第204回 TOEIC受験してきました+今後の対策について #TOEIC

第204回TOEICを受験してきました。

昨日の受験時、受験後に感じた反省を元に、次回(第205回・11月15日)に向け、以下のように取り組んでいくことを決めました。

・問題演習2000問越え

今年に入り、6月、7月、そして今回、試験対策として何問解いたかを記録しておりました。

この3回の感覚で、「1000問を目標にして1200問くらい解けると、自分の中で調子が整う」ことが判明しました。

今回、最後のスパートということで、2000問(残りテストまで20日なので、だいたい一日に100問)を目指して解いていこうと思います。

・「読む体力」をつける

今回初めて、パート別に解いた問題数を集計しました。リスニングについては、だいたい3セット分解くと、感覚が取り戻せるようです。

残りは、リーディングのパート、特にPART 7の対策を中心に行いたいと思います。

今回、解いた問題数は前回よりも多かったのですが、仕事の都合で14日〜19日までの間、全く問題を解かない日が続きました。

ここで一番感じたのが、「読む体力」の低下です。

ここでいう「読む体力」とは、自分の中では、「スピード感、問題の答えを探しにいく読み方の徹底、そしてそれを何問も続けて行えるだけの精神力」などを意味しています。

その後、残り5日でこの感覚を取り戻すのは正直厳しいと思いつつスパートをかけましたが、やはり受験の際、この辺り(PART 7)での息切れを感じました。

11月試験までの残りの20日間は、しっかりとこの感覚、調整していきたいと思います。

(TOEICの試験問題だけではなく、洋書、英字記事の量も増やします)



手前味噌・・・というか、ここで自画自賛している場合ではないのですが、記録をとっていて本当によかったと思います。

何をして、どんな結果が出たのか。

問題数だけでなく、やり方、そのとき感じた気持ちを含め、すべてが次の受験対策への貴重なデータになります。

今まで積み重ねたデータ・経験を、次回11月の受験ですべて活かせるように。

今日から20日間のスパート、頑張ります!

英文読解セミナー@名古屋 終了のご報告と御礼 

10月18日(日)、名古屋・ウィルあいちにて開催いたしました、【英文法•文構造(SV)の理解で 攻める 英文読解 〜これさえ分かれば英字新聞も試験長文も怖くない〜】セミナー(通称・英文読解セミナー)、大好評のうちに無事終了いたしました。

お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございます。

(近日中に、御礼のメールがお手元に届く予定です。”宿題”の件も是非、ご確認くださいね。)

IMG_6430.jpg

今回の名古屋には、20名を超える皆さまにご参加いただきました。

ネットを通じて交流をさせていただいている皆さま、以前に習慣力セミナーにお越しいただいた皆さまはもちろん、今回多くの「初めまして」の皆さまにお会いできたことも本当に嬉しかったです。

セミナー終了後にいただいた、多くの「これから頑張ります!」のお声が、自分にとっても大変励みとなりました。

本当に、ありがとうございます。


=====

今回、約1ヶ月の間に、大阪・東京・名古屋と三都市でセミナー開催をさせていただきました。

英語講師としての初めてのセミナーということで、正直なところかなり緊張を感じておりましたが、参加の皆さまに温かく迎えていただき、無事にすべての回を終えることができました。

三都市あわせて、70名を越える皆さまにお会いできたこと、本当に嬉しかったです。


今後、今回と同じ内容の「英文読解セミナー」を開催する予定は、今のところ未定となっています。

今回は「英字新聞」という題材を使って、文構造・文法の説明をさせていただきましたが、他にも使いたい別の素材、そして別のアイデアが、まだまだたくさんあります。

是非、また別の形でも、お会いできるよう、プランのほうしっかりと練っていきたいと思っています。



そして、最後になりましたが、いつも応援してくださる皆さま、本当にありがとうございます。

新しいことに挑戦させていただけることへの感謝を忘れずに、これからも頑張っていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。



2015年10月20日

横井菜穂美

今後のTOEIC受験予定

仕事のため、一度受験をお休みしたTOEICでしたが、10月、11月と連続で受験をすることにしました。

(※11月15日の回のコンビニ申し込みは今日10月5日の24時まで、インターネット申し込みは6日の15時までになります。)

前回の7月の受験の後、そのままセミナー準備に入り、TOEIC対策をする余裕が全くありませんでした。

今月に入り対策を再開しましたが、間があいてから感覚を取り戻すのは(毎度のことですが)なかなか手間のかかることです。

それならば、連続受験をして、感覚を保ったまま、試験に臨みたい。

ちょうど今回は、10月と11月の試験の間隔がつまっていて、気持ちの面での勢いも保ったまま受験ができそうです。

目標点のこともあり、自分を奮い立たせる意味で受験することをここに発表しましたが、あまり威勢のいいことは書かないようにしようと思います。

ただひたすら、淡々と。

ブログタイトルの通り、少しでも前進を目指して、試験に臨みたいと思います。



ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング