第202回 TOEIC結果報告と今後について

昨日、7月末に受験した第202回TOEIC公開テストの結果を確認しました。

IMG_5225.png

L:495 R:480 T:975

自己ベストの点数を10点更新しました。

試験前や当日も、体調的に厳しかった分、この結果を見た時は文字通り、飛び上がるほど嬉しかったです。


昨日は、有り難いことに、ツイッターやFacebook上で、たくさんのお祝いのお言葉をかけていただきました。

試験勉強を続けている中で、ひときわ嬉しい一日。

ですが、今日からまた、さっと気持ちを切り替えて通常運転に戻ろうと思っています。

今回、受験した直後の自分の言葉が、ブログに残してあります。

「直前にガッと詰め込むのは、自分のやり方ではない」

ということ。

次回受験(9月は仕事のためパス、10月・11月を両方、もしくは11月だけの予定です)までの日数で、するべきことを割って、負担のない形で「走りたい」と思っています。

実は、7年ぶりに受験をした、2013年9月受験の回から、935→950→960→960→965、そして今回の975と、ブログタイトルのような、本当に少しずつのアップで、ここまで来ています。

けれども、下げずにいられていることは、今の自分の中で本当に大きな支えというか、励みにもなっています。

ここでの報告は、淡々と・・・を心がけていますが、最後に一つだけ。

この、少しずつ進歩する流れを止めずに、目標点990点目指して頑張ります。



文構造や英文法を調べるのは何のため?  ~英文読解セミナー開催のお知らせ~

先日、ブログの方でも先行告知をさせていただきました、英文読解セミナー。

9月と10月に、大阪、東京、名古屋、三都市での開催が決定いたしました。

先日、大阪、東京の回の受付を開始いたしましたところ、すでに多くの方にお申し込みを頂戴し、大変感激しております。

お申し込みいただいた皆様、本当にありがとうございます。

当日、お会いできるのを、心より楽しみにしております。


今日は、セミナー内容の一部を、御紹介させていただきたいと思います。

私がセミナーでお話しするのは、以下の図にあるような、「文構造(SやVなど)の見極め方」「英字記事・試験長文でよく出る文法事項」の説明です。

エコノミスト記事


このようなSVなどの記号、そして、文法用語を、参考書や問題集で見たことがある方もいらっしゃると思います。

そして、これを見て、学生時代の苦い思い出がよみがえってきた・・・という方もいらっしゃるかもしれません。

文構造を見極めたり、そこに出てくる文法事項を考えることは、決して、「きれいなノート作り」、「自己満足」のためにやるわけではありません。

全ては、「正しく文を理解するため(正しい訳を導き出すため)」、その一言に尽きます。

文構造の捉え方、英文によく出る文法事項を知っておくことは、英文を読む上で、本当に役に立ちます。

今更、学校英語、受験英語を思い出すようなことはしたくない・・・そう食わず嫌いをしている方にも、是非お勧めしたい内容となっております。

興味をもたれた方、是非、セミナーにお越しくださいね。

お会いできるのを、心より楽しみにしております。


横井菜穂美 (なぼ)



9月6日・大阪
第182回つなぎすとサロン主催
【英文法•文構造(SV)の理解で 攻める 英文読解 〜これさえ分かれば英字新聞も試験長文も怖くない〜】


9月21日・東京
第186回つなぎすとサロン主催
【英文法•文構造(SV)の理解で 攻める 英文読解 〜これさえ分かれば英字新聞も試験長文も怖くない〜】



※10月開催の名古屋の回につきましては、近日中に詳細を発表させていただきます。






ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング