2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

第201回 TOEIC受験報告と今後について

昨日、無事にTOEICを受験してくることができました。


今月に入ってからの状況は、前回の記事に少し書かせていただきましたが、このような中、無事に受験がしてこれただけで、本当に嬉しいこと、感謝すべきことだと思っています。

自分の勉強の時間を持つ気になれた、とれたのは実質10日ほどでしたが、今までにない集中力で公式問題集、問題集に取り組むことができました。



4月の受験の際には、買っただけで手をつけることができなかった公式問題集 Vol.6も2回分(そのうち1回は通しで)解くことができました。

自分で決めた問題数のノルマにも到達、1割増でゴールしています。



試験前日、当日の過ごし方は、特に気をつけました。

「試験中におなかがすかないように」とか「前日飲み過ぎてぼーっとしないように」とか、他の人が聞いたらすごくどうでも良さそうなことだと思うのですが、とにかく「集中力を2時間維持できるように」、それを考えて行動しました。

そのおかげで、普段よりスッキリ、ハッキリと頭が働いているのを自分でも感じることができました。
不思議と、2時間の受験後も、ほとんど疲れを感じなかったです。



目標の990点満点までは、あと30点。

自分の間違い方のクセが、今回の準備期間の中で、それまで以上にはっきりしてきました。

PART5の語法(語彙)問題で、知識がなくて落としているのが毎回2〜3問。

PART7で解答根拠を読み落として間違えてしまっている問題が2〜3問。

リスニングに関しては、一度495点(満点)を獲ったことがあることと、自分の今までの感覚から、試験前に今回同様の対策をすれば、また495点を獲ることも難しくないと考えています。

問題は、リーディングで落とす数問。

PART5に関しては、まだ問題演習が必要だと思いますし、ここを上げるためにPART5だけをやっていてはいけないと考えています。
(具体案があり、それを次回7月の受験までに実践する予定ですが、ここではまだ書かないことにします)

PART7に関しては、すべての原因を「集中力」に帰すのは危険ですが、間違っている問題の傾向を見ると、「見落とし」がかなり多いように思います。

今まで、リーディングを55分前後で解いていましたが、「早く解く」ではなく、「ペースを落としてでも根拠をしっかり確認しながら解く」ことに気をつけていきたいです。



以上が、昨日までの対策、そして試験を受けてきた今、感じていることです。

TOEICに7年ぶりに復帰したのが、2年前の2013年。

その後、1年に一度ペースくらいで・・・とゆったりと考えていましたが、満点を狙うならば、間を空けてはいけないと思います。

(今回、このような感じで見つけた「手応え」「するべきこと」が、その都度クリアされてしまうので)

ずっとお世話になってきている仕事があり、それがTOEICの日に重なるので、自分の受験ばかりに無期限で時間をかけ続けられる訳ではありません。

今回得られたことを、次回7月の受験に活かすため・・・試験後「ホッと一息・・・」ではなく、先週までと同様のペースで、対策を続けていこうと思います。




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!