2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ

1カ月ぶりにオンライン英会話に参加してみたら散々な出来だった  ~今後の参加方針を決めました~

今、オンライン英会話に参加した直後にこれを書き始めています。

ああ…。あまりに会話力が落ちていて、ショックに打ちひしがれています。

昨日の時点で、ボストン爆破事件について話そうとだけ伝えてあったのですが、準備をしている時から「話そうとは言ったもの、こういう無差別テロについて30分も語れることがあるだろうか…」と不安でした。
そして、あえなく玉砕。

日本での報道のされ方や、日本でこのようなことが起きた場合の対応について話したいと思っていましたが、準備不足で膨らまず。

「たくさんのニュースソースを見て(読んで)、中立な意見を持つことが大事だね」でお茶を濁してしまいました。
政治や国際情勢にも詳しい先生なので、先生が普段からチェックしているニュースサイト(インディペンデント系の)をいくつか紹介してもらったり、分からなかった表現("false flag" attack)について説明をしてもらいました。

30分がやたらと長く感じました・・・。


________



手帳の記録を振り返ると、前回出席したのはなんと3月13日、1ヶ月以上も前です。
サバイバル Weeksが始まって、この期間の参加はきつそうかな…と思っていたのですが、見事にその通りの結果となってしまいました。

前回の国連2次前の経験から考えると、直前に集中的に参加をすれば、ある程度のところまでこのひどい状態を復活させることはできると思います。
だけど、それではダメ。
前と同じことをして、前と同じレベルに戻したとしても、合格点には全然足りません。

つい申し込むこと、参加することだけで満足してしまいますが、それでは同じことの繰り返し。
1回1回のレッスンをもっと大切にし、最大限の効果を得られるようにしなくては。

そこで、今回、このような計画を立ててみました。

1レッスンの参加につき、以下のようなメニューをこなしていきたいと考えています。


・参加前に話すトピックを決めておく

・事前に資料読みの時間を持つ(多ければ多いほどよいが、読むだけで満足しない)

・レッスン内で何を言いたいかまとめておく

・必要語彙のリストアップ

・参加

・復習 (うまく言えなかった意見をもう一度作文する)

・レッスンを録音したものを聞く機会を持つ





今日から5月19日までの1次試験対策と並行する期間は、「この1セットを行うのにどれくらいの時間がかかるか測りつつペースづくり」、5月20日以降は「1セットをいかに速く回せるか挑戦し、セット回数を増やす」という流れで行きたいと思います。

そして1か月前(6月14日)頃から、徐々にフリーディスカッションや、前に話したトピックを復習するようなディスカッションも入れ、対策を完成させていきたいと思います。




方針ができたら、なんだかホッとしました。


毎回レッスンの直後には、今日の記事の冒頭に書いたようなレッスンの参加報告となるような記事をブログにアップしていきたいと思います。

皆さんに読んでいただくことが、学習の大きな励みとなります。

どうぞよろしくお願いいたしします。




現在参加しているオンライン英会話  LingQ

I Am Learning English online with LingQ.

1on1では、主にAndy先生(アカウント名:unravelingmind)にお世話になっています




にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村ランキング いつも応援のクリックをありがとうございます!