2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

モレスキンを使った夢の叶え方 #moleskineJP

※今回の記事は「習慣を繰り返すだけの単調な毎日にならないために私がしている3つの工夫」から続いています。


前回の記事では、「スペシャルウィーク」を設け、その期間に普段はなかなか取り掛かれないこと、ずっとやってみたいと思っていたことに取り組んでみることについて書きました。

やり方は至ってシンプル。

(1)その期間にしたいことをリストアップし
8740041886_2467c1bd9e_m.jpg


(2)別のページにできたことを日付ごとに(できれば毎日振り返って)書き出していく
8740042156_c4c045edc8_m.jpg 8738925041_6fd4bfbcb2_m.jpg

これだけです。

画像から単純計算して、やりたいと思って書いていたことの2倍のことをこの期間に実行することができました。

たったこれだけですが、これを書くにあたって「こうしたほうが効く」と思うポイントがいくつかありますので、挙げておきます。

・”やらなくちゃいけないこと”で埋めてしまわない

最初の定義で「普段なかなか取り掛かれないこと」、「ずっとやりたいと思っていたこと」と書きました。
今回その中には、どうしてもしておかなくてはいけないこと(仕事に関わることでかなり重要度の高いこと)も入ってはいました。(それをするには、まとまった時間が必要だったため)

ですが、そのように「やらなくちゃいけないこと」ばかりで埋めてしまっては、せっかくいつもと違う特別な期間を過ごそうとしているのに、義務感だけが先に来てしまいます。
せっかくなので、楽しいこと、ワクワクするようなことも書き出します。そうすることで、この期間を、ちょっとしたイベント、お祭りのような感覚で楽しもうという気持ちになれます。


・普段使っているスケジュール帳とは別のノートに書きだす

いつものスケジュール帳に書いてしまっては、いつもと同じ「Todoをこなす」という感覚になりがち。
ここでお勧めしたいのが、モレスキンです。

上質なものを使うことで、自分のしていることも大切に思える。
そう感じられることが大事です。


・「しようと思っていたこと」と「できたこと」が一致しなくてもいい

Todoリストではないので、10個しようと計画して10個達成しなければいけないわけではありません。
今回もノートを見てみると、できたこととできていないこと・・・6対4、もしくは7対3くらいだと思います。

(それでも、絶対したかった「衣替え(という名の人生効率化)」はできましたし、先ほど書いた仕事がらみの最優先事項はきちんと終えることができています。)

「しようと思っていたことができなかった」と考えるより、「しようと思っていなかったことまで出来ちゃった、すごい」と考える方が、気持ちがいいものです。



以上が、書き方のコツです。



今回のブログ記事のタイトルは「モレスキンを使った夢の叶え方」としました。

今回書いたようなことを「夢」と表現するのは、大げさすぎるように聞こえるかもしれません。

ですが、夢というのは「何か大きな一つのこと」というわけではなく、「自分がしたい」と思っていることの集合体だと思うのです。

どんな小さなことでもしたいと思っていたことを実行できるのは嬉しいし、その経験を積み重ねることで大きな願いも叶うと信じています。

「自分の願いは(例え些細なものに見えても)とても大切」だと自覚する。
そして、「できたことを大切に残してあげる」ためにも、自分が使っていて嬉しいもの、気持ちが上がるものに書き記していくことが大事だと思います。
それがモレスキンを使う理由です。

(もちろんそう感じられるノートならばどんな銘柄でもよいと思います)


長くなりました。
またモレスキンについては折に触れて記事にしてみたいと思います。
今回は、この辺で・・・。












にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!