2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

国連英検 aTimeLogger2 とともに闘った14日間  #aTimeLogger #iPhonejp

国連英検の1次試験を控えた、約2週間前。
ふと思い立ち、iPhoneアプリ、aTimeLogger 2 で時間の過ごし方を記録してみることにしました。

以前も記事で取り上げたことがあり、約3週間記録をとっていたことがあったのですが、ある時ふとどうでもよくなり、記録するのをやめてしまいました。

今回の2週間を振り返ってみて、なぜその時、私がどうでもよくなってしまったのか、理由がはっきりしました。

このデータは蓄積するために記録するのではなく、その時その時の自分の問題点を見つけるために取るものである。

それが分かったからなのです。



実は、2週間前に記録を取り始めたのは、かなり「思いつき」な行動でした。

(※ここから先の記述は、下の日付ごとの画像をご覧いただくと分かりやすいかと思います)



実際に始めたのは5月7日。
せっかくなのでと、前日に思い切り衣替えに費やした時間もあとから記録につけ足したので、6日からになっています。

2~3日取っただけで、愕然とするような発見がありました。

それは、「頑張って勉強した時間」と「ダラダラとビールを飲み続けた時間」がグラフ上でほぼ同じだったこと。(5月9日あたりの画像が顕著です。濃い緑のIdleというのがダラダラ時間)

これは過ごし方を見なおさなくちゃいけない。
そう強く思うきっかけになりました。

そして、勉強時間

勉強時間に関しては初めて記録したのですが(※「リスニング時間」だけとかピンポイントの記録は除く)、すごく頑張っているつもりでも意外と短いのだということに驚きました。

普段、「○時間やった」ということより、密度のほうが大事だと思っていたので、学習時間の記録を取ることはしませんでしたが、今回に関しては「時間も伸ばしてみよう」、そのように視点を変えるきっかけとなりました。

そして、記録を取り続けて、試験2日前の金曜。

突然、「もう記録取ってる場合ではないわ」という気持ちの変化が訪れます。
(今回に関しては、それまでに走り切っていたので、そこで失速したとも言えるのですが)

そうして受験日を迎えました。




1次試験が終わりましたが、これから先、記録を続けるかどうかははっきり決めていません。
(とりあえず、当日と昨日に関しては、全くつけていません。)

ただ言えるのは、今回集中的に記録をしたことで、時間の過ごし方を意識するようになり、それが対策が軌道に乗る一つの要因になったこと。
それは間違いないと思います。


貯めていくための記録ではないので、これからもこのように何か大事な時、集中したい時に取れたらいい、自分の中で方針ができました。

そういった意味で、aTimeLogger2とのお付き合いは、これからも長く続いていきそうです。


BGCI
posted with iTunesLinker at 13.02.25




20130521093938.png 

20130521093940.png

20130521093944.png 

20130521093947.png

20130521093950.png

20130521093953.png

20130521093956.png

20130521093959.png

20130521094001.png

20130521094004.png

20130521094007.png

20130521094022.png

20130521094026.png

20130521094030.png



BGCI
posted with iTunesLinker at 13.02.25




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!