2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

【聴了】Confessions of a Shopaholic (邦題:お買いもの中毒な私!)

先ほどオーディオブック版"Confessions of a Shopaholic"を聴き終えました。



昨年9月頃から、英語の学習の仕方をそれまでと大きく変えています。

その一環で聴き始めた、こちらのオーディオブック。

やっと聴き終えることができ、大変感慨深いです。



今までにオーディオブックは3冊聴いたことがあります。

Getting Things Done: The Art Of Stress-Free Productivity

Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life's Greatest Lesson

Eat That Frog!: 21 Great Ways to Stop Procrastinating And Get More Done in Less Time


(聴き終えた順。トライしたものはもう少しあるのですが、途中で止まっているものも多いです)

これらを選んだ理由は、ビジネス系で実利がありそうだったこと(GTDとEat That Frog!)、

短くて挑戦しやすそうだったから(Eat That Frog!とTuesdays with Morrie)です。



・・・そうです。

正直に告白をすれば、心の底から読みたくて仕方がないというより、

「勉強方法の一手段として取り入れなければ」という思いが強くて。

実利があることなら読みたくなるだろう・・・

短いものをこなして自信をつければ、もっと聴きたいという気持ちになるだろう・・・

かなり消極的な姿勢でした。



それが今回、自分のオーディオブックに対する考え方が大きく変わりました。

この話は小説です。

読書自体が嫌いというわけではなく、日本語の小説はたくさん読んできましたが、

オーディオブック・洋書に関しては、なぜかハマることができない自分がいました。

先ほどの「実利」云々に関係することだと思います。

「使えそうな表現を拾いたい」とつい欲張ってしまい、話の方に没頭できない。

それが、今回は話自体にとても引き込まれ、

もっと聴きたい、続きが聴きたいと思えるようになってきたのです。



ダメな主人公レベッカの行動に「わかるわかる」と共感したり、

「ああ!もう!!」と苛立ったり。

夢中になることを見つけられず、買い物依存してしまう姿に、

自分のことも少し重ねたりして・・・。

(具体的にはネタバレになるので避けますが)終盤、いい感じになっていくところと、

自分の最近の精神状態がなぜだかちょうどリンクして、とても不思議な感覚になりました。



まだこういう聴き方を始めて1冊目なので、大きなことは言えませんが、

次はもう少し1冊を速く聴けるよう、工夫をしてみたいと思います。

ついメモを取ってしまうこと(それでも回数は減りましたが)、

日常生活のどの時間に聴く時間を取り入れるか

(今は移動中の電車の中、洗濯を干しながら、皿を洗いながら・・・と、

聴くシチュエーションが限られています)、

このあたりが課題だと思っています。



「義務とは感じず、話自体を楽しむ」

この姿勢で、次の本に挑戦してみたいと思います。





(こちらはペーパーバック版です)




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!