2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

英語学習に効率を求めすぎない (1)

8月から、ある信頼できる人のアドバイスをきっかけに、学習内容をそれまでと大きく変えています。
今パッと、習慣化中のリストを見ても、

・海外ドラマ視聴
・洋書読み
・オーディオブック
・音読

など、ここ2年ほどの、試験対策に集中してきた期間には見られない項目がいくつも並んでいます。
(時に洋書読みなどは取り組んではいましたが、お世辞にも継続できたといえる状態ではありませんでした)

正直なところ、これらの項目に取り組み始めた時、試験に落ちたあとの「焦り」「不安」はすぐには癒されてはいきませんでした。

これが本当に自分の力を伸ばすのに役に立つんだろうか…そう思ってしまっている自分がいました。


そのような気持ちもあり、なかなか学習が軌道に乗らなかったことは、昨日までの記事で書いた通りです。
習慣づけるということに関しては、アプリの力を借りて徐々に身に付きつつあります。

そして、これらの項目を続けるうちに、気づいたことが一つあります。

例えば、海外ドラマを見る時。
この表現は使えるんじゃないかと、ついメモをとってしまいます。
結構欲張ってメモをとってしまうため、その都度、DVDを止めます。
だから、進むのが本当に遅い。
数年前に一度見たことのあるドラマで、ものすごく面白いということは覚えているのですが、
あの頃、続きが楽しみで、夜更かしして何話も続けて見てしまっていたような状態にならないのです。

勉強のために見てしまっているんだな…そう思います。

メモを取りながら見る。それも一つのやり方です。
ですが、今の自分に必要なのは、もっと純粋に、そして気軽に多くの英語に触れることだと思うのです。

なぜそう思うようになったかは、次回、記事を改めて書きたいと思います。






にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!