2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

「どうせ自分なんて」を英語でなんと言う?

とんでもなくネガティブなタイトルに、驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。

よりによって、「どうせ自分なんて」。

同じ英語表現なら、もっと前向きなものを紹介してほしい・・・きっとそうだと思います。

でも、今日はどうしてもこれについて書きたくて。どうかお付き合いください。

=====

私は、普段、英字記事をたくさん読んでいます。

多くの場合は、国際情勢に関する記事(国連英検受験は終わりましたが、以前からの興味もあり、現在も続いています)か、「幸せに関する」記事のどちらかになります。

「幸せに関する」記事というと漠然としていますが、いわゆるSelf Helpというジャンルになるのでしょうか、幸せに生きるための方法が書かれた記事のことを指して言っています。

「仕事の生産性を上げる」「早起きの効能」というのような実用的なものから、瞑想・マインドフルネスなど精神的なものまで、同じ媒体の中でも、取り上げられるジャンルは幅広いです。

=====

昨日、いつものように「幸せに関する」記事を読んでいて、以下の文に出会いました。


1. Waste Time Feeling Sorry for Themselves

Many of life's problems and sorrows are inevitable, but feeling sorry for yourself is a choice. Whether you're struggling to pay your bills or you're dealing with unexplained health problems, indulging in self-pity won't fix your problems. If you're prone to feeling sorry for yourself when the going gets rough, train your brain to exchange self-pity for gratitude. Mentally strong people don't waste their time and energy thinking about the problem, instead they focus on creating a solution.

13 Things Mentally Strong People Don't Do, By Amy Morin, From "Psychology Today" (※記事引用部分の太字は私が付けたものです)


記事では、精神的に強くあるために「すべきでないこと」が13個紹介されているのですが、その1つ目のタイトルを読んだとき、”Feeling Sorry for Themselves”という部分が気になりました。

そして、中身を読んでみて、これはまさに「どうせ自分なんて」と思う気持ちのことだと気づき、ハッとしたのです。

なぜ驚いたのか。それは、自分がまさにずっとその気持ちに悩まされ続けていたからなのです。


常々、自分の感情を英語で表現できるようになりたいと思っていたのですが、気持ちというものはそれこそ日本語でも説明するのが難しいものです。

きっと「どうせ」と辞書で引いても、うまい表現は見つけられなかったと思います。

それがまさか、このような形で出会えるなんて・・・。

そして、後に続くこれらの表現に、自分が通ってきた道を思って、さらに胸が熱くなりました。

”feeling sorry for yourself is a choice.”
自分のことをかわいそうに思う(=どうせ自分なんて)と思うかどうかは、自分次第である。

”indulging in self-pity won't fix your problems.”
自己憐憫に浸っていても(自分のことをどうせと思っていても)、問題は何も解決しない。


=====

「どうせ自分なんて」から卒業できた道のりは、実は私が習慣力を身につけてきた道のりと重なります。

実は、5月30日(土)に名古屋にて「習慣力セミナー」を開催させていただくことが決定しましたので、そのことについては、またセミナーでお話しさせていただきたいと思っております。

(若干、宣伝のようになってしまいすみません)


今度からこのような英字記事の表現に出会った時には、できるだけブログ記事にできればと思っています。

自分が普段読んでいる、幸せに関する英字記事は、読んでいてとても気持ちが穏やかになれる、前向きになれるものが多いので。

今回、しょっぱなのしょっぱなを、ネガティブな表現で始めてしまいましたが、ポジティブな表現、元気になる表現がありましたら、今後こちらでご紹介させていただきたいと思います。

是非、ご期待いただけると嬉しいです。




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!