2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

英文読解セミナー(大阪・東京)終了のご報告

9月6日(日)大阪、9月21日(月・祝)東京にて開催をいたしました、英文法•文構造(SV)の理解で 攻める 英文読解 〜これさえ分かれば英字新聞も試験長文も怖くない〜(通称・英文読解セミナー)が好評のうちに、無事終了いたしました。

大阪、東京、それぞれの回にご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございます。

皆さまが、本当に熱心にセミナーを聴いてくださっているご様子、実際に同じ空間、同じ時間をともにしたことで、直に伝わってまいりました。

英語に対する熱意を持った皆様と、素晴らしい時間を過ごせたこと、本当に嬉しく思います。



(ブログでの報告が遅くなり、大変申し訳ございませんでした。

初回・大阪の皆様に温かく迎え入れていただいた喜び・熱気もさめやらぬまま、そのまま東京の準備期間へと突入・・・まさに”駆け抜ける”ように過ぎた時間でした。)

12046711_1016648218379805_5263516576818798549_n.jpg

【画像】こちらは、東京でのセミナーの様子です。


セミナーにご参加いただいた皆様へは、セミナー内、そしてその後の懇親会、御礼のメールという形(※東京の回の方へはもうすぐお手元に届く予定です)で、お伝えしたいことはすべて伝えさせていただきました。

この投稿を見てくださる方に、ほんの少しだけ、自分の思いを付け足させていただこうと思います。

=====

文構造(SV)を考えることや、英文法を理解すること。

大切とは分かっていながらも、難しそう、大変そうとなかなか気軽に手を出せないものだと思います。

分厚い文法書や、聞いただけで頭が痛くなるような文法用語が出てくると、ますます身構えてしまうことと思います。

私は、そう思っている皆さんにこそ、このセミナーを聴いていただきたいと思います。

自分の学習歴・指導歴を通じて、「文法で攻める」ことの大切さを肌で感じている自分だからこそ、それがどれだけ役立つかを、皆さんに知っていただきたいと強く願っています。

「難しそう」と今まで避けてきた方にこそ、「なんだ、面白いんだ!」「もっとやってみよう!」と思っていただける講座にしたいと思っています。

このような形(セミナー)での指導をスタートしたばかりの自分が言うのは、おこがましいのかもしれませんが、今だからこそ、初心を忘れないよう、自分のためにも書かせていただいた次第です。

これからも、多くの皆さんと、セミナーでお会いできることを願っています。

どうぞよろしくお願いいたします。


横井菜穂美(なぼ)



【告知】 2015年10月18日(日)、名古屋で開催いたします!

第200回つなぎすとサロン主催
【英文法•文構造(SV)の理解で 攻める 英文読解 〜これさえ分かれば英字新聞も試験長文も怖くない〜】





にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!