FC2ブログ






雑誌「かぞくのじかん」を買いました  ~新たな習慣を投入してみる~

Amazonで注文した雑誌が届きました。


かぞくのじかん 2013年 03月号 [雑誌]




これは、一緒にネットで学習会をしている友達から教えてもらった雑誌で、今回「習慣」の特集ということを知り、早々に注文しました。(※年4回発行されている雑誌です)



習慣の大切さについては、これまでの人生で身にしみて感じています。

どんな大きな成果、夢の実現も、毎日の習慣で成り立っている。
だからこそ、日ごろから手帳やiPhoneアプリを使って、習慣の実行には常に注意を払っています。

何を習慣にするかしないかで、自分の送る人生のクオリティは大きく変わると思うのです。

何を習慣にするか決めること。
それはつまり、「どのような人生を生きたいか」を選ぶことなのだと思います。



・・・ですが。

そのような大事な習慣の吟味・選択に、ふと他の人の視点を取り入れてみたくなりました。

自分がこうすべきだと凝り固まっている見方が、別の習慣を取り入れることで何か変化していくかもしれない。
そのような期待を感じています。

これから、この号を読んで、いろいろと試していくのが楽しみです。

「ムダに過ごすはずだった時間を有効に使えたお話」の裏話  ~もっと時間は有効活用できる~

昨日記事に書いた、「ムダに過ごすはずだった時間を有効に使えたお話」

実は、その時間。
本当は、ムダに過ごすはずだっただけではなく、普段なら仕事の準備(※)をしているはずの時間でした。
(※レッスンをするにあたって、教材作成や問題研究という準備の時間が必要となります)

それが今回、ちょうど別の予定と重なってしまいました。
それは仕事ではなく、私用だったため・・・一時は諦める方向に傾いていました。



・・・でも、初めからできないと諦めるのはどうなんだろう?

もちろん当日にしかできない内容もあるにはあるのですが、必ずしもその時間でなければできないことばかりではないのです。

そこで、今回このような方法をとることにしました。

(1)準備行程を細分化
7つほどのメニューに分けました。

(2)細分化したメニューの中で当日までにしておけるものを、毎日できる分だけ行っていく
約1週間前からスタート。

そして無事、前日(水曜)に、前もってできる分の準備すべてが完了しました。

これだけでも大満足だったのですが、よく考えてみると、その私用というのは待ち時間が多く手持無沙汰になることが予想されました。

そこで・・・

(3)今回のメニューを移動させたためにできなかったことを確認
記録を見てみると、「読む」関連の学習メニューが平常時より減ってしまっていました。
「読む」ならば、待ち時間にできることだし好都合。
「他にできることはないか?」と考えたら、ウォーキングもできることに気づきました。


そうして、昨日の記事のような結果に至ります。

(※しかも、前もって「事務的な」レッスン準備は終わっていたので、直前の準備はいつもより時間的・精神的ゆとりがあり、しっかりと行うことができました)



自分の仕事やライフスタイルの性質上、過ごし方は自分で決めていく必要があります。

その時間にしかできないことと、そうではないこと。

「もうこのスケジュールで動くしかない」と思いこんでいる時間も、まだまだ工夫次第でもっと有効に使えるかもしれない、そう思わせてくれる出来事でした。


にほんブログ村 IT技術ブログ ライフハックへ
にほんブログ村

Toodledo で家事もサクサク (2)ポイント交換も忘れない  #toodledo #iPhonejp

ショップやクレジットカードのポイントカード。

・・・なぜかポイントと聞くと、戦闘態勢に入ってしまう私です。

以前は、下手をするとポイントのために買い物する・・・ぐらいの本末転倒もしていましたが、

最近ではだいぶ落ち着き、マイペースに貯められるようになってきました。



それでも絶対に許せないのが、

貯めたポイントの期限が切れたり交換し忘れて、

使えないまま終わってしまう
こと。



そんな時に役立つのが、Toodledoです。

例えば、あるクレジットカードは、

自分の誕生月の月末までに交換しないとポイントが無効になってしまいます。

「そんなの絶対イヤだー!」

と、早速Toodledoに登録。

1年後にリピートするよう設定できるので、

次の年以降は放っておいても、ちゃんとリマインドしてくれます。



Toodledoの記事は以前にも何度か書いているのですが、

実はこのように、「仕事にバリバリ」という感じではないタスクを登録していることが多いです。

そのように使うのが本来の用途なのかもしれませんが、

今回のように、比較的たいしたことない(!)タスクを登録(あとは自動化)しておくことで、

本当に力を入れるべき大切なことに集中
することができます。


Toodledoの使用を迷っていたり、

どんなことに使ったらいいかと考えていらっしゃる方には、

こういうものから入れてみるのもお勧めです。




Toodledo活用例(家事編・その2)


ポイント交換の日を登録しておく



【関連記事】 Toodledo で家事もサクサク (1)セールの日を登録する



Toodledo - To Do List - Toodledo  Toodledo - To Do List - Toodledo





にほんブログ村 IT技術ブログ ライフハックへ
にほんブログ村




[ 2013/03/07 09:50 ] 【My「習慣」論】 タスク管理 | TB(-) | CM(-)

「年間行事予定表」、その後

「前の年の教訓を活かして、次の年にもっとうまく行動できるようにする」

ために作成した「年間行事予定表」(の下書き)。

ブログ検索して記事を書いたのがいつか見てみたら、

去年の9月でした。


【参考記事】 年間行事予定表(のためのメモ書き)作成中


あの時書いていたものが、こんなふうになりました。

前回の記事と比較していただくと、たくさん書いたことが一目瞭然です。


8531890479_15d4e5fdec_m.jpg



9月から現在までは、その都度、気づいたことをメモする形で。

まだ表を作ってから経験していない4月~8月は、昨年の記録を振り返る形で。

かなりの量のデータを書き込むことができました。



なぜ今振り返ったかについては理由があります。

4月以降、学校関連の役員の仕事を担当することになり、

今まで以上に時間をやりくりする必要がでてきました。

すでに3月中旬あたりから、子供たちの学校もイレギュラーになり始めるため、

「忙しくなるな・・・やっていけるかな・・・」という気持ちが押し寄せてきています。



こんな時こそ、今までの記録です。

どの時期にどのように忙しくなるかが分かっていれば、前もって準備しておくことができる。

「忙しさを分散させる」ことで、精神的にも余裕が出てくると思うのです。




ここに書いてあるデータの中で、

すでに日にちも決まって、何か行動しなくてはならないものは Toodledo

だいたいこの辺りだなというものは、モレスキンウィークリー

移しておきたいと思います。

「スケジュール」として書けないけれど、「忙しい」「比較的ゆとりあり」などの感情は・・・

とりあえず感覚として覚えておこう。



あとは4月になってから、子供たちの年間予定表を入手してから、

スケジュール帳に書くのを忘れずに。



このような形で、準備を進めていきたいと思います。




にほんブログ村 IT技術ブログ ライフハックへ
にほんブログ村




[ 2013/03/06 09:35 ] 【My「習慣」論】 タスク管理 | TB(-) | CM(-)

一週間単位で心地よく生きる (4)作戦その3 「土曜日に滑り込む」生き方をやめる

今日は、「一週間単位で心地よく生きる」ための作戦、3つ目。

実は、これこそが今回の作戦のキーコンセプトだと思います。



作戦その3 「土曜日に滑り込む」生き方をやめる

今年4月に、新しい仕事を始めて以来、あっという間に半年だった気がします。

特に、レッスンが週4日体制となり、それに子供たちの夏休みも重なった7月以降、

本当に1週間が過ぎるスピードが速く感じられるようになってきました。

予定の入り具合の関係で、週後半になるほど忙しくなっていき、金曜日がピーク。

まさに、土曜にすべりこむ(=疲れ過ぎて、朝起きられない。または昼寝をたくさんしてしまう)生活となってしまっていました。



これではいけない。

土曜一日を、丸々リセットに費やしてしまうのは、今の自分にとってあまりにもったいないと感じます。

「土曜に滑り込まない」

このフレーズが大変気に入った(!)ということもあり、早速実践してみることにしました。



一見漠然とした目標なのですが、実は、明確な判断基準を設けています。

それは、土曜の起床時間。

できたことを書きだすなど、他にも評価の方法を付け加えていくかもしれませんが、

まずは、これだけ測ってみたいと思います。

(今日は7時に起床。朝から、ずっと先延ばしにしていた衣替えを終わらせるなど、精力的に動くことができました)



土曜を意識するということは、他の日の睡眠の取り方についても考えることになります。

また、「週の後半にかけて忙しくなる」という現状を改善していくきっかけにもなります。

「土曜に滑り込まない」、それを合言葉に、一週間を充実させていきたいと思います。



作戦その3 「土曜日に滑り込む」生き方をやめる

=土曜の起床時間(した場合は昼寝時間も)をモニタリングしてみる。