FC2ブログ

#放送大学 単位認定試験の結果が出ました

放送大学、2017年度第2学期の単位認定試験の結果が発表されました。

サーバーが混み合っていたため、見ようと試みてから数時間後。

ようやく見られる状態になりました。(2月14日午前11時現在)



初めての4科目受験ということで、必死の思いで受けた結果

こうなりました。


「権力の館を考える」  B

「日本の古代中世」   C

「危機の心理学」   Aマル

「人格心理学」     A



この中でもとくに感慨深いのが、「権力の館を考える」です。

中間課題も試験も、ともに記述で、

それまでの自分だったら、全く手も足も出なかったような内容だったので、

この成績をつけていただけたこと、本当に嬉しく思います。

(いわゆる試験のための詰め込みではなく、映像授業もしっかりと見て、

自分で考えるということに、一番時間をかけました)


「日本の古代中世」は・・・試験後の答えあわせで、

全然できていないことがわかっていたので・・・Cでも御の字。


心理学2つは、すごく嬉しいです。

これらの科目は、2017年1月に友人たちの前で、

「心理学を学ぶ!」と宣言し、受講したものです。

友人たちとの誓いが守れて、本当に良かった。

そして、今、心理学関係の洋書・和書を読むたび、

知識が繋がっていく感覚があって、すごく楽しいです。


=====

とにかく、自分で決めた5科目(※1学期に1科目は取得済み)を

最後までやりきることができて良かった。

頑張った自分をねぎらいつつ、次の学期の科目をじっくり選びたいと思います。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村


【My 100】#放送大学 単位認定試験 全科目受験終了

昨日で、放送大学の単位認定試験が無事に終了しました。

IMG_6479.jpg

今回は、2011年に入学して以来、最多の4科目受験。

8日間で4科目というのは、想像を絶する大変さでした。

(最後まで受けていたら仕事に間に合わないので、

途中退出して、大急ぎで地元に戻った日も・・・)



私は、卒業を目指しておらず、毎学期1〜2科目のペースで受講をしています。

今年(2017年度)に限っては、上の子が受験生ということもあり、

私自身も仕事のペースを抑え、学びの割合を増やすつもりで

いつもより多い5科目を登録しました。

(注:第1学期に1科目だけ受験、合格しています)



ですが、ふたを開けてみたら、今までで一番仕事が忙しくなった一年・・・。

1学期に受けられず、最後のチャンスに賭けたこの4科目が、

昨年後半、本当に重くのしかかっておりました。




それでも、

「なんとか試験は受けたい」(自分で授業料を払っているのですから)、

「自分との約束は絶対に守りたい」、

その思いで、なんとか1月の試験期間を走り切りました。

上の子の受験×2だけではなく、下の子のインフル罹患など、

さまざまな試練が訪れたのですが・・・

「もう訳がわからない!」と嘆きながらも、夢中でやりきったことが、

自分の中で大きな達成感、自信へとつながりました。



=====



結果が分かるのは、2月中頃。

それまで科目としての成績はお預けですが、

自分自身の「がんばる」に関しては、

最上級の評価を与えたいと思っているので。

My 100 WISH LISTの一つ、達成です!



IMG_6483.jpg


にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村

放送大学 2013年度 学部単位認定試験 受験を終えて

2011年10月から、放送大学で勉強しています。

受講の理由は、学生時代に学び残したことをもう一度最初から勉強したかったから。

それは現在、国連英検特A級を受験している理由の一つでもあります。

「国際問題に関する勉強を学部でもサークルでもしてきたはずなのに、

新聞に載っているような基礎的なことも理解できない」こと。

「それ一つで戦える専門性を身につけられなかった」こと。

それが、自分にとって長い間コンプレックスとして心の中に残り続けていました。



十何年の時を経て。

それを嘆くだけでなく、国連英検の挑戦を始められたこと、

そして、放送大学での勉強をスタートさせられたことは、自分にとっての大きな転機となりました。



2014年、今日現在、国連英検特A級合格という夢の実現は、まだお預けとなっています。

放送大学での学習も、数教科単位が取れただけでは、身の回りの環境が劇的に変わるような、

分かりやすい変化をもたらしてくれたわけではありません。

(それでも、国際情勢を勉強することで、「私に見える世界」は大きく変わってきています)



年初にも書きましたが、

「10入れて、10得られるような分かりやすい成果を求めない」、

大量のインプットをして、その後に自分の中に残るものが、私らしさだと思っています。

遠回りに見えるかもしれませんが、

それが大変なほど、「私らしさ」の深みは増す。

そう信じて、来期も受講を続けて行きたいと思っています。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

【放送大学】 学生証を受け取りに行きました

今日は、先日の記事でも書いた放送大学に行ってきました。
3月末に「入学者の集い」があり、本来ならそこで学生証を頂くのですが、今回は別の用事で不参加。

学生証は、都合が合わなければ後日受け取ることも可能(試験当日でもよい)ですが、今回は他の場面で使う可能性があるため、早々に受け取りに行ってきました。


バスの通る大通りから、突然目の前に現れる大きな建物群。
放送大学の三重学習センターは三重県総合文化センターという複合施設の中にあります。
8618828396_c24b44d779_n.jpg


こちらは三重県総合文化センターの正面。
8617720607_bfe1c5f3ce_n.jpg


中に入っていくと、生涯学習センター(写真)があり、こちらの4階に放送大学の学習センターがあります。
8617721435_eebe9b5284_n.jpg


普段、講義は自宅で視聴するため、学習センター内で視聴したのはまだ数回なのですが、施設、設備もとても綺麗で、居心地はとてもよいです。

私の通う三重学習センターは近鉄津駅からバスで約7分ほど。
バスは多い時間帯でも1時間に2本しかないため、タイミングが合わなければ歩きます。

8617771915_0a003ae71d_n.jpg
※アプリRunKeeperにて計測

今日は、歩いて約20分。
毎回、健脚になっていくのか、記録が短縮されている気が。


実は先ほども書きましたが、家でも講義を視聴することができます。
今回私の受講している科目、聴講したい科目は全てインターネット視聴(在学生のみ)も可能なので、本当に便利なのですが、こうしてセンターに行くのも、また気分が変わってよいです。

特に、自宅近くの駅から津駅までは結構時間がかかるので、電車内で勉強するのも楽しみの一つ。
今回は、Kindle, 文庫、テキストと3種類、飽きたら変える方式で読み進めました。

せっかくセンターまで行ったということで、講義も2本分視聴。
大変幸先の良いスタートとなりました。


8617720943_752dab4294_n.jpg
写真は学生だけでなく一般に使えるロビー。
試験期間は、ここで勉強する学生の姿も見られます。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

放送大学  ~受講1年半で私が身につけたこと~

1年半前。
ちょうど国連英検の受験に合わせて、受講を開始した放送大学

最初は、半年間受講の科目履修生で1科目だけ。
それを無事終えることができて、「やればできるかも?」と、1年間の選科履修生へ。
そしてこの4月からは、とうとう全科履修生となります。

8597503916_7c66e53688_n.jpg

この1年半で得た収穫が2つあります。

一つは、世界史の面白さを知ったこと。
高校時代の授業で、全く面白さがわからず、すっかり流すだけの教科となってしまった世界史。

それが、高橋和夫教授の「現代の国際社会」を受講したことで、一変します。
講義自体ももちろんとても興味深いものだったのですが、自分が一番驚いたのが、その分厚いテキスト。
届いた時に、これは・・・ムリ、とショックを受けたのですが、いざ読み始めたら、すっかり引き込まれていたのです。
その面白さが、この年齢になって分かるようになるとは思ってもみませんでした。

そして、自分がずっと興味があると思っていた国際情勢が、歴史と深く関わりがあるということに、ここで初めて気づいたのです・・・恥ずかしながら。
でも、遅くなっても、気づくことができて本当によかった。


もう一つは、記述式の試験でAの○付きの評価(90点~100点)をいただけたこと。
試験の評価として嬉しいのはもちろんなのですが、自分がずっと感じていたコンプレックス(大学でレポートや論文の書き方を全く学ばずに卒業してしまったこと)が、やわらぎ昇華していくのを感じました。
書き方への評価なのか、内容で押し切ったのかは成績表だけでは分かりませんが、これからもっと頑張りたいという励みになりました。



この4月からは、三浦徹教授の「イスラーム世界の歴史的展開」を受講します。
高橋教授の講義で興味が出たことを、さらに興味範囲を狭めて、学んでいきたい。

大学時代、広く浅くの知識しか得てこなかったという”引け目”を、自分の行動で乗り越えていきたいです。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

#放送大学 平成24年度第2学期の科目登録完了しました

放送大学 平成24年度第2学期の科目登録をしました。

今回申請をしたのは、

・世界の中の日本

・Political Economy of Japan


です。

「世界の中の日本」は、今期の「現代の国際政治」に続き、尊敬する高橋和夫教授の講義。

「現代の国際政治」の成績で、あと一歩頑張りたかった分、こちらの講義でリベンジしたいと思います。

"Political Economy of Japan"のほうは、講義は全て英語。

今、自分が国際問題を勉強している中で、基礎的な知識の不足から、「日本語で基礎を理解」→「その上で英文を読む」のステップを踏まなければいけないことが多いです。

この講義ならば、英語で直接理解ができそうなので、期待をしています。国連英検の面接に役立ちますように。

______


今回、エキスパート制度の申請を意識して、もう数科目欲張って取りたかったのですが、無理をして科目ごとの理解が薄くなってしまうのを避けるために、2科目にとどめておきました。

(放送大学の受講は、自分が大学で学びきれなかったことを一から学び直す機会ととらえています。)

とはいうものの、「山があると登りたくなる」「コンプリートすべきものがあると、つい目指してしまう」性分なので・・・。

長い目で見て、他教科も受講していきたいと思っています。

テーマ:生涯教育 - ジャンル:学校・教育

放送大学「入学者の集い」に参加して

9月25日。昨日、放送大学「入学者の集い」に参加してきました。



放送大学の講座受講を本気で考え始めたのは、今年の6月前後。
それまでも、何度か興味を持つことはあったものの、自分の中での「もう一押し」決め手となる動機がなく、その都度思いは立ち消えしていきました。

今回、その踏ん切りがついたのは、国連英検を受験した(している)ことが大きいと思っています。

国連英検の受験を決めた理由の一つが、「大学でやり残した勉強を、もう一度しっかりとやり直したい」ということ。

国連英検に合格したいから勉強するのか、
勉強したいから、国連英検を受験することに決めたのか。


今となっては、どちらが目的でどちらが手段だったのか、自分でもよく分かりませんが、一歩を踏み出すきっかけとなったことだけは確かです。

よかった、動き出して。



さて。昨日の「入学者の集い」の感想です。

私の住む県で、この集いに参加された方は40人前後。男女、あらゆる年代の方が来ていらっしゃいました。
同じ年代の女性は4、5人ほど。なんとなく、退職した後の男性が多かったような気がします。

実際に他の受講者の方とじっくりお話しする機会は持てなかったので、あくまで私の個人的な印象なのですが、ここは「皆で和気あいあいと学ぼう」と場ではなく、一人ひとりがストイックに学んでいくところなのだと感じました。

普段、ネットで出会う皆さんと、「皆で」学ぶこと、「ともに」成長していくことが何よりも好きな私にとっては、ほんの少し寂しい、物足りない気持ちに・・・。

ですが、それこそ仲間づくりのために入学したわけではないので、それを求めるのはお門違いのはず。
長い間ここで勉強をしているうちに、そういう仲間は見つかっていくかもしれませんが、最初からそれを求めてはいけないと感じました。



学習センターへの往復の電車の中で、講座2回分のテキストの予習をすることができました。
講座の放送自体は10月からで、まだ始まってはいませんが、ひとまずゼロで投げ出すことは回避できたようです。

それでも挫折しないか、ものすごく不安。
ストイックになれるの?私!?


(ブログを書いているうちに、逆に不安が高まってきた・・・なんてことだ)

受講した教科自体の知識を深めるのはもちろんですが、今までとは違った環境の中で勉強を続ける工夫、その方法を見つけ出すことも、自分にとっていい経験になると思います。

頑張ろう、私。

何事もすべて勉強じゃ。







テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

”新書50冊読破”プロジェクトのその後

こないだ、ふと自分のブログのカテゴリーを見てみたら、「”新書50冊読破”プロジェクト」なる文字が。
さらに目を凝らすと、記事数は2。

はい・・・分かります。

気持ちが高ぶると、えいっと自分で企画名をつけて、頑張るぞ♪と盛り上がるのですが、
こんなふうにうっすら立ち消えていくものもあります。

・・・ん?立ち消えてもないみたい。

こないだ記事でもご紹介したメディアマーカーで確認してみると、割と読んでいるではないか。

自分のバインダーから新書タグをつけたものだけ抽出したページ→こちら

プロジェクトを始めた期間から考えると・・・まだ2、3冊なんだけど、いいや、全部入れちゃえ。

ただいま、6冊読了。
7冊目も終わり間近。



このブログで感想文を書こう・・・というのがちょっと敷居が高かったみたい。
メディアマーカーのほうでも感想を書きとめておくことができるので、読了の登録ついでにパパッと書いちゃう。
そうすれば、無理なくプロジェクトも続けられそう。

7冊って数を見ると、結構弾みがついてくる。
現に今読んでいる池上彰さんの本は、続編も用意してあるし、読む気満々。

勢いがついてきたことだし、この調子でどんどん行きたいと思います。



もしよろしかったら、「そういいながら、どこまで進んでるんよ・・・」とたまに覗いてやってください。

nabo64のバインダー 新書タグ付き




テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

日本史方式

さっき気付いて、ハッとしたこと。

日本史って、小・中・高で3回習うよね。(科目選択によっては2回の場合もあるか)
あのシステムって、最強。

最初に、土台となる主要な歴史事項について学んでおく。
そして、その骨組みがあるところに、より詳細なことをつけ足していく。


これって、どんな学習にも応用できる。
というか、学習ってそういうことだと思う。

自分の中で、最初に骨組みをしっかりと組み立てておいて、それに肉付けしていくイメージ。


当の日本史は、細かくなるごとに嫌いになっていったんだけど(!)、
自分の興味のあることならば、その肉付け作業が面白くてしょうがない。
自分の中で、知識が太く、しっかりと育っていくのがイメージできるから。
だから、文法学習や時事問題についての学習を、いつまでたっても続けていられるんだな・・・。

今日の気づきでした。

l_lt01_01.gif

今日の数字
4444
4月16日0時現在のEvernoteのノート数。
ゾロ目だ。
ゾロ目ってなんか怖いの私だけ? デミアーン!


テーマ:勉強している主婦 - ジャンル:結婚・家庭生活

一から学ぶ宣言

国連英検。
自分が興味のあるテーマで、今読んでいるのは、この本。

民族という名の宗教―人をまとめる原理・排除する原理 (岩波新書)民族という名の宗教―人をまとめる原理・排除する原理 (岩波新書)
なだ いなだ

岩波書店 1992-01-21
売り上げランキング : 285936

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


学生時代、サークルで読んだので、本の中に赤線がたくさん引っ張ってあるのだけれど・・・。
まぁ、見事に覚えてない。
初めて読む本がごとく、「ああ、そうなんだ!」と思う発見ばかり。

l_lt01_01.gif

突然ですが・・・。

”新書50冊読破”プロジェクト、始めます。

「時事問題に興味がある」と言いながら、あまりに薄っぺらな知識しかない自分が、ものすごくイヤ!
もう、この年になると(!)、「あんた、そんなことも知らないの?」なんて言ってくれる人はいなくなる。
自分でしっかり勉強していかなきゃ、イタイ子で終わっちゃうよ・・・。

新書と決めた理由は、とっても単純。
新書ならとっつきやすい。昔買ったものもたくさんある。

mediamarker(メディアマーカー)
っていう読書記録サイトを利用しているのだけれど、
それで振り返ってみると、ここ数カ月で読んだ新書は3冊。

おお・・・いいじゃない。50冊って目標を思いたったときに、思いがけずもう3冊も読んじゃってるのね!というスタートダッシュ感。

「新書」っていうターゲットを限定することで、攻略意欲も高まるわ。

よし。これより、ガンガン新書攻めていきますぞ。

l_lt01_01.gif

今日の数字

3

ここ数か月で読んだ新書の数。
今年中に50を目指してがんばっちゃうもんね・・・と唐突に宣言。










テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語資格・英語試験へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング