2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

壊れた習慣の立て直し方 (2)

昨日の続きです。

英語を全くやっていなかったわけではない。
どうしても合格したい試験が目の前(※次は12月)にある。

なのに、エンジンがかからない。

これはまずいかもしれない…と焦りが出始めました。

特に、今挑戦しているのは、「どのように対策すべきか」のところから考えなくてはいけない試験。
開始時にこれだけやればOKという明確なプランがあるわけではなく、動きながらベストな方法を見つけ出していく、そのようなスタイルをとっています。

それには、最初に手当たり次第なんでも試してみる期間が必要で、この期間にも、勢いをつけて動く…モチベーションというか、推進力を必要とします。

なのにそれがなくなってしまっている。

なんとなく目の前にあることをやってみるのですが、それが本当に役に立つことなのかと考えてしまう。
行動がブツ切れで、積み重なっている感覚がない。
一つの行動を起こす前に、うだうだと時間がかかる。

そんな状態でした。




どうしよう…と考えていた時に思い出したのが、それまで習慣の管理に使っていたiPhoneアプリ、Daily Deedsの存在です。

5月末から7月、そしてやりたい放題だった8月も。
私はTodoリストや習慣管理アプリなどからすっかり離れて過ごしていました。

(それどころではなかった時期もありましたし、それなしの解放感を楽しむ自分もいました。)

そして、今思えば、焦る気持ちは結構深刻で、それゆえアプリ一つでその状況から抜け出せるとは、正直なところ信じられませんでした。




でもそこは、あまり深く考えずに気軽に試してみる性格。

それ以前に習慣として項目立てしてあったものをすべて消去し、できた数字(deedsと呼びます)もクリアして、日付の区切りもいい9月1日から、新たな習慣作りに取り組み始めたのです。






次回は、DailyDeedsを再び使い始めて、自分の中に起きてきた変化について書いてみたいと思います。



Daily Deeds: Track Your Habits - Spoonjuice, LLC




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!