2015年に叶えられたこと一覧

2015年も残すところ、あと2日となりました。

今日は、今年できたことを振り返ってみることにします。

【1〜2月】  
・書籍「Evernote仕事術」に掲載していただく

・”ある”企画の本格スタート
(※2016年早々に、発表できると思います! どうぞご期待ください)

【3〜4月】
・企業講座(2つ)スタート

【5月】
・習慣力セミナー@名古屋 開催

【9月】
・英文読解セミナー@大阪 開催

・英文読解セミナー@東京 開催

【10月】
・英文読解セミナー@名古屋 開催

・TOEIC 985 (自己ベスト)達成

【12月】
・愛知語学ボランティアセミナー様10周年記念式典にて、初の講演


今、書きながら、本当に充実した一年間だったのだな・・・と感慨深い思いでいます。

この他にも、たくさんの願い、したいことを叶えられた一年でした。


昔の自分・・・ほんの数年前の自分が見たら、こんなふうに夢をたくさん叶えられる人になっているなんて、信じられないと思います。

これもひとえに、支えてくれる、応援してくれる周りの友人、先輩、ブログを通じて知り合った皆様のおかげだと思っております。

つねにイケイケ、アグレッシブなタイプではなく、弱音を吐いたり、沈んだり・・・アップダウンも大きいです。

それでも、支えてくれる人がいるからこそ、このように夢を叶えさせていただけているのだと思います。

この場をお借りして・・・本当にありがとうございます。

来年は、自分がいただいてばかりになるのではなく、感謝の気持ちをお返ししていけるような一年にしたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。


2015年12月30日

横井菜穂美(なぼ)


追記★画像で振り返る「叶えられたこと」一覧です★順不同

IMG_6430.jpg

12046711_1016648218379805_5263516576818798549_n.jpg

02-CIMG2735.jpg



IMG_6578.png





12月12日(土) 講演会@愛知語学ボランティアセミナー様 ご報告

先日、ブログにも書いておりました、講演会。

「資格が武器にならない英語の世界で、資格を武器にする方法」

12月12日土曜日、無事に終了いたしました。

今回は、「愛知語学ボランティアセミナー」様の10周年の記念講演ということでお招きいただきました。

「愛知語学ボランティアセミナー」様は、2005年愛知万博期間中にボランティア通訳として活動したのをきっかけに設立された英語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語の多言語の語学ボランティア集団で、所属の皆様は、普段から通訳や翻訳等の活動をされています。

語学力も経験も、自分よりも深く、多く積み重ねていらっしゃる皆様です。

まだまだ未熟な自分の経験を、皆様に役立てていただけるのだろうか?
正直なところ、最初は不安もありました。

ですが、役員の皆様とお会いし、普段されている活動についてお話を伺って、その不安はすっかり消えました。

自分が、資格受験を通して英語力をアップしてきたこと(その中身や方法)は、皆様の今後の活動についても活かしていただける。

そう確信をしました。

=====

講演では、資格そのものについてだけではなく、どうして自分がその資格を受験しようと思ったのか、自分に起きたプライベートな出来事や想いもお話しさせていただきました。

自分の今までのドタバタを、皆様が笑顔で聞いてくださったり、共感してうなずいてくださる様子を拝見しながら、気づいたら、一気に自分の英語人生(大人になってからのやり直し英語歴、18年)を語り尽くしておりました。

=====

皆様に温かく迎えていただき、その後の質疑応答時間にも、たくさんのご質問を頂戴しました。
(時間の関係で、すべてに答えることができず、申し訳ございませんでした)

英語に真摯に向き合う多くの皆様に出会えたことが、自分にとって何よりの喜びでした。

貴重なお時間を頂戴して、このような経験をさせていただきましたことを、改めて御礼申し上げるとともに・・・。

今後とも、自らの英語力を磨き、多くの英語学習者の皆様に出会っていきたい、その想いを新たにしました。

「愛知語学ボランティアセミナー」様、そしてご参加いただいた皆様、この度は、本当にありがとうございました。

02-CIMG2735.jpg


「愛知語学ボランティアセミナー」ってどんなところ?

ご興味のある方は、こちらのホームページをご覧ください。

http://aichigogakuvolunteers.web.fc2.com



講演会につきまして、応援のお言葉を頂戴しました皆様にも、この場を借りて御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。


横井菜穂美

初めての講演会、いよいよ今週末です!

12月12日(土)、愛知県のある語学団体様のお招きにより、講演会(クローズド)をさせていただきます。

初めてとなる、講演会。

春にお話をいただいて以降、ずっと楽しみにしてまいりました。

講演会でお話させていただくタイトルは、

「資格が武器にならない英語の世界で、資格を武器にする方法」

と言います。

私自身、英語に関しては、3つの資格、国連英検特A級、英検1級、TOEIC985(自己ベスト)を持っています。

ですが、これらの資格に挑戦し合格をすれば、英語での道が開けると最初から分かっていた訳ではありませんでした。

事実、自分が英検2級だった頃に、

「今より上の級を取ったからといって仕事が約束されている訳ではない」

と言って、ちゃんと勉強に取り組めなかった時期があります。

(本心を言えば、英語を話すことに苦手意識があって、上の級を受けてもどうせ合格できないと思っていたという面もあります)

あの頃の自分がそうであったように…。

「実力があれば、資格なんていらない」

「資格を受けるより、英語を楽しく使いたい」

さまざまな理由から、資格受験自体を敬遠されている方がいらっしゃると思うのです。

そんな方に、自分が資格を受験してよかったと思うこと(=資格の勉強をすることで伸ばせた英語力、どのように対策を行ったか等)について、お話をさせていただきたいと思っています。

私の英語との関わりは、一言で言えば、本当に「ドタバタ」の歴史。

私の身に起こった、数々の試練(と当時は思っていた)も、今なら面白おかしく笑って話せる気がします。

講演会に参加していただく皆様には、ぜひ楽しんで聞いていただけると嬉しいです!


=====


今回は、クローズドの式典でのお話のため、一般の方には参加していただくことができませんが、今回お話した内容、そして、講演会という貴重な体験をさせていただいた思いについてなどを、また別の機会で、お話させていただければ嬉しいです。

まずは、土曜に向けて、全力投球。

準備のスパート、楽しみます!

第205回 TOEIC受験結果報告

11月15日に受験した、第205回TOEICの結果をネットで確認しました。

IMG_6832.png

L:495 R:470 965

前回の985から、20点のスコアダウンです。

=====

実は、今回の結果が出るまで、「もしかしたら満点をとれるのではないか」とうっすら期待している自分がいました。

2013年に受験を再開して以降、7回の受験で一度も点数を下げることがなかったので、今回もその流れで・・・と思ったり。

事実、自己ベストを出した10月よりも、何倍も問題を解き、集中して対策をしたのだから・・・という自負もありました。

けれど、現実は、甘くはなかったです。

=====

ただ、今、自分自身、大きく落ち込んだり、暗い気持ちにはなっていません。

現実の厳しさに直面したからこそ、もっと頑張ろう!と前向きになっている自分がいます。

「何度跳ね返されても、あきらめないこと」

「目標達成まで続けること」こそ、自分らしさじゃないか。

今回の結果が、改めて、そのことに気づかせてくれた気がしています。

=====

「どれほど悔しいか」という感情の部分は、ここではあまり触れないようにしたいと思います。

今、悔しい気持ちをドラマチックに書き連ねることはいくらでもできるけれど、

それで賞賛をいただいたりするのは、自分のためにならない気がしています。

(応援のお気持ちに対しては、本当に感謝しております。)

感情と今後の対策の部分は切り離して考えたいと思います。

まだ結果を受けてすぐですので、微調整はあるかもしれませんが。

11月の試験対策として3週間重点的に行ったことと、同じやり方(「読む体力を身につけること」中心)で対策を進めるつもりでおります。




11月に自分が対策をした方法、内容については、自信をもっております。

すぐに結果に結びつかなかったけれど、時間差で結果が出てくることがあるということ(10月の985のように)、

それはちゃんと分かっているので。

次回も同じように対策を進めていきたいと思います。



洋書読後記録:"Daily Rituals"

TOEICに関する目標達成のために、スパートをかけた3週間。

この間、私は、ある1冊の洋書を読んでいました。

TOEICの問題を実際に解いて「答えの根拠を探す」練習をすると同時に、「ひたすら多くの文章を読むのに慣れる」ことが必要だと感じたからです。

選んだのは、”Daily Rituals”という本。

この本は、作家・音楽家・画家などのアーティストが、どのような生活パターン(習慣)で生きてきたかを、まとめた本です。

「習慣」については、セミナーをするほどに、その大切さを身にしみて感じている私。

普段から、日本語でも、習慣に関する特集などを雑誌で読むのが大好きですし、今までに最後まで読み通すことのできた洋書のジャンルも、習慣に関することや、それに関連したモチベーションに関することが多かったです。



今回、これを選んで、本当に正解でした。

英語学習者の視点で言えば、「どのようなことが書かれているか予想がつく」というのが、読みやすかった理由の一つだと思います。

一人一人について、朝起きてから寝るまでの習慣・行動について書かれていることが分かっているので、大きく内容を取り違えることがありません。

だからといって、同じ表現ばかりが続くというのではなく、同じことでもこのように言うことができるのか、と複数の言い換えパターンを知ることができました。

また、純粋な読み物として発見したことは、「習慣に正しいも正しくないもない」ということ。

起きる時間ひとつとっても、本当に早起きの人から、朝方に寝る人まで様々。

「朝活」という言葉があるほどに、早起きの素晴らしさが強調されている昨今ですが、それができないからと言って落ち込む必要はない。

誰でも成果が出るような「王道」の習慣がある訳ではないと、改めて気づきました。

(それでも、時代のせいなのか、本当にたくさんの人が、かなり長い時間をとって「散歩」をしていたことに驚きました。

私自身もウォーキングをしているので、是非これは今後も続けていきたいと思っています。)



洋書に対して、苦手意識のある私。

読み切れず、飽きて、放置してしまっている本が山ほどあります。

ですが今回、この1冊を集中的に読んだこと、そしてその後の半月、日本語の本も含め大量に読んだことで、「読む」ことに関する意識が大きく変わりました。

今回身に付いた読書習慣を続けるべく。

メモ程度の内容になると思いますが、読んだ洋書の感想を、ブログ記事に載せていきたいと思っています。

どうぞ楽しみにしていてください。



↓日本語に翻訳されたものも出ているのですね!

ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング