自己紹介

初めまして。
”なぼ”こと、横井菜穂美(よこいなおみ)と申します。

ブログを開設後、しばらくして書いた自己紹介の内容がかなり古くなってしまったため、一度新しい気持ちで、書き直してみようと思います。


=====

私は現在、英語講師セミナー講師の仕事をしています。

英語講師のほうは、自宅教室や企業でのレッスン等、さまざまな場所でさせていただいています。

英語に関しては、高校は英語科に通っていたのですが、大学は英語とは全く関係のない学部に進学、卒業後も英語を全く使わない仕事に就職しています。

それでも英語を使う仕事に就く夢を諦めきれず、独学で英語学習を開始。
紆余曲折を経つつ、17年ほどがたった現在では、英検1級、TOEIC960、国連英検特A級という難関資格をクリアし、念願の英語を教える仕事に就いています。


 ※追記:2016年1月、TOEIC990点満点を達成いたしました。


また、長い期間、英語学習を習慣的に続けることが出来た経験を活かし、2014年には「習慣力セミナー」という講座を、名古屋・神戸・東京、そしてリクエストにて神戸、の計4回開催、100人近い方々に、自分の経験、習慣化の方法を聞いていただいています。


出来るだけ感情を交えず、淡々と書いたので、もしかしたら、この人は元から才能があって、何の苦労もなく夢を叶えたのかもしれない・・・そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。

・・・それは、全く逆です。

今講師として指導させていただいていることはすべて、自分が本当に苦手で、苦労しながら力を伸ばしてきたことばかり。だからこそ、「できない」ところから「できる」ようになった過程・方法を、真摯にお伝えすることが出来る、そう自負しております。


=====

現在指導に携わっている内容(2015年1月現在)について、守秘義務のあるものを除き、簡単に紹介させていただこうと思います。

・英検1級読解指導(三重県北勢部・自宅教室にて)

英語力を伸ばす上でもっとも大切なのは、読む力を伸ばすことであると私は考えます。
以前、4年強、大学受験予備校で指導していた経験から、私自身、「文法知識に基づいて正しく文の意味を理解する能力」、「問題の答えを探しながら、時間内に読み切る能力」を身につけてきました。
そして、そこで培った経験・ノウハウを受講生の方に指導させていただいています。

※現在も若干名レッスン受講希望の方を募集中です。
詳細はサイドバーのメールフォームにてお問い合わせください。

 ※追記:現在は新規生徒様の募集を休止しております。


・企業での自己啓発(英語)講座担当

某語学学校の法人研修部門に、講師として所属、指導させていただいています。
愛知県・三重県の企業で、現在までに「英文解釈講座」「ライティング講座」を担当、今後「英会話講座」を担当する予定があります。


・「習慣力セミナー」講師

自分が英語力を伸ばし、英語関連の仕事に就くという夢を叶えられたのは、諦めずに勉強を続けられたこと、勉強を習慣化できたことが一番大きかったと思います。
セミナーでは、自分がどのように英語の勉強を続けられたのか、英検1級対策時に開始し現在も続けている方法を解説。そして実際に皆さんにどのようなことを習慣にしたいか、どのようなことを叶えたいか宣言・ディスカッションしていただくことで、「続けられる人間になる」指導をさせてもらっています。
(習慣化の対象については、英語だけでなく、他の資格学習、運動や家事等にも活かしていただける内容です)

2015年も、さまざまな都市にて、セミナーを開催させていただく予定でおります。


また、自分がずっと挑戦してきた国連英検特A級に関することや、英字新聞の読み方について指導させていただく機会を、これから増やしていきたいと思っております。


 ※追記:2015年には、英字記事を用いた英文読解セミナーを、大阪、東京、名古屋にて開催いたしました。


地方在住であること、今年中学校、小学校に入学する兄弟の育児中で、地理的・時間的な制約がある場合もありますが、持ち前の「試行錯誤・工夫が好き」な性格を活かして、これからもいろいろなことに挑戦していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


横井 菜穂美(よこいなおみ)



 ※2016年3月5日に、赤字箇所を追加・修正いたしました。





祝・年末年始学習企画 #kickstartyy2015 個人目標達成! 企画前、中、後の自分・・・自分に起きた変化

ブログ 100 WISH LISTで主催している、2015年の英語学習を「成功体験」から始めよう #kickstartyy2015 企画。

私個人が目標として設定していた、「The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Businessを読む」を1月23日に達成しました!

今回のブログ記事では、企画に参加する前・途中・参加後と、自分に起きた変化を順を追って振り返ってみたいと思います。

・開始前の状態

開始時点で32パーセントまで読み進めてあった、この本。

以前ブログにも書いたことがありますが、洋書を読むことに対してどうもハマりきれない自分がいて・・・。
英語歴が長い割には、最後まで読むことが出来た洋書は、本当に少ない冊数しかありませんでした。

#kickstartyy2015 の期間の日数で割ってみると、1日2パーセントずつ読めばなんとか達成できる計算。

自分にとっては、正直あまり楽な数字ではなかったのですが、「途中まで読んである」ことによって、「ちょっとでも手がつけてあるから、ハードルが低い」「途中で気持ち悪いし、早く終わらせたい」という心理が働くので、その気持ちにかけて、この本に挑戦してみることにしました。


・企画挑戦中を振り返って

挑戦中は、とにかく集中して読むのみ。ツイッターで進捗状況(○パーセント)を報告していたので、報告することを励みに「1パーセントでもいいから読む」という気持ちで、進めました。

一日に読む量としてはあまり多くはありませんが、「読めた日数」に関しては、格段に増えたと思います。

「さあ今日はここから読もう」とKindleを手に取ったときに、前に読んでいた内容を忘れていない(=すぐに話に入り込める)というのは、自分にとって「続けるキー」となる大きなポイントだと思いました。


・挑戦したことで訪れた変化

1ヶ月やそこらで、洋書を読むことを習慣づけられるのか・・・。

実は以前にも挑戦したことがありましたが、その後継続的に読み続けることはできませんでした。
ですが、今回は、そのときとは違う大きな手応え、変化をいくつか感じています。

そのうちの一つは、「自分がどういうものを読みたいのか分かった」という点です。

この洋書読みの習慣、(そしてまたこれは別の記事にしようと思っていますが)年が明けてからウォーキングの習慣もかなりいい調子でつき始めていて、それによって「もっと他のことも頑張ってみたい!」といういい流れが出来てきています。

そこで、これも以前に放置してあった(!)オーディオブックなのですが、今回の課題図書と同ジャンルの Switch: How to Change Things When Change Is Hard (注:このリンクは洋書版です)を聴いてみることにしました。

すると、The Power of Habitのほうで出てきていたのと同じ実験が、このオーディオブックで触れられていたことに、大興奮(笑)。

一気に、この本自体への愛着も高まり、もっと聴いてみたいという気持ちが高まりました。

これらの本のどういう点が好きなのだろうと、自分自身考えてみると、理論的な説明の後に、個人の例が述べられている点なのでは?という仮説が浮かんできました。

これは自分にとっては、大きな発見。最近小説や映画にハマれなくなっていた自分ですが、ノンフィクションというか、そういう実際にあった人の話を聞くのはとても好きみたいです。

ちょうどこのジャンル・・・この手の本を今までに結構「積読」してあるので、まだまだ楽しめそう。

仮説が本当だったか?も含めて、今後のこと、またきちんと報告していきたいと思います。


※リンクはすべて洋書版です
 


習慣をぶっ壊す

私が毎日の習慣を行う上で、欠かせないiPhoneアプリ、Daily Deeds.

昨年も最終的には50個近い習慣項目を設定し、合計3160個の行動を行いました。

この習慣項目、そして出来た行動の個数(このアプリではdeedsと呼びます)なのですが、私は毎年年初に一旦、全消去するようにしています。

せっかく1年かけて、試行錯誤し、考えだした項目。
そして、「これだけやったんだ」と、振り返って達成感を感じられる数字。

なぜ消すかには理由があります。

習慣項目に関しては、その時々ですべきことが変わります。

例えば、去年は国連英検特A級受験のために、それに関する項目が山ほど組み込まれていました。

終わってからも、こういう対策を行ったというデータとして、また年間のdeeds数を計測するために残してあったのですが、いつまでも、もうしないはずであろう項目が存在し続けるのは、はっきりいって邪魔です。

(事実、習慣項目の数は、バッジとしてアプリに表示されるのですが、40何個という数字が出て、一日に30何個もできていない項目として数字が残ってしまうのは、自分の士気を下げてしまいます)

そしてdeedsの個数に関しても、ずっと増やし続けるよりも、消去することに大きなメリットがあります。

1年でこれだけ出来たという数を知ることで、去年は○個だったから、今年はこの数を超えられるようにしよう、または、これくらいの個数をやれば何かしらの成果がでるはずだ・・・という目安になります。

客観的、皆に当てはまる数字として、たとえば「誰でも3000個すれば夢が叶います」と約束されている訳ではありません。

この数字を目標にしよう、これだけやれば大丈夫だというゴールは、自分で設定するしかないのですが、逆に言えば、目安が分かりさえすれば、安心して数を増やすことに集中できるのです。

20150109090724.png

以上のような理由から、私は一旦、項目もdeedsの達成数もオールクリアするようにしています。

新しい年になって、新たな気持ちで習慣項目を書き入れていくことは、とても楽しい作業です。

去年と同じ項目であっても、「これは本当に必要な習慣か?」と自問自答し、設定していきます。

漠然とした内容のものに関しては具体的に名称を変えたり、一日の時間の流れに沿って項目を並べ替えたりして、より使いやすいDaily Deedsにカスタマイズします。

この作業に関しては、あせらず、ここ1ヶ月くらいかけて、行っていこうと思っています。


Daily Deeds: Track Your Habits - Spoonjuice, LLC  

第196回(2014年12月実施)TOEICの受験結果

先月受験した、第196回TOEICの受験結果が今日の正午にネットにて発表されました。

結果は

L480 R480 T960


自己ベストを更新しました!

前回受験したのが今年の9月。
戦略を立て、対策をして臨んだにも関わらず、その前の回(昨年9月)よりも15点しか上がらなかったことから、結果に満足していない自分がいました。

本来ならば、年に1回のペースで受験していくつもりでいたのですが、悔しさを抑えることが出来ず・・・。ちょうど仕事と重ならない日程で受けられるということで、急遽12月のTOEICに参戦したのでした。



3ヶ月前と比べて、10点のスコアアップでしたが、今回は素直に喜ぶことができました。

トータルで伸びたことはもちろんですが、リーディングで自己ベストの480(前回より+10)を出すことができたのが本当に嬉しかったです。

去年久しぶりに受験を再開したTOEICでしたが、実は7年ほど前までは、かなりの回数、かなりの頻度で受験をしていた時期があります。(ちょうど予備校で働いている頃です)

その頃の結果(こちら)を見てみると、リーディングの点数がほとんど伸びておらず、お世辞にも対策がうまくいっているとは言えない状況でした。

それが、ここ3回の受験で、戦略を立ててリーディングを伸ばすことが出来ていること・・・本当に嬉しいです。

リスニングでは去年の受験で、495(満点)を出したことがあります。
リーディングでの満点を目指して、今年は頑張っていきたいと思います。

2015年の抱負 「比べない私になろう」

ブログを読んでくださる皆様、明けましておめでとうございます。
旧年中は、大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

======

新年初めての記事ということで、今回は、今年の抱負について書いてみたいと思います。

今年、2015年の抱負は、「比べない私になろう」です。

私にとっての2014年は、おかげさまでセミナーの開催や資格試験への合格等、目に見える形での成果をいくつも上げることのできた一年でした。

その過程で、実は、目に見えない(形にはならない)大きな宝物もたくさんいただいていました。

その一つが、多くの人との出会いです。

いろいろな方と友人となり、たくさんお話をさせていただいて・・・自分自身を見つめ直す機会(もっとぶっちゃけて言えば、お酒を交えながら、本音を語り合う機会)を何度もいただきました。

文字通り、腹を割って、自分の気持ちを打ち明けていく中で、自分がいかに「人と比べてしまう人間」だったか、「他の人がこうしているのだから、自分もこうすべきだ」と考えてしまう性質(たち)だったかを思い知りました。

存在するはずのない、完璧な家族像、完璧なワーキングマザー像、自分が昔思っていた「○○歳の私」像。

それと比べて、そうでない自分に引け目を感じる・・・

新年早々、打ち明けることではないのかもしれませんが、あまりにも比べすぎる自分にいつも情けない思いをしていました。

でも、今年はそれを、やめます。

「みんながやってるから私もそうならなくちゃいけないという呪縛から、今年は全力で逃れていく。たとえ一人きりでも。オリジナルであることを喜ぼう。」

これは、今朝早く(というか真夜中)に、ツイッターにつぶやいた内容です。

今年は、これでいきます。



個性的でありたい、自分らしく生きたいとずっと思っていたけれど・・・

自分をずっと縛っていた「○○像」から外れているということは、もうすでに十分個性的なんだと、ハッとしました。

今まで、コンプレックスに感じていたことが、逆にキラキラと感じられる・・・価値観が大きく変わったように感じます。

他人と比べず、こうあるべき像と比べず。

人と違うことを受け入れ、むしろその部分を大切に伸ばしていく方向で、今年はやっていきたいと思います。



今年の終わりに、この記事を読み返した自分が、よくやったな・・・と思えるように。

今年も頑張っていきます!

ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング