2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

英字記事より:第一文型、第二文型、第三文型・・・構造はシンプルなのに意味がとりにくい文

ようやく4月も4週目に入り、新しい生活にも少しずつ慣れてきました。

子供たちの新学期と自分自身の新レッスンのペースが見えてきたので、ここにどのように自分自身の英語力アップの時間を入れ込むことができるか、模索しているところです。

今朝は、早朝に余裕があったので、英字記事をいくつか読んでみました。

その中の一つが、こちらの記事。

This Is Why You Feel So Sad on Sunday (and How to Fix It)

ツイッターのフィードで流れてきた時には、

How to cure the "Sunday Blues" (yes, they're a real thing)

このように記事説明がついていました。

”Sunday Blues”とは、日本でも「サザエさん症候群」などという言われる、日曜の夜(夕方)になると月曜が憂鬱で気分が沈んでしまう現象のことです。

この”Sunday Blues”に対して、どのように対策をとればいいか、記事では紹介されています。

記事の中から、気になった部分を少し引用してみたいと思います。

Slot time for homework on Saturday, with a little extra on Sunday morning. (Hash it out with your children beforehand so you can work around soccer games and birthday parties.) This can be a hard sell for teenagers, but if you have little ones, instilling this habit now can really pay off in a multitude of ways.

いかがでしょう。一読して、すぐに意味は理解できたでしょうか?

前後の話の流れが分からないと難しいので、補足しておくと、一番目の対処法 Do Sunday on Saturday(いつも日曜にやっている、しなくちゃいけないことを、土曜日にやっておく)の中からの引用です。

子供に対しても、そのように習慣付けさせることが後々役に立つというような内容です。

この部分を読んだとき、(内容はさておき)すごくシンプルな文だけれども、使われている表現のせいで、意味がとりにくいと感じる方が多いのでは?と、気になりました。

文型で言えば、第1文型、第2文型、第3文型(命令文が含まれていたり、soやifなどの接続詞でつながっていたりしますが)という、とてもシンプルな構造の文ばかりです。

slot: 時間枠に組み入れる

hash out: とことん話し合って解決する

hard sell: 受け入れるのが困難な提案

instill: (主義・思想などを)教え込む

pay off:(努力や投資などが)利益を生む


たったこれだけの文章の中に、これだけの英語っぽい表現(※この定義はおいおいしていきたいと思いますが、個人的に身につけたいと思っている、”使えたらかっこいい”表現のことです)が含まれています。

この部分を読んだとき、是非、英語を勉強する人に読んでもらいたい記事だなと感じました。

文構造というものは文法書で理解はしているが、「あの説明が何の役に立つのか分からない」という方にまさに適した記事です。

長文記事ではありますが、他の部分にも同じ密度でこのような重要表現がたくさん出ていますし、何より日曜の夜をユウウツに感じる人(程度の差はあれ、多くの方がそう感じているのではと思います)にとって、すごく役に立つ内容ですので、是非読んでいただければと思います。



★PR:2015年5月30日(土)、名古屋にて以下のセミナーを開催します。

習慣を続ける力は夢を叶える力  ~今日からすぐに始められる「習慣力」の身につけ方~

どうぞよろしくお願いします。




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!