2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

私がTOEIC960から満点を獲るまでにやったこと (3)モチベーション維持編

※今回の記事は、(1)語彙編(2)読解編に続く、3回目(最終回)となります。


普段の英語学習に関しては、Daily DeedsというiPhoneアプリを使って、

モチベーション管理をしつつ取り組んでおります。

(詳細は、拙著「自信を積み重ねる習慣の力 〜習慣力で夢を叶える〜」 でご確認いただけると嬉しいです)


ですが、今回TOEICの特化学習するにあたっては、普段のアプリと合わせて、

「問題数を計測する」という方法を追加し、

計画、モチベーション管理をしておりました。


IMG_7760.jpg

日付とパートごとに解いた問題数を記録するための、手作りの表です。

この表を作って一番よかったのは、「どれだけ解けばいいのか、自分の目安が分かった」ということです。

最初にこの表を作った時には、なんとなく、いつも解いている量から考えて、

1000問という数字を目標にしました。(キリが良かったのもあります)

「目標の問題数を解いて、+○点の成果が出た」という毎回の受験データをもとに、

「前は1000解いたから、今回は1200解くぞ。」

「1200の、次は1500」

のように、どんどんと目標の数値を上げてきました。

そして、最終的に2000という数字になり、それを解くことを達成、

満点という結果につながりました。


この2000という数値は、自分にのみ当てはまるデータなので、

全ての人がこの問題数解けば十分という訳ではありません。

また、細かいことを言えば、「1000問につき10点ずつ上がる」というような

問題数に比例したものでもありません。(同じ問題を繰り返し解いているため)



客観的な根拠はない。

そう言ってしまうと元も子もありませんが、

自分に「その数字を目標に、対策期間を走りきる」パワーを与え、

そして、「これだけやったから、大丈夫だ」と自信を与える
には、

十分な根拠を持つ数字でした。

また、パートごとに数値記録しているため、

「ここを集中的にすべきだ」「ちょっと偏っているぞ」等、

学習内容自体の吟味にも役立ちました。

=====


以上が、今回TOEIC満点を達成するにあたり行った、3つのことです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。



そして、今回、記事と合わせまして、ご報告があります。

今後のTOEIC受験についてですが、傾向の把握、指導に活かすために年に2回ほどは受験したいと思いますが、

毎回受験し、毎回満点を目指すということは、しばらくの間はしないでおこうと思っています。

獲り逃げのようになってしまうこと、

また、3月に受験した回で思うような結果が出なかった感があるので、

ここで一旦区切りをつけることに対し、自分の中でスッキリとしない思いもあります。

ですが、「今自分のやりたいこと、やらなくてはいけないこと」を考えると、

毎回受験にこれだけの時間を費やすことが難しい現状があります。

決して、連続満点を目指すこと、取り組んでいらっしゃる方を否定するのではなく、

今の自分にはその余裕がないということを、正直にお伝えしておきたいと思います。



その代わりと言っては何ですが、「今自分のやりたいこと、自分がやるべきこと」

に関しては、もうすでにスタート、一歩ずつ歩みを進めつつあります。

その「やりたいこと」「やるべきこと」が、お読みいただいている方にとっても、

役立つものであるよう、頑張っていきたいと思います。



今までの応援、本当にありがとうございます。

そして、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


横井菜穂美 (なぼ)







にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!