2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

私の英語学習ノートの中身を一部お見せします ~モレスキンと学習ノートの使い分け~

先日、国連英検の学習用のノートを1冊使い終えました。

日付を見ると、4月25日からとなっているので、およそ3週間で1冊を使いきったことになります。

どのようなことを書いているか(=どのように勉強しているか)は、また別の機会に詳しく書きたいと思いますが、ちょうど昨日の記事で「モレスキン」について触れ、同じノートであるにもかかわらず、全くその捉え方が違うということに気づいたので、そのことについて書いてみたいと思います。

8745071859_338361942d_n.jpg


学習に使うノートは、10冊数百円で売っている大学ノートです。
表紙はデコってある訳ではなく、元は別のノートだったのでタイトルを書きなおすために別紙を貼ってあります。

私が学習ノートを使う上で最も気をつけているのは、「書くことに対する敷居を下げる」こと。

昨日は、「大切にしたい内容を大切だと分かるように」モレスキンを使うと書きましたが、学習ノートに関しては全くその逆。

安くて気軽に使えるノートを使うことで、「どんな下らないことでも書いていいんだ」と安心することができます。

もしも私がモレスキンを英語学習用に使ってしまったら、途端に学習がはかどらなくなってしまうと思います。


8746194110_86d418e06c.jpg


今、学習に使っているノートは、基本的にこの1冊のみ。

気になった英語表現から、記事を読んで感じた意見のメモから、「あ、今度○○やらなくちゃ」という学習に関するTodoまで、何でもここに書きなぐっています。

「何でも書ける」こと、そして「書きなぐれる」こと。
私が最も優先しているのはこの2つです。

なので消しゴムも使いませんし、行に収まりきらなくたって、変に空白ができてしまっても平気。
敢えて使いかけのノートを再利用するのも、ハードルを下げることに一役買っていると思います。

8745072099_2b6091a87e.jpg


何でも書きなぐっていい、下らないことでも書けばいいと書きましたが、それが「下らない」かどうかは、実は書いている段階の自分には分からないものです。

「これが大事だったんだ」、「この内容がこことつながっていたんだ」、それを発見することが「勉強する」ということなのだと思います。

そして、「どんな(下らなく見える)ことでも書きなぐる」ということは、言い換えれば、「自分が勉強する中で気になったどんな小さな疑問・発見も見逃さずにいる」ということ。

そういった意味では、これも、自分の心に浮かんだことを大切に扱うためのノート術と言えるのかもしれません。



自分が目指している国連英検特A級の2次試験まで、あと58日。

このようなノートが何冊出来上がるか・・・ということも励みに、学習を続けていきたいと思います。







にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!