2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

ある記録アプリのデータがふっとんで絶望  ・・・するかと思ったら、意外とそうではなかったお話

私は日々の英語学習・運動・読書など、「ノルマではないけれど習慣化したいこと」を行ったかどうかチェックするのに、Daily Deedsというアプリを使っています。


今までも、「過去の自分を越える」(=前月の数値を越える)のを目標にしていることと合わせて、ブログに何度か書かせていただいてきました。

【各種記録報告】 立て続けに”ボーナスステージ”突入 #iPhonejp

【ライフログ】 アプリ "Daily Deeds"で、先月の自分を越えた #iPhonejp

Kindleで「洋書を読める人」になれました! #Kindlejp #Kindle



それが一昨日、自分の不注意で、Daily Deedsに今年1月1日からつけていた記録をオールクリア、全部消してしまいました。

8680416078_de9cac4fb1_n.jpg

最初、この画面を見た時、意味がわからず慌てました。
「えー!」「なんで!?」と声に出ていたと思います。

しばらく放心状態で、ツイッターでつぶやいたりしていましたが、驚くほどあっという間に「ま、いいか」と気分が切り替わりました。
自分でも本当に意外でした。


「記録大好き!記録命!!」な自分。
それなのに、その記録が消えてしまっている。
なのに、なぜそんなにすぐ冷静になれたのか、分析してみました。

例えば、写真や卒業証書、大切な人からのプレゼントなど。
思い出の品を失くしてしまったら、ものすごくショックだと思います。

でも・・・

写真がなくなっても、その思い出は消えていない。
卒業証書がなくなっても、その学校で学んだことは消えていない。
プレゼントがなくなっても、相手の人が私を大切に思ってくれた事実は消えていない。


もちろん失くすより失くさないに越したことはないのですが、どうしてもの事情で、手もとから消えてしまうことだってあると思います。

そんな時、こんなふうに思えたら、少しは気持ちが癒されるのではないかなと思います。


そして、Daily Deedsの記録を失くした自分にも、全く同じ言葉をかけてあげました。

「Daily Deedsでの記録がなくなったとしても、頑張った事実は消えていない」

のです。


そう考えたら、ショックはどこかに消えていっちゃいました。



補足ですが、こんなふうにDaily Deedsの記録が消えてしまうことがないように、皆さまにご報告を。

画面右下にあるこのボタンを押すと、3つのメニューが現れます。

8680367882_d716559f35_n.jpg

Deeds(行ったこと)をゼロにするボタンがあるので、それだけは絶対に触らないように!

そしてメニューの中には、実はバックアップボタンもあるのです。

(以前はしていたんですが、今年に入ってからは「いつかしようと後回しにしていました。その結果がこうです。汗)

Dropboxというクラウドのデータ保存サービス(利用は一定量まで無料)がありますので、そちらに登録し連携させる形になります。

Daily Deedsを活用される方は、合わせて登録しておくと安心です。
(Dropboxにつきましては、こちらの紹介リンクから登録していただくと、利用できる容量が増えます)


なんだかんだ言っても、消えてしまうのはとっても悲しいので(苦笑)。
ぜひ皆様は、バックアップをお取りくださいね。


Daily Deeds: Track Your Habits - Spoonjuice, LLC





にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!