メディアマーカーのブログパーツで「特定ジャンルの本」「今読んでいる本」だけを表示させる方法 ~”モチベーションアップ”も効率化したい~

先日の記事で書きました、人生4冊目の洋書、無事昨日読み終えることができました。




一冊本を読み終わり、「さあ!次の本を読むぞ!!」と一番気持ちが高まっていた昨日、いつも読書管理で愛用しているメディアマーカーを使って、ブログのサイドバーに以下の2つを表示させるようにしました。

・今読んでいる洋書

・読み終えることができた洋書

(実際にサイドバー中ほどでご確認ください)

実は、「今読んでいる洋書」のほうは、以前からアマゾンの画像を使って表示させていました。リアルタイムで皆さんに見ていただくことで励みにしたい(=「ずっと同じものでは恥ずかしいぞ」)という思いがあったからです。

昨日、4冊目を読み終えたことから、自分が読んだ証を皆さんにも見ていただきたい、それも励みにしていきたいという気持ちが出てきました。

それぞれ、読むたびにアマゾンの画像を貼り替えてもよいのですが(事実、たいした数を読んでいないので手間もさほどではないのですが。汗)、もっとカンタンに表示させる方法はないだろうか?そう考えた時に思いついたのが、メディアマーカーのブログパーツです。


・・・といっても、メディアマーカーには今読んでいる本(和書から雑誌から何から何まで)が全て登録してありますので、その中から自分が表示させたい本だけを自動でピックアップし表示させる必要があります。


いろいろ試した結果、この方法でそれができるということがわかりました。


(1)メディアマーカーにログインした画面の、上部メニューバーにある「設定」>「ブログパーツ」に入ります。


MM1.jpg


(2)ブログパーツの編集画面です。上部のほうにある「表示数」「画像サイズ」にご注目ください。

「今読んでいる洋書」のように、1冊だけ表示させたいなら1、複数表示させたいなら、数を指定できます。
画像サイズは今私のブログにあるのは「中」サイズです。

MM2.jpg


(3)ページの下部の方に、「表示設定」というところがあります。

ここで私が使ったのは、「タグ」です。ここで「洋書」を選びます。
(あらかじめ本を登録する際、「洋書」というタグをつけておく必要があります)

また「読書」というところで、「読中」・「読了」などが選べますので、「今読んでいる洋書」のほうは「読中」、「読み終えることができた洋書」のほうは「読了」と設定します。

並び順というところで「登録日」順や「更新日」順なども変更できますので、うまく表示させたい本が表示されない場合は、ここを触って試してみてください。

MM3.jpg


以上が設定の方法です。
一度設定をしておけば、あとは自動でブログサイドバーのブログパーツの方も更新されていきます。

これならばブログ側で読むたび、読み終えるたびに編集する必要もなく、二度手間になることがありません。



私がブログのサイドバーにこれらの本を表示させるのは、モチベーションアップのためです。
もちろん、モチベーションアップというのは誰かに頼まれてすることではなく、自分のためにすることですから、手間がある程度かかるのは仕方のないことなのかもしれません。

ですが、せっかくPCのサイトやiPhoneなどで全てのことが便利にできるようになっているのですから、「モチベーションを上げる」という部分にも効率化を求めていいと思うのです。

「モチベーションを上げる」の部分に使う労力を本当にしなくてはいけないことに回すことができたら、それが一番だと思います。






メディアマーカー  nabo64のバインダー

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング