第9回 ヴァーチャル夏休み 個人としての成果  #vana9

あっという間に、9月になりました。

7月21日から8月31日まで開催していたネット学習企画、

第9回 ヴァーチャル夏休み

が、無事に終了いたしました。

主催者として、42日間を乗り切れたこと、すごくホッとしています。

正式な終了のご挨拶、お礼は、近日中に、ブログ "100 WISH LIST"で

させていただくことにし、

今日は、個人としての振り返りを、ここでしておきたいと思います。


IMG_4287 (1)


始まる前に書き出したシートです。

「心も体もすこやかに夏を乗り切る」という大きなテーマはクリア。

「なぼゼミ」の成功と、子供の受験サポートという二大目標を

無事に達成することができたので、正直それだけで万々歳、

他のことは、振り返らなくてもいいのでは?という気さえしているのですが、

やっぱり今後につなげるために、

それぞれについて、振り返っておきたいと思います。


・ 単発イベント関連

・放送大学 試験 1科目合格

・下の子の短期講座の送迎

・楽しむ予定3つ

決めていたことは、すべてクリアできました。


・課題図書 "How Starbucks Saved My Life"

9月2日現在、76パーセント読了。


・ウォーキング

アプリ Runkeeperによる計測で、

7月トータル 46.8キロ
同8月    25キロ

歩きました。


・仕事(なぼゼミ以外)

なぼゼミ終了後、2つの案件に関して、

長期計画の作成に取り掛かっています。

ちょうど9月以降、どちらも試験対策のスパートをかける時期に入るので、

この機会にしっかりと考えることができてよかったです。



ここまでは、自分でもよく頑張ったと思える内容なのですが。

他の項目、特に「自分の習慣系」に関しては、

ガタガタでした。

いくら多忙だったとはいえ、あまりに

「自分のためにかける時間」、「成長のためにかける時間」が少なすぎる。

家族からも、仕事に集中するときの、他のものに目がいかなくなる様子を

いろいろ指摘されます・・・。

このやり方ではずっと続けていけないのではないか、

今回はたまたま体も壊さずに終えられたけれど、次は・・・と不安もあります。



今回、できなかったことから考えて、

これからやり方を考えていかなければならないのは

これらの内容だと思います。


精神面、体力面での健康を維持するための

・運動習慣

・食事、飲酒習慣

・住環境を整えること(掃除、片付け)についての習慣


自分の英語力・知識をさらに上げていくための

・英字記事読み習慣

・和書、洋書どちらも読む習慣

・「ついで勉」(レッスン準備のついでに、自分の勉強も合わせてしておく)

・「記録」を生かした勉強 
(※詳細はまた書きます)

・放送大学の勉強を、少しずつ進めておくこと



今ここで、すぐに「やり直しプラン」を考えるのではなく・・・

1ヶ月ほど時間をかけて、これらの習慣の実践方法を考えていきたいと思います。

今までに何度も課題として出てきて、それでもうまくできていないものも

含まれますが・・・。

ちょうど9月、自分のために時間が取れそうなので、

しばらく試行錯誤してみたいと思います。


=====

最後になりましたが、ヴァ夏参加者、個人として。

ヴァ夏メンバーの皆さん、本当にありがとうございました。

皆さんの頑張りをみて、私もたくさんの力、勇気をいただきました。

夏が終わってからも、どうぞ仲良くしてくださいね。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

ヴァ夏 ウォーキング目標の進捗 #vana9

主催、そして自分も参加している「第9回 ヴァーチャル夏休み(ヴァ夏)」。

目標の一つ、ウォーキングについての報告です。


・・・とその前に。

目標について、変更があります。

ヴァ夏用に書き出した目標の中では、当初、一日5000歩としていましたが、

仕事や用事の都合で日によってムラができてしまうので、

いつも記録しているアプリ、Runkeeperのほうで計測を統一したいと思います。

それにともない、7月8月は、「月間40キロ歩く」に目標を変更したいと思います。


IMG_4357.png

27日の夕方、目標を達成しました!

毎月末キロ数を計測していますが、今年の最高記録、しかも数日残しての達成となりました。



ポケモンGoをやりたい下の子を巻き込んで、ほぼ毎日歩きに出ています。

この調子で、8月も40キロを目標に、

コツコツ、てくてく、歩きに出かけたいと思います。

ロイヤル英文法問題集の解き直し #vana9

昨日、目標を宣言した、第9回ヴァーチャル夏休み(ヴァ夏)の課題。

これからずっと書き続けられるかは現時点ではわかりませんが、

できる限りこまめに、進捗報告や、なぜこの課題を選んだかなどを

ブログ記事として、記録に残しておきたいと思います。


=====

今日は、その一つ目。

ロイヤル英文法問題集について、です。



ロイヤル英文法は、予備校での非常勤講師時代、

高校生の子たちに指導するために、使用していた本です。

800ページを超える、辞書のような本ですが、

指導のために必要な箇所については、全て頭に入っており、

初見のものであったとしても、

どの内容でどの箇所を参照すればいいかはすぐにわかります。

IMG_4305.jpg
【学校と家との往復で、背表紙がいたんでいます】



このロイヤルに準拠しているのが、「ロイヤル英文法問題集」。

厚さはロイヤルほどもなく、価格もお手ごろなのですが、

掲載されている問題の「重箱の隅をつつく」度が半端ではなく・・・。

高校生の子たちや、英検、TOEICを目指す社会人の皆さんに

決して勧めることはありません。

ですが、指導をする上で、どんな小さな穴であれ、潰しておきたいということで、

今までに何度も繰り返し解いてきました。

IMG_4304 (1)
【初めて解いた時の点数】


予備校を退職してからは、英検1級、国連英検特A級、TOEIC満点と、

ずっと資格取得を目指していたので、

この問題集を使って勉強することはなくなっていました。



これではいけない・・・そろそろやり直す頃だな・・・

と思ったのが、今年4月。

ですが、その後、「なぼゼミ」スタートのために

自分の勉強どころではなくなってしまい、

4回目の途中で放置してしまっていました。


今回、ヴァ夏で、そのリベンジがしたいということで、

ヴァ夏スタート前ではありますが、早速解き始めています。

先ほどの写真にある、初回に解いた点数と比べて、

各回上がっているのがすごく嬉しい。

このまま、点数アップをどこまで続けられるかを励みに、

解いていきたいと思います。





ロイヤル英文法問題集

「第9回 ヴァーチャル夏休み」を開催します! (+個人の目標) #vana9

毎年主催している夏のネット学習企画、「ヴァーチャル夏休み」(通称:ヴァ夏)。

今年で、9年目を迎えます。

昨年は開催以来最多となる、70名を超える皆様にご参加いただき、

ともに、自身の決めた目標達成に向け、「熱い」夏を過ごしました。

一緒に頑張る仲間がいることで、一人では続けるのが難しいことも

やり遂げることができる。

これが、毎年多くの方にご愛顧いただいている一番の理由かと思います。

ぜひ今年も、多くの皆様にご参加いただけることを楽しみにしています。



※ 詳細は、以下のブログでご確認ください

第9回 「ヴァーチャル夏休み」を開催いたします! | 100 WISH LIST

初めての方も、リピーターの方も、ぜひお気軽にご参加くださいね!




=====


ここからは、主催者ではなく、個人としての目標を発表したいと思います。

(PCでは画像が切れていると思います。
画像をクリックすると、全体を見ることができます)

IMG_4287 (1)



たくさん書いていますが、

ほとんどのものは「習慣メニュー化」してあるので、

一日にすべきことは、それぞれ、さほど多くはありません。

今年は、「なぼゼミ」の運営、自身のセミナー開催、

そして、上の子の高校受験サポートと、今までになく忙しい夏になりそうです。

最後まで、倒れず乗り切るために。

無理をしすぎず、それでも自分のやりたいこと、やっていきたいと思います。

第8回「ヴァ夏」の成果 (個人の報告) #vana8

今年で第8回目となる、ネット共同学習企画「ヴァーチャル夏休み」(通称・ヴァ夏)

長いようで短かった42日間も、今日で終了です。

今日は、私個人の「ヴァ夏」での成果について、ご報告したいと思います。



今回の「ヴァ夏」では、以下のような手書きの目標を立てていました。


IMG_9823.jpg




この中から、まずは数値、形として表せる成果について、書き出してみます。


The Power of Less: The 6 Essential Productivity Principles That Will Change Your Life  聴了

(注:リンクはAmazonの書籍版です。)

前向きになれる内容のものは、聴いていて気持ちがいいです。

手元にも積読ならぬ、”積聴”になっているものがたくさんあるのですが、内容を優先して選んでいきたいので。

次回用に、The Willpower Instinctを購入し、待機中です。


・ウォーキング 59km 達成

アプリ"Runkeeper" にて記録

小・中学校の休み期間中、ジムに行けなくなる分、ウォーキングに精を出しました。

子供と一緒にポケモンGOをしながら(もちろん歩きながらではないです)、

コミュニケーションを取ることもできました。


The Happiness Project (Revised Edition): Or, Why I Spent a Year Trying to Sing in the Morning, Clean My Closets, Fight Right, Read Aristotle, and Generally Have More Fun 44パーセントまで読了

100パーセントの完全読了とはなりませんでした。

他に、日本語の本を読んでいた(※メディアマーカーにて記録)分、洋書に充てられる時間が減りましたが・・・

「読むこと」に関しては、英語・日本語、ジャンルを問わず、トータルで考えているので、

毎日何かしらの読み物に触れ続けることができたのは良かったと思います。


・プランク 160秒達成 

アプリにて30日分の「ビギナー1コース」を達成しました。

現在、「ビギナー2コース」13日目です。




数値として表せることの他にも、できて嬉しかったことがいくつもありました。


・家族とたくさんコミュニケーションをとること

・家族の「やりたい」を応援すること (将棋や数学検定の合格など)

・普段会えない友達に会うこと

・普段出かけられない場所にでかけること

・普段できないことに挑戦すること



これらは、自分の心の中に宝物として残ると思います。



反省点としては、

・ビールを飲み過ぎてしまったこと

・自炊回数が減ってしまったこと


(どちらも数値記録あり)

ですが・・・これらは、9月以降で調整をしていきたいと思います。





以上が、私の「ヴァ夏」総括です。

今後は、「ヴァ夏」期間にできた習慣の種をじっくり育てていくこと、

そして、期間中停滞しがちだった、それまでの習慣(ジム・節酒・自炊など)を通常ペースに戻していくこと

この2つを心がけていきたいと思います。

そういった意味で、9月の1ヶ月間は、再び習慣を見つめ直す期間になると思います。

今の自分に合ったものを、自分のペースで続けていけるよう、頑張ります。





最後になりましたが、今回も「ヴァ夏」にご参加くださった皆さま、

本当にありがとうございました。

初めてとなる、70名を超える皆様とともに、この夏を完走できたこと、

大変嬉しく思います。

またこれからも、いろいろなお話ができるのを楽しみにしています。

どうぞよろしくお願いします。






 








第8回ヴァーチャル夏休み、開催中です! 〜ヴァ夏に対する個人的な思い〜 #vana8

今からちょうど8年前。

上の子が、小学校で初めての夏休みに入る前。

正直なところ、ものすごく憂鬱でした。

私にとっても、初めての「小学生の母」としての夏休み。

宿題をさせなくちゃいけないこと、当時まだ1歳になったばかりの下の子のお世話に明け暮れていたこと・・・。

昔、楽しみにしていた「夏休み」のイメージとは懸け離れた、大変なことばかりが思い浮かびます。

「嫌だなぁ・・・」

そんな愚痴ばかりが出てしまっていた自分に、ふと、ある思いが湧いてきました。

「どうせ大変なのだったら、この期間をイベント、お祭りのように楽しんでしまおう!」

「子供だけでなく、自分にも"宿題"を出そう。それをやり遂げることができたら、きっと達成感があるはず」



そんな思いで、自分にハッパをかけるために始めた”ひとりイベント”、「ヴァーチャル夏休み」。 

思いがけず、多くの方に賛同していただき、初回から皆で楽しむ企画としてスタートしました。

初回の記録が、別ブログに残っています)


そこからの8年間。

自分にとっても、いろいろなことがありました。

初めての「ヴァ夏」が成功に終わり、感動に包まれていた直後の9月中旬、父の病気発覚(その年の11月に他界)。

個人的な中傷攻撃を受け、ネット活動自体ができない期間もありました。

(ブログ"100 WISH LIST"を共同執筆している、エミコフさん、Yukoさんには運営に関することで大きく助けていただきました)



毎年、いろいろと状況が変わっていく中で。

それでも、

仲間がいれば、自分だけでは達成できないことも、実現できること

自分で決めたことをやり遂げる達成感を、仲間と分かち合えること

その喜びだけは毎年変わることなく、気付いたら8年目を迎えていました。



あの時、小学1年生だった子が、もう今は中学2年生。

下の子も小学2年生、二巡目の「小学校の母」生活です。

8年前に感じていたような、「嫌だなぁ」の気持ちは、今では全くありません。

自分で工夫すること、工夫すれば大変なことでも楽しむことができること。

「ヴァ夏」という企画を通して身につけることのできた、大きな力、財産だと思っています。



そして。

亡くなった父にも、その後の8年間を褒めてもらえるのではないかなと思います。

初回「ヴァ夏」が終わって、父の看護が始まった時、

「必ず英語の職に復帰するから、安心して」(当時、無職3年目でした)

「全国に仲間がいるから、絶対大丈夫」

しっかりと自分の言葉で、そう伝えました。

そんな仲間に支えられ、今、多くの方に英語を教える、充実した毎日を送っています。



ものすごく、個人的なことばかりな記事となってしまい、失礼しました。

「ヴァ夏」に関して、大きな思い入れがあること。

その思いに共感していただき、毎年本当に多くの方にご参加いただけること。

そして、それに対する感謝。

記事にすることで、自分にとっても、思い返す貴重な機会となりました。



今までヴァーチャル夏休みにご参加いただいた皆さま、

そして、今年もヴァーチャル夏休みにご参加いただいている皆さま、

本当にありがとうございます。

皆さんが「ヴァ夏」を大切に思ってくださることが、今までこの企画を続けられた一番の原動力になっています。

そして、そんなふうに支えてくださる皆さんのおかげで、今の自分があります。



今年もまた、多くの方と、ぜひ楽しく熱い夏をご一緒したいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。




「ヴァーチャル夏休み」(通称:「ヴァ夏」)企画・責任   

なぼ (横井菜穂美)





〜ヴァ夏、絶賛メンバー募集中です〜

詳細はこちらをご覧ください。

第8回 「ヴァーチャル夏休み」を開催いたします!  100 WISH LIST



習慣を見直す  ( #kickstartyy2016 企画の個人的振り返り)

ここのところ、ご報告続きで、自分の習慣について振り返ることが後回しになっていました。

もう一つの共同運営ブログ (100 WISH LIST)のほうで開催していた企画についても、個人的な振り返り、反省について、まだご報告ができておらず・・・。


習慣が身に付いたかどうか振り返る4つのポイント - 100 WISH LIST


大変遅くなりましたが、上記記事の方法で、今回自分が課題として設定したことについて、振り返ってみたいと思います。


1:課題の量は適切であったか

今回私が自分に課したのは、「CBS News の 60 Minutes のポッドキャストを、3週間毎日、少しでもいいので聴き続ける」というものでした。

60 Minutesは、聴き出すと面白いのですが、なぜかつい溜め込んでしまう状態が長い間続いていました。

今回、その状況を打破したく、「毎日」としましたが、「毎日」というには、ほど遠い惨憺たる結果でした。

ペースの面では目標達成とは行きませんでしたが、課題として意識をして取り組んだことで、今後、このようにすればうまく行くのでは?という方針が立ちました。

・60 Minutesは毎週月曜に更新される(1本に3つの話)ので、更新頻度に合わせ、「1週間に3話聴ければよい」とする

・まずは、ざっと聴いて、3話の中でも、特に自分が繰り返し聴きたいものを見つけるようにする



2:課題の内容は、現在伸ばしたい内容に合うものであったか

私が今回この課題を選んだのには、2つの目的がありました。

・「興味のあるものを聴くことで、リスニング能力を維持したい」

・「ここに出てくるような内容について、自分も話せるようになりたい(話題そのものもだし、使われている語彙・表現を自分でも使えるようにしたい」

続けてみて気づいたのは、自分の中で後者の目的のほうが大きいということ、けれど、”直近の自分の仕事にはあまり関係がない”という事実でした。

・・・それが分かったからと言って、「じゃあ今はやらなくていい」と切り捨てたくはありません。

(特に、この内容については、短期集中ではなく、少しずつ積み重ねていかなければならないことだと思うからです)

今、書きながら、自分の中で「続けたい」という思いがハッキリしてきました。



3:他にできたことはなかったか

1月は、課題を設定した時点では全く予測もしていなかった2つのことに集中することとなりました。

・ランニング(運動)

・放送大学 単位認定試験

この2つ、それこそ「やってみなきゃわからない」「やってみてものすごくハマった」ことでした。

自分の中では、英語と英語以外のことというのは同列にあり、この2つに集中できたこと、習慣付けて取り組めたことは、本当に喜ばしいことだと思っています。

「結果がすぐでることなのか、でないことなのか」、「仕事に直結するのか、しないのか」、優先順位という点で言えば、「えっ?今?」と思われるようなことかもしれません。

ですが、(課題として決めたことではなくても)これだけ集中してできたこと、続けられたことは、同様に尊いことだと思うのです。

ここで得た「頑張ればできるんだ」という自信を、当初決めていた課題のほうにもつなげていきたいと思っています。



4:今後も続けたいかどうか

3で少し話はそれましたが、60 Minutesについては、やはり続ける方針でいきたいと思います。

具体的な方法として、

・1に書いたペースで、

・車の中など、声を心置きなく出せる場所で(シャドウイングや、使いたい表現のみ繰り返し声に出す)、

・特に覚えたいと思った単語やフレーズ、文はノートに書き出して


取り組んでいきたいと思います。




1ヶ月取り組んでみた結果から導きだした、これからの方針。

また定期的に見直して、自分にとって一番しっくり来る形を見つける、その過程を楽しみながら続けていきたいと思います。

また、今後もこちらでご報告させていただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。





【PR】

電子書籍発行を記念して、佐々木正悟さん主催のイベント@品川に、ゲスト登壇させていただきます。

ライフハック@なぼさん

【PR】

電子書籍、好評発売中です。



【PR】メルマガ創刊しました♪

第7回ヴァーチャル夏休みの目標 #vana7

毎年、もうひとつの共同運営ブログ、100 WISH LISTで企画させていただいている、大人の夏休み学習企画、「ヴァーチャル夏休み」(通称:ヴァ夏)。

今年で、なんと7回目を迎えることができました。

7月21日に無事にスタートし、現在40名を超えるメンバーの皆さんと、ともに日々の学習をがんばっています。

(詳細や参加方法は是非こちらをご覧くださいね: 第7回 ヴァーチャル夏休みを開催いたします! #vana7 )


・・・と言いながら、管理人の私。

先週末のTOEIC対策追い込みのため、自身の目標の報告が遅れてしまっていました。(課題自体にはすでに取り組んでおりました)


今回のヴァ夏課題は以下の5つにしたいと思います。

(1)TOEICの問題を1100問以上解く →達成

「6月に対策した問題数を超えたい」という思いで取り組みました。

(2)英字記事を100本以上読み、ツイッターに要約(もしくは簡単な感想)を載せる

現在10本。(※読み方、目標本数ともに、今後変更の可能性があります)

(3)単語・フレーズノートを作る(最低100個以上)

TOEICを対策している中で、ビジネス関連の語彙の弱さを痛切に感じています。
TOEIC対策としての語彙補強(方法は昨日の記事に書きました)を中心に、他の英字記事で出会った単語・表現をノートに書き出していきたいと思います。

(4)ダニエル・ピンク Drive: The Surprising Truth About What Motivates Us を読み切る

確か、年始のキックスタート企画のとき、洋書読みのいい流れができ始めていたのですが、またまたフェイドアウトしてしまっていました。開始時のパーセンテージは、確か66%。これを期間中に読み切ります。

(5)ウォーキング年間トータル300キロを超える

7月28日現在の達成キロ数は、267.7キロ。年始時点で、年間の目標としていた300キロを超えることに挑戦してみたいと思います。


以上の5つです。

本当は、自炊の品目数や、ビールの本数(!)など、小さな数値目標もあるのですが、見せることによる、いい意味でのプレッシャーを得てがんばるのは、以上5つだけにしたいと思います。

それでは、ヴァーチャル夏休みメンバーの皆さん、ともに8月31日の目標達成を目指して、がんばりましょう!

そして、興味を持たれた方、是非お気軽にご参加くださいね!!

第7回 ヴァーチャル夏休みを開催いたします! #vana7






祝・年末年始学習企画 #kickstartyy2015 個人目標達成! 企画前、中、後の自分・・・自分に起きた変化

ブログ 100 WISH LISTで主催している、2015年の英語学習を「成功体験」から始めよう #kickstartyy2015 企画。

私個人が目標として設定していた、「The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Businessを読む」を1月23日に達成しました!

今回のブログ記事では、企画に参加する前・途中・参加後と、自分に起きた変化を順を追って振り返ってみたいと思います。

・開始前の状態

開始時点で32パーセントまで読み進めてあった、この本。

以前ブログにも書いたことがありますが、洋書を読むことに対してどうもハマりきれない自分がいて・・・。
英語歴が長い割には、最後まで読むことが出来た洋書は、本当に少ない冊数しかありませんでした。

#kickstartyy2015 の期間の日数で割ってみると、1日2パーセントずつ読めばなんとか達成できる計算。

自分にとっては、正直あまり楽な数字ではなかったのですが、「途中まで読んである」ことによって、「ちょっとでも手がつけてあるから、ハードルが低い」「途中で気持ち悪いし、早く終わらせたい」という心理が働くので、その気持ちにかけて、この本に挑戦してみることにしました。


・企画挑戦中を振り返って

挑戦中は、とにかく集中して読むのみ。ツイッターで進捗状況(○パーセント)を報告していたので、報告することを励みに「1パーセントでもいいから読む」という気持ちで、進めました。

一日に読む量としてはあまり多くはありませんが、「読めた日数」に関しては、格段に増えたと思います。

「さあ今日はここから読もう」とKindleを手に取ったときに、前に読んでいた内容を忘れていない(=すぐに話に入り込める)というのは、自分にとって「続けるキー」となる大きなポイントだと思いました。


・挑戦したことで訪れた変化

1ヶ月やそこらで、洋書を読むことを習慣づけられるのか・・・。

実は以前にも挑戦したことがありましたが、その後継続的に読み続けることはできませんでした。
ですが、今回は、そのときとは違う大きな手応え、変化をいくつか感じています。

そのうちの一つは、「自分がどういうものを読みたいのか分かった」という点です。

この洋書読みの習慣、(そしてまたこれは別の記事にしようと思っていますが)年が明けてからウォーキングの習慣もかなりいい調子でつき始めていて、それによって「もっと他のことも頑張ってみたい!」といういい流れが出来てきています。

そこで、これも以前に放置してあった(!)オーディオブックなのですが、今回の課題図書と同ジャンルの Switch: How to Change Things When Change Is Hard (注:このリンクは洋書版です)を聴いてみることにしました。

すると、The Power of Habitのほうで出てきていたのと同じ実験が、このオーディオブックで触れられていたことに、大興奮(笑)。

一気に、この本自体への愛着も高まり、もっと聴いてみたいという気持ちが高まりました。

これらの本のどういう点が好きなのだろうと、自分自身考えてみると、理論的な説明の後に、個人の例が述べられている点なのでは?という仮説が浮かんできました。

これは自分にとっては、大きな発見。最近小説や映画にハマれなくなっていた自分ですが、ノンフィクションというか、そういう実際にあった人の話を聞くのはとても好きみたいです。

ちょうどこのジャンル・・・この手の本を今までに結構「積読」してあるので、まだまだ楽しめそう。

仮説が本当だったか?も含めて、今後のこと、またきちんと報告していきたいと思います。


※リンクはすべて洋書版です
 


2015年の英語学習を「成功体験」から始めよう #kickstartyy2015 開催中です + 自分のモチベーションをコントロールする工夫 

もうひとつのブログ、100 WISH LISTにて年末年始特別企画を開催中です。

その名も、

2015年の英語学習を「成功体験」から始めよう

です。”ヴァ夏”のような略称がないので、使用しているタグ名でもある ”キックスタート2015”と呼んでいただけると嬉しいです。

この企画は、文字通り、新しい年のスタートを「目標達成できた!」という嬉しい気持ちから始めようという企画です。

どんな小さな事でも、一つのことをやり遂げることが出来ると、それが大きな自信につながり、じゃあ次はこれをやってみよう、次も頑張りたいという原動力がわいてきます。

それがこの企画の目的なので、あくまで目標は小さく。

最初に入れるべきスイッチが、なかなか押せない、もしくは失敗してしまったのでは、意味がありません。

そして、この企画、2015年と名がついてるのですが、実はもうスタートしているのです。

それには大きな理由があります。

=====

自分のモチベーションをコントロールするために、私は時々、自分の気持ちをうまくだます(?)ことがあります。

例えば、今回の企画。

2015年の話なので、1月1日からやればよいのですが、それを前倒しでやっておく。

自分で決めた日付より先んでてスタートが出来ると、なんだか自分に勝ったような嬉しい気持ちになり、出だしの波に乗りやすいです。

また、今日もたまたま、昼間、ああ!これが自分なりの工夫だなと気づいた事があります。

今日は、年賀状を仕上げる以外、何もしないと決めていました。

年賀状の投函が終わったのが、ちょうど昼の11時前。

やると決めたことができているのだから、今から先できることは、もうどんな小さな事でもプラスαだ、すごいことだ!って思ったんです。

よくイメージするのが、スーパーマリオのボーナスステージ。あのコインをとる独特の音を思い浮かべながら、細々した事を片付けて行きました。

どちらも、

・自分が決めたことより先んでて、自分に勝ったような気持ちになる

・自分が決めたことをさっさと終わらせて、あとはプラスαで「もっとできてる私、すごい!」と感じる


自分にちょっとでも勝つことができると、自分ってすごいな、もっと頑張りたいなという気持ちがわいてくるのです。


======


話がすこし逸れましたが、こんな感じで、年末年始の学習企画を行っています。

なんでこんな忙しいときにやらなくちゃいけないんだ!?・・・ではなく。

忙しいからこそ、ちょっとでも出来る自分、すごいな!と思っていただける企画だと思います。

是非、お気軽にご参加くださいね!


詳細は、以下のページで是非ご確認ください♪

【100 WISH LIST・年末年始特別企画】2015年の英語学習を「成功体験」から始めよう #kickstartyy2015


ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング