っておりますが、形式的には「ワークショップ」

「ゼミナール」形式のほうが適当かと思います。

講義形式で説明を聞くのではなく、皆さんお一人お一人に実際に訳をしていただき、

その方に即した解説をしながら進めていきます。


それにより、どこが理解できていないか、どこを重点的に伸ばすべきか、

ご理解いただくことができます。



3. 参加資格を「準1級所持」と限定していること

参加資格を限定することで、実際の受験に必要なレベルはどのようなものか、

体感していただくことができます。

(準1級の問題を解く時間もありますので、ウォーミングアップしながら

無理なく受講していただくことができます。)



4. 地域限定(名古屋のみ)であること

開催経費の都合上、同形式(人数・時間・参加費)で他の都市で行うことは

現時点で難しいと認識しております。

規模を大きくした、講義形式ならば可能かと思いますが、

お一人お一人の訳をお聞きし、訂正しながら進めていくのは

難しいと思います。


=====


以上が、今回のセミナーが、今まで開催した英文読解セミナーと異なる点です。

英検長文読解指導に関しては、2010年よりマンツーマン形式で準1級、1級と実施しており、

この間のノウハウが十分に蓄積されております。

今回、多くの方にご受講いただけることが、私自身、本当に楽しみです。



・・・ここからが今日のビッグニュースです。

キャンセルが出まして、現在1席のみお申し込みいただける状態になっております。

英検®1級 長文読解スペシャルセミナー (「こくちーず」ページにジャンプします)


ブログとともに、Twitter, Facebookにも掲載するため、

ご覧いただいた際に満席となっておりましたら申し訳ございません。

何卒、よろしくお願いいたします。



お読みいただいた皆様、大変申し訳ございません。

記事の発表後、お申し込みをいただき、再び満員御礼となりました。

また次回セミナーを開催させていただく際には、

こちらのブログ、Twitterにてご案内させていただきます。

何卒、よろしくお願いいたします。




横井菜穂美




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!