2ミリずつ進歩

すぐには答えの出ないことを信じて歩き続けるための記録

Posted by なぼ
  4 comments
  0 trackback

英文読解に関する「ワタシ的」発見 (大事なことなんで取り急ぎメモ)

多読派 VS 従来の英文解釈派英文を読むときには、単語一つ一つではなくて、かたまりで理解している。(チャンクという考え方やスラッシュリーディングは、それを目に見える形であらわしたもの)ここに切れ目があるよね?(かたまりになっているよね?)と説明しても、初級者の方にはそれが見えない。(初級者であればある程、一度に目に入ってくる単語量は少ない。単語一個一個をブツブツに切って理解している場合もあるだろう)そ...


Posted by なぼ
  2 comments
  0 trackback

国連英検を受験してきました (人体実験・記録編)

私が国連英検を受験した理由は、以前こちらの記事にて書いております。  行くよ!究極の人体実験 ~国連英検にむけて、本格スタート今日は受験記の番外編、「人体実験」の現状報告として、目に見える学習数値をできる限り記しておこうと思います。今回の記録に最も役に立っているのが、英語学習サイトLingQ.・現在の語彙数=9899語先月増えた数字が477語。本格的な国連英検学習を意識してからは、2000前後増えたと思います。そ...


Posted by なぼ
  2 comments
  0 trackback

国連英検を受験してきました (その3)

国連英検受験記、3回目。今日は、これからの学習方針について書いてみたいと思います。★反省のところでも少し触れましたが、語彙増強が今後の課題の一つです。単語の問題集や単語本も取り入れますが、あくまでそれは、知っておくべき単語のリストとして参照するため。記事読み中心で行く方針は変えません。★記事を読むにあたって、今回の準備期間に漠然と思っていたのが、いかに読む記事を増やすかということ。以前、記事にも書い...


Posted by なぼ
  2 comments
  0 trackback

国連英検を受験してきました (その2)

今日は国連英検受験記録の2回目。受験後の反省点です。大きく上げると、以下の二つ。・時間配分がうまくできなかった・語彙力の圧倒的不足★まず、時間配分について。実際に受験してみて、あれほど時間が足りなくなるとは思いませんでした。削れる部分として考えられるのは、長文を読むスピードを上げることとエッセイの手書きスピードの向上。長文は日ごろから英字記事を読む際に、長めのものも選ぶようにしスピード重視で読む訓練...


Posted by なぼ
  0 comments
  0 trackback

国連英検を受験してきました (その1)

6月5日(日)。国連英検A級を受験してきました。このブログには受験までの学習記録をつけていたのですが、直前の最後一週間、更新がまったくできずにすみませんでした。実は、火曜の夜から寝込んでしまい、直前の土曜までグズグズやっていました・・・。直前の体調管理がしっかりできなかったこと。まずこれが大きな反省事項です。あと、試験の手ごたえに関してなのですが、これは体調云々を言い訳にするわけでは決してなく、反省...