2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

私がEx (活動量)を測る理由

1年半ほど前から、Ex (活動量)という数値を毎日計測しています。



※歩数とともにExも測れる活動量計。私はこれの白を使っています。

8644815164_417a5580d1_n.jpg
数値をiPhoneアプリ Lumen Trails(旧Daily Tracker)に入力しグラフ化。
週に一度、週次レビューでも報告しています。


なぜExを測るようになったのか。

実のところ、最初はなんにも考えていませんでした(!)。

数字が増えるのを見るのがとにかく好きな私。
新しく買った歩数計に、たまたま活動量を測る機能が付いていたので、本当に何気なく「ついでに」記録していくことにしました。

ですが、1年半ほどたった今、私の中でこの数値が大きな意味を持ち始めています。




活動量の増減を見ていると、いろいろなことを感じます。
1ヶ月の中でもグラフは大きく上下します。
そして1年を通してみると、すごく頑張っている月(Exのアベレージが高い月)とそうでもない月があるのに気付きます。
特に1年を通したデータというのはとても参考になり、「この月は大変だけど頑張ろう」と前もって心構えをしておくことができます。


もともと「記録好き」なのと合わせて、「前の数値を越えることに執念を燃やす」タイプ。
自分では自分のことをあまり体力がない方だと思っていたのですが、こうして記録する中で「やればもっと動けるんじゃないか」、そのような前向きな気持ちが生まれてきています。


そして何より私にとって大きかったこと。

それは、数字の増減を意識しているうちに、

「夢を叶えようと思ったら、もっと体力をつけなくちゃいけない」
「Exを増やすこと=夢の実現に近づくこと」

というのに気づけたことなのです。


毎日の行動が直接夢につながることばかりではありません。
嫌でもしなくちゃいけないことはたくさんあります。
それで走り回って、疲れきって、何やっているんだろう・・・と落ち込むことも。

でも、この活動量を見ることで、「大丈夫、私はこんなに体力が付いてきているんだ」と思える。
夢の実現に近づいているよと、自分を励ますことができる。

そう考えたら、なんだかこの数値がいとおしく、活動量計が自分を癒すお守りに思えてきました。


1年後の私はどうなっているだろうか。
平均数値はやっぱり去年よりぐんと伸ばしたい。

お守りぎゅっと握りしめ、今日も一日頑張っていきたいと思います。







にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!