壊れた習慣の立て直し方 (4) 今後の試験対策について

先週は3回に渡って、9月から始めた習慣の立て直しについて書きました。

壊れた習慣の立て直し方 (1)

壊れた習慣の立て直し方 (2)

壊れた習慣の立て直し方 (3)


12月に国連英検特A級の2次試験を控えているにもかかわらず、なかなかエンジンがかからない。

自分の試験対策のスタイルは、

「いろいろな学習項目を(言葉は悪いですが)手当たりしだい試してから、そこから必要なものに絞り込んでいく」

なのに、その”手当たり次第”を行う気力・モチベーションがなかなかわかず・・・。

アプリの助けを借りて、ようやく、その段階が軌道に乗ってきたように思います。



こうして動きながら、大まかですが、今後の流れが自分の頭の中に浮かんできました。


9月:学習習慣の立て直し。 (29日 TOEIC受験)

10月:習慣だてた項目から、必要な項目を吟味。 (27日 特A級1次受験。任意ですが受験します)

11月:各トピックにて項目(セット)を繰り返す。

12月:15日2次試験まで、「何をしようか迷わなくていい」状態で準備をして迎える



今日は9月最終日ですが、「どの項目でやっていく」という決断にまでは至っていません。

ですが、各項目を学習する「クセ」だけは、この期間で確実についてきたので、

もうしばらくそれを繰り返しながら必要なものを見極めたいと思います。




そして、ものすごくさらっと書いていますが(笑)、実は昨日、TOEICを受験してきました。

実に7年4か月ぶり。

受験を決めたのは申し込み締め切り直前の8月20日頃。

正直なところ、国連英検の不合格後、”落ち癖”がついて弱っている気持ちを切り替えたくて、

かなり衝動的に申し込みをしました。

あまりに久しぶりのことで、できたできないの手ごたえもあまりピンときていないのですが、

いろいろな英語に触れる機会となり、学習習慣の立て直しに弾みをつけるきっかけとなりました。





明日から10月。

今日は、今月できた内容・数字をアプリで確認し、来月の「やる気」につなげたいと思います。











テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

壊れた習慣の立て直し方 (3)

Daily Deedsの良さについては以前から愛用し十分理解していたのですが、一度崩壊してしまった習慣がアプリ一つで元通りになるとは、正直考えられませんでした。


8738907651_d5b33a86b1_n.jpg
※参考:以前の画像です。
(こちらの記事に使い方のポイントをまとめています)





自分でもやや疑心暗鬼で始めたにもかかわらず、習慣の立て直しがうまくいったこと。

一番大きな理由は、項目を全消去してゼロからやりなおしたことだと思います。

もともとたくさんの項目を習慣立てて、その中からできることをやっていくという方法をとっていて(そのほうが、選んで行動している感覚があって楽しい)、気づくと項目が20、30になっています。
その中には、もうしなくなってしまった習慣も混ざっていて、そのような状態の画面を見ても、ワクワクする(=頑張ろう)という気持ちは起こりませんでした。

それでも、それまでに行った習慣の合計数が記録されていたことから、なかなかパッと全消去する気にはなれなくて。

それが、思い切ってゼロにしてみると、そこから新たに項目を書き加えていく、そしてそれを行った数字が増えていくことの気持ちのいいこと!

今までにやっていた項目と同じものもたくさんあるのですが、一度気持ちをリセットして新たに項目立てしていったことで、「この習慣が本当に必要だからやっていく」、その気持ちを再確認できたのだと思います。

他にも、項目を一日の流れに合わせて並べ替えて行動の流れを見やすくしたり、中間目標を立ててゲーム感覚で楽しんだり(200を越える!と気合をいれ、18日の時点で達成しました)、小さな工夫もありましたが、何と言っても、一からやり直したこと、それが一番大きいです。




正直なところ、deedsが「いくつできた」という数字に意味はありません。
例えば1000できたら、望む試験に合格できると約束されているわけでもないです。
(前の月と比較して、できた、できないの目安にはなります)

それでも、自分にとってこの計測をすることには、大きな意味がある。
今回そのことに気づきました。

以前に書いたこと…

「なんとなく目の前にあることをやってみるけれど、それが本当に役に立つことなのかと考えてしまう。

行動がブツ切れで、積み重なっている感覚がない。

一つの行動を起こす前に、うだうだと時間がかかる。」


この思いをすべて解決してくれるのが、このアプリ(を使ってする作業)なんです。

本当に役立つかなんて、後からしかわからないんだから、とにかくやる。

一日に○個やった、カレンダーを見て、この項目は毎日続いてると確認する。

数字を増やすというゲームを楽しんで、行動をリズムよく行う。


そのために、やっぱりこのアプリが欠かせない存在なのだと思います。



Daily Deeds: Track Your Habits - Spoonjuice, LLC

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

壊れた習慣の立て直し方 (2)

昨日の続きです。

英語を全くやっていなかったわけではない。
どうしても合格したい試験が目の前(※次は12月)にある。

なのに、エンジンがかからない。

これはまずいかもしれない…と焦りが出始めました。

特に、今挑戦しているのは、「どのように対策すべきか」のところから考えなくてはいけない試験。
開始時にこれだけやればOKという明確なプランがあるわけではなく、動きながらベストな方法を見つけ出していく、そのようなスタイルをとっています。

それには、最初に手当たり次第なんでも試してみる期間が必要で、この期間にも、勢いをつけて動く…モチベーションというか、推進力を必要とします。

なのにそれがなくなってしまっている。

なんとなく目の前にあることをやってみるのですが、それが本当に役に立つことなのかと考えてしまう。
行動がブツ切れで、積み重なっている感覚がない。
一つの行動を起こす前に、うだうだと時間がかかる。

そんな状態でした。




どうしよう…と考えていた時に思い出したのが、それまで習慣の管理に使っていたiPhoneアプリ、Daily Deedsの存在です。

5月末から7月、そしてやりたい放題だった8月も。
私はTodoリストや習慣管理アプリなどからすっかり離れて過ごしていました。

(それどころではなかった時期もありましたし、それなしの解放感を楽しむ自分もいました。)

そして、今思えば、焦る気持ちは結構深刻で、それゆえアプリ一つでその状況から抜け出せるとは、正直なところ信じられませんでした。




でもそこは、あまり深く考えずに気軽に試してみる性格。

それ以前に習慣として項目立てしてあったものをすべて消去し、できた数字(deedsと呼びます)もクリアして、日付の区切りもいい9月1日から、新たな習慣作りに取り組み始めたのです。






次回は、DailyDeedsを再び使い始めて、自分の中に起きてきた変化について書いてみたいと思います。



Daily Deeds: Track Your Habits - Spoonjuice, LLC

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

壊れた習慣の立て直し方 (1)

前回ブログを書いてから、少し間が空いてしまいました。

この間、私は習慣を立て直していました。


話すと長くなりそうなので、今日はなぜ習慣が壊れたか(壊したか、のほうが正しい)書いてみたいと思います。

詳細は伏せますが、5月末から7月末まで、精神的にも肉体的にもそれまでに経験したことないほど、きつい日々を送っていました。(抱えていた問題やしなくてはいけない仕事は、身近な人たちの支えがあって、無事に乗り越えることができました。)

これだけつらい日々を乗り越えたのだから、8月は思いっきり自分のしたかったことをして楽しんでやる、そう思いながら夏を迎えました。

ええ。自分でもビックリするくらい、「やりたい放題」やっちゃいました。

美味しいものを食べる、大好きな人に会いに行く、時間を贅沢に使って旅行をする、
十何年ぶりに浴衣をきて夏祭りに出かける、学生時代の仲間と飲み明かす…

計算上、3日に1回、「ハジけ」倒していました。

(企画・参加していたヴァーチャル夏休みの課題は、決めた分をしっかりとこなしていました。
勉強も運営も、これは自分にとって、絶対に「やりたいこと」だったので)

最後の旅行が終わって、身も心もリフレッシュ。
本当に生まれ変わった気分で。こういう時間を持てて本当に良かったと、幸せな気持ちに満たされていました。

そして、「さあ、これから仕切り直しで頑張るぞ」と決め、数日。
驚くほどカラダが重くなっていること(体重ではなくて!)に気づいたのです。

この期間に、国連英検の不合格通知も届き、しっかりしなきゃ、やらなきゃの気持ちは最高潮になっていたにも関わらず、です。

これはちょっと由々しき状態かもしれない…。自分の中に焦りが出てくるのを感じました。






一気に書いてしまいたい気持ちもありますが、今日はここまでにします。

結論から言えば、その後約3週間がたち、"壊れた"習慣が無事に回復している、それどころかさらにいい形にヴァージョンアップしている感覚があります。

次回から数回に分けて、どのように習慣を立て直したのか、そして試験対策も含めて、今後どのようにしていきたいのかについて、書いてみたいと思います。

どうぞ、よろしくお付き合いください。


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

前回の国連英検特A級2次試験結果を受けて・・・現在の心境

2013年7月14日(日)に、国連英検特A級2次試験(面接)を受験しました。

2度目のチャレンジ。
今回も・・・不合格となりました。

(以前、受験記を公開しましたが、この内容では合格ラインに達していないということでご参考にしていただければと思います。)

国連英検の採点基準は、大きく2つ(英語力自体に関することと、コミュニケーション・国際知識に関すること)に分けることができるのですが、まんべんなく点数が悪かったです。
(総合点8点が必要なところ、各項目でそれぞれ6、7点しか取ることができませんでした)

この結果を受けて、かなりショックを受けました。

不合格だった悔しさや落ち込んだ気持ちは、仲間の慰め、励ましもあり、比較的すぐに癒えました。

ですが、「じゃあ今度は、このやり方でやってみよう」というアイデアのほうはすぐには湧いては来ませんでした。
(実は、現時点でもまだ、今後のハッキリとした計画はできていません。)

いつも、「だいたいこんなやり方でいってみよう」と仮説を立て、それを徐々に形(計画)にしていく方法をとっていますが、大きなところで「またダメかもしれない」の不安があって、そのせいで仮説段階に力が入らない・・・。

言い訳・・・したくないけれど、それが本当の気持ちだと思います。




ただ、だからと言って、この期間(約1ヶ月)、全く何もせずに過ごしたわけではありません。

信頼できる人からのアドバイスもあり、国連英検対策とは直接関係のないように思えること、今まであまり力をいれてしてこなかったこと、長い間してこなかったことなどに取り組んでいます。

(ちょうど先日書いた「ヴァ夏」でも、そのような課題設定をしていました)

現在の試みの成果が出るのは少し先かもしれません(それ故、少し焦りもあります)が、何か手ごたえがあるまで続けてみたいと思っています。

そして、試験に直接関係することも、時期を見て組み込んで行かなければならないのは絶対です。
(次の試験まで、昨日でちょうど100日を切りました)


7月の試験前よりも確実に時間があって、精神的にも当時悩んでいたことはすっかり解決しているはずなのに。

なかなか気合が入らない自分に喝を入れたくて、ここに気持ちを書き出してみました。



・・・ちょっとスッキリした。



まずはやると決めたことを、「別に今日でなくてもいいか・・・」と思わず(ダラダラ先延ばしせずに)取り組みたいと思っています。


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

第5回 ヴァーチャル夏休み 私の成果報告 #vana5

前回の記事から、1ヶ月以上、記事更新が途絶えてしまいました。

この期間にあったこと・・・いろいろとご報告することがあるのですが。

まずは第5回ヴァーチャル夏休みの成果から書かせていただこうと思います。


(以下、コメント欄にご報告した内容となります)


(1) 今まで自分が読まなかったような記事を、40本読む
→期間中の英字記事総数 30本 (達成率75%)

数としては多くないですが、今まで読まなかったジャンルを開拓できたことはよかったと思います。また、記事の要約をつぶやいたり、100 WISH LISTのFacebookページに要約を紹介して反応を頂くことが励みになりました。これからも量を少しずつ増やしながら、続けていきたいと思います。

(2) 形容詞を重ねて言えるようになりたい。
残念ながら「(1)で拾った単語をすぐに使う」という流れはできませんでしたが、ツイッターの英語つぶやきのほうで、意識して新しい単語を使うようにし始めました。今後、拾った語彙をLingQできちんと管理していきたいと思っています。

ブログのほうにつけ足した数値目標については、それぞれ

ツイッター:(目標)800ツイート到達 (結果)660 (合計87ツイート)

オンライン英会話:(目標)8回 (結果)1回

・ツイッターは、いざとなれば15個つぶやける(最終日の追い込み)ことが判明したので、毎日5~7個ほどを目安につぶやいていきたいと思います。

・オンライン英会話は、もう言い訳の余地もありません。試験対策として使い方を再考する必要がありますが、それにしても少なすぎる。9月中に仕組みを考え、回数も安定させたいと思います。

(3)放送大学の試験に合格する
→「イスラーム世界の歴史的展開」 評価Aにて無事合格しました。

(4) 野菜、汁物をできる限り摂る
期間中、8回作成、実践しました。
8月後半から、料理に力を入れ始めました。この流れを今後も続けていきたいと思っています。

(5) 友人(ペンギン太郎さん)とのダイエット競争に完走する
全然完走できませんでした・・・。(期間当初より、0.8キロ増)
8月末に気を取り直して、新しく運動メニューを開始しました。
「○日までに○キロ」という宣言はしばらくお休みにして、じっくり運動の習慣化に取り組みたいと思っています。

<以下、すると決めていなかったけれどできたこと>

(6)サリンジャーのナイン・ストーリーズを読み始めました。

(7)海外ドラマの視聴を再開しました。

以上です。





最後になりましたが、今回、ヴァーチャル夏休みにご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

これからも、是非、英語学習を一緒に頑張っていけるとうれしいです。

どうぞよろしくお願いします。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング