2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

近況報告 ~国連英検2次試験まで、あと32日

前回の投稿から、もう2週間近く経っているのですね。

記事を書いた後すぐに風邪をひいてしまい、ぐずぐずとしている間に気づいたらもう11月も半ばです。

昨日のレッスンで生徒さんに、「今風邪をひいておけば、試験の時に引かなくてすむよ」と励ましてもらい、

それも一理ある!と前向きになったところです。



国連英検の2次面接まで、あと32日。

これからの方針を考え、整理する意味も込めて、ここ1ヶ月にしたことを振り返っておきたいと思います。



10月から11月中旬にかけて。

一言で言えば、大量のインプットを心がけていました。

ツイッターのほうでつぶやいている英字記事読み(要約)プラス、

オーディオブック、洋書読みを主にしています。

(※こちらの↓オーディオブック版。リンクはペーパーバック版です)


(こちらは読んでいるほう)



オーディオブックも洋書読みも、国連英検対策としての国際情勢には全く関係がありません。

記事読みのほうも、自分が興味を引かれたことを中心に読んでいます。

この1ヶ月の成果は、英文を読むスピードが格段に上がったこと、

そして、興味にしたがって読む楽しさがわかり、その結果、記事や素材への集中度が高まったことです。

この読みたくて(聴きたくて)仕方ない感覚、どれだけでも読める(聴ける)ような感覚を維持しながら、

徐々に国際情勢の記事(音源)の割合を増やしていく予定です。



インプットの土台は以上のような感じで出来てきています。

アウトプットに関しては、実はまさに今日やり始めたところです。

(9月あたりポツポツと再開してはいましたが、10月になり中断。

今日、1ヶ月以上ぶりにLingQのオンライン英会話レッスンに参加したところです。)

1ヶ月以上あきましたが、感覚としては9月頃よりもスムーズに言葉が出る感じ。

大量のインプットが効き始めたのかなと思います。

以前の試験前など、つい「レッスンに参加した=勉強した」みたいな感覚で

回数を増やすことだけに固執していましたが、

「大量のインプットを、アウトプットに活かす」

それを意識して進めていきたいと思います。




私の国連英検への挑戦は、「”自分で”うまいやり方(対策法)を模索する」、それが大きな目的の一つです。

ですが、その割には、模索の「量」が今まで足りていなかったのでは・・・と振り返って思います。

10やって10うまくいかせようとしている感覚。

例えて言うならば、小さい車輪がコロコロと転がっているイメージ。

そうではなくて、関係なさそうに見えることから何から何までやってみて、その中で大きなうねりを生み出す、

ものすごく大きな車輪が勢いよく転がり始める・・・そんな映像を思い浮かべながらやっています。

「大量の模索の中から、本当にすべきことを見出していく」

この方針でしばらくやってみようと思います。




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!