FC2ブログ

スペイン語技能検定 5級を受験してきました!

2018年10月28日(日)、

一昨日、無事に、スペイン語技能検定 5級を受験してくることができました。

今日は受験後の振り返りをしておきたいと思います。


=====


受験中、そして受験直後の率直な気持ちは・・・

「話が違う!!」

でした。

(注:今はもう、すっかり落ち着き、

やるだけのことはやったという満足感で満たされています)




今回、こちらの問題集を使って勉強をしました。




スペイン語検定対策5級・6級問題集[改訂版]《CD付》



6級が現在形のさわりだけだったのが、

5級では、さらに点過去、線過去、過去分詞、未来形、現在分詞

覚えなければならない活用が格段に増え・・・。

学習のリズムがつかめるまで、かなり時間はかかりましたが、

なんとか、これはいけるのではないか?という手応えを感じるところまで、

準備をすることができました。

(活用に関しては、それぞれ10回近く問題を繰り返したと思います。)





それが、試験当日。

・・・蓋を開けてみて(=問題用紙を裏返してみて)、びっくり。

出題形式が、問題集の模試とは一部違っていて、

さらに、問題集にはなかった「関係詞」が出題されていたのです。



この問題集にある模試の形式でいうと、

大問2(過去形の動詞の穴埋めと和訳)がなくなっていて、

いきなり大問3の単語を選択する問題に。

その中に、数問、関係詞を選ばせる問題が出てきていました。

また、あとのほうで和訳のみの大問があったのですが、

その中にも、関係詞を使ったと思われる問題が1題含まれていました。



大問2で、いきなりこれだったので、かなり動揺しましたが、

問題を解きながら、これはきっと関係詞なのだろうと見当をつけ、

英語の知識なども最大限に使って、なんとか該当の問題も解いてきました。


=====


受験中、そして直後は、こんなことあるの!?と動揺していました

(もっと言えば、苦情ものなのでは?とさえ感じていました)が、

今になって冷静に考えてみれば、

こういうこともあって当然なのかと思います。


この問題集は、協会が出しているものではないですし、

協会が発行している要項(パンフレット)に

掲載された検定基準にも

5級 初級 やさしい文章の読み書き 直説法修了

とあるのですよね。

ならば、誰にも文句をいうことはできないです。



今後受験をされる方には、このような可能性もあるということを、

お伝えしておきたいと思います。

この問題集自体はとてもおすすめですので、

別のもので関係詞のところも確認しておくといいかと思います。)


=====


今回の出題内容について、覚えている範囲で振り返っておきたいと思います。


大問1 動詞の活用を書かせる問題 

現在分詞や過去分詞が中心。不規則な形のものが多かったです。

線過去を書かせる問題もあった気が?


大問2 単語を選ばせる問題

確か、10題。porやparaを選ばせる問題や、gustarの正しい活用を選ばせる問題、

そして関係詞を選ばせる問題などでした。


大問3 未来形から現在形に、現在形から未来形に書き換える問題

この問題集の模試と同じ形式です。確か10題。


大問4 和訳のみ 5題

結構手ごわかったです。問題集の和訳の練習のところよりも、

レベルが高く感じました。


大問5 リスニング 4題

問題集と同レベルかと思います。

(ディクテーションしようと思って、構えていたら、

「スペイン語検定5級の問題です」みたいな説明の部分が始まって、

びっくりしました。笑)


=====


試験中、そして直後の動揺について書くことは、

言い訳をするようで恥ずかしかったのですが、

その時に感じた正直な気持ちということで、残しておきたいと思います。

そして、そのような動揺もありましたが、

自分がやると決めていた対策に関しては、

悔いなくやりきることができたので。

今は本当に、すがすがしい気持ちです。



今後しばらくは、少し問題集から離れて、

duolingo(アプリ)をしたり、ラジオ講座を聞いたりしつつ、

約2ヶ月後の発表を待ちたいと思います。



にほんブログ村 英語ブログ 英語資格・英語試験へ
にほんブログ村

スペイン語技能検定 6級 受験結果

2018年6月24日に受験した、スペイン語技能検定6級の受験結果が、

先日郵送で届きました。

1ヶ月半ほど、そわそわしながら待ち続けた結果は
































Scannable の文書 (2018-08-14 13_53_42) (1)


合格でした!!


10月の5級受験に向け、すでに7月より学習を開始しております。

(8月5日には、放送大学で受講しているスペイン語の単位認定試験も受けてきました。)

次もいい結果をお伝えできるよう、頑張りたいと思います。



取り急ぎ、ご報告でした!



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

【スペイン語検定】受験前日に起こった大きなハプニング

6月のスペイン語検定(6級)受験の振り返りに関する記事も、

今回が最後になります。


〜今までの投稿〜

スペイン語検定6級を受験してきました!

なんども挫折したスペイン語学習を、なぜ続けることができたのか



まだ、リアルタイムで学習中のため、語れることは多くはないのですが・・・。

これだけは、今、絶対書いておかなければならないということで、

大急ぎでこちらにやってきました。

(ブログ更新より試験勉強をしなさい・・・と天の声を、

振り払いながら。笑)



今回の受験にあたり、使用した検定対策問題集。

とても使い勝手が良く、自分にとっての試験勉強の「核」になってくれました。

しっかりと問題を解き、復習をした、その手応えを感じながら、

「念のため、試験のことでも調べてみるか。

過去問の情報があるかもしれないし。」

と、気軽な気持ちでネットを検索したのが、試験前日



受験者の方のブログで、どのような問題が出たか書いてくださっている記事を

いくつか見つけました。

それを読んでいるうちに、

「え、これもしかして、やばい???」

と思うことを発見したんです。



内容を見てみると、私が問題集で解いていた過去問とは、

形式や難易度が全然違っていて。

ブログの更新日を見てみると、割と最近。

私の問題集は、以前スペイン語をやり直そうとした時のものなので、

少し古い・・・。(使っていないから、見た目は新しいのですが。苦笑)

改訂版が出たのは知っていたのですが、

さすがに大きく変わることはないだろうということで、

買い直さずにいたのです。



「これ、出題傾向(範囲)、変わってる!?」



今振り返れば、前日にこれを気づくというのは、

結構おおごとだと思うのですが、

それでも慌ててもしょうがないので・・・

読ませていただいたブログ記事を頼りに、

対策していない分を大急ぎでやり直しました。

(思えば、幸運なことに、やっていた範囲の方が難しい内容だったので。

これが逆だったら、正直厳しかったと思います。)


アクセントや名詞の男女の区別、複数形の作り方など、

対策ができていない範囲を短時間でおさらいをし。

そして、なんとか当日の試験でも、その範囲の問題を含めて、

しっかりと解答してくることができました。





※画像は、旧版(左)と改訂版(右)。

試験後、5級受験に向けて、大急ぎで買い直しました。




今日、ブログを書くために、改訂版の方を覗いてみると・・・

やはり自分が旧版でやっていた範囲の中で、

動詞の不規則活用目的格のこと、gustar型動詞など、

5級出題範囲と書いてありました。(結構な量)



だいぶ、先取りしてしまった形になりますが、

ここまで進めておけてよかった、次がちょっとでもラクになったと、

今は嬉しく思います。



・・・それでも!



やっぱり、

「問題集は最新版を使う」こと

「ネット情報もしっかり確認する」こと

次回以降のために、この2つはしっかり気をつけておきたいと思います。


にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村




こちらが、改訂版(最新版)です!



スペイン語検定対策5級・6級問題集[改訂版]《CD付》

なんども挫折したスペイン語学習を、なぜ続けることができたのか

20年以上にわたって何度も初歩の初歩で挫折してしまっていた、

スペイン語学習。

今回なぜ続いているかについて、自分なりに理由を考えてみたいと思います。

=====



単刀直入に言って、続けられた一番の理由は、

選んだ教材、そして取り組んだ順番のおかげだと思っています。

(詳しい教材、期間については、前回の記事に書いています)



まず、duolingoというアプリを使って、

「ゲーム感覚で、続けることを楽しめた」こと。

「単語を覚える」、「短文を作る」という初歩において大事な部分を、

楽しみながら、「大量に」こなせたことは大きかったです。



・・・ですが!

実は、このduolingo.

5年前にも、結構はまって、その時もかなりのレベル(語学そのもののレベルではなく、

ゲームとしてのレベル)まで進んだように記憶しています。

それなのに、なぜ途中でやめてしまったのか。

そして、今回はなぜ同じことをして続けれたのか。



それは、duolingoで十分に慣れてきた頃から、

「問題集に取り組み始めた」ことが大きいです。

なんとなく感覚として覚えてしまっていたことを

問題集を解くことによって、別の形で再確認する。

私が使っていたスペイン語検定対策問題集には、

簡単な文法説明もついていたので、

それを読むことで、自分が「だいたいこうなのかしら?」と思っていたルールを、

文字で確認できたのは本当に良かったです。




・・・これ。

もし順序が逆だったら、きっと挫折していたと思います。

なじみのない言語を、いきなり文法説明だけ読んで理解していくことは、

不可能ではないかもしれませんが、

相当ハードルが高いです。

短文を作る練習を山ほどしつつ、ルール説明を付け加えていく。

自分が、英語を学び始めた頃(中1)、

そして、今自分が英語学校で指導しているやり方と全く同じです。



そういった意味で、自分の勉強法を再確認をするとともに、

現在の指導にも、今、リアルタイムでやっていること、

試行錯誤を活かせるのではと期待しています。



直近の目標は、

8月の初めにある、放送大学の「初歩のスペイン語」の試験に合格すること。

気づいたら、意外にあと少しです(笑)。

今、ちょっとずつ楽しさが分かり始めている状態で、

もっともっと前に進んでいきたいと思います。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

スペイン語検定6級を受験してきました!

2018年6月24日(日)。

初めて、スペイン語検定6級を受験してきました。



スペイン語は、大学の自由選択でドロップアウトして以来、

24年ほど、「いつかまた、やりたいな」と思い続けていた言語です。

数年に一度、思い出したようにトライするのですが、

毎回、英語でいうbe動詞に入るあたりで挫折。

その都度、また続かなかったなという残念さばかりが蓄積し・・・。

きっと自分には無理だろうという気持ちになりかけていました。

(今見たら、ブログにも、5年前に、スペイン語に関する記事を書いています。

「飽きたら、そのままフェイドアウトの可能性も大きいです。」って。

本当にフェイドアウトしてました。笑)




それが今回、ようやく"be動詞あたり"を乗り越え、

学習を継続し、検定を受験してくることができました。

一番初歩の級(6級は、英検でいうところの4級にあたる)ですが、

やっとここまでこれたことが、本当に感慨深いです。


=====

というわけで、今回、

行ってきた学習について振り返ってみたいと思います。

(合格発表は2ヶ月後なのですが、それを待っていたら

いつ何をしたのか忘れてしまいそうなので。

次の級挑戦への備忘録として書いておきます。)



学習期間:2018年2月〜



使用教材:

(1)アプリ "duolingo"  (全期間)

2月〜3月の2ヶ月間は、アプリのみ行っていました。

ゲーム感覚で気軽にできるアプリで、

とにかく毎日続けることを目標に取り組みました。

(直前期は、問題集に力を入れたため、ペースが少し落ちました)




(2)スペイン語検定対策5級・6級問題集[改訂版]《CD付》



4月から少しずつ解き始めました。

文法の説明は最小限だったので、別の本を時々参照しながら

解きました。

文法問題に関するページ、模擬試験2回分は、何度も繰り返しました。

また、この問題集の巻末にある単語集をコピーし、

覚えた単語数の管理
に使いました。

直前のカウントで、547語。

6級の語彙数の目安、500語を超えました。




※ 実は、この本。

前回の「スペイン語やってみようかな」の波の時に買った版を

そのまま使っていて・・・。

そのせいで直前ギリギリでハプニングがあったのですが・・・

それはまた記事を改めて書きたいと思います。




(3)スペイン語検定5級・6級単語集《MP3 CD-ROM付》



6月頃に入ってから、パラパラと参照するようになりました。

(英語の時と同様、単語本だけで覚えようとはしませんでした)




(4)初歩のスペイン語〈’17〉 (放送大学教材)



放送大学の「エキスパート」制度に申請するために

語学の単位が必要だったので、受講することにしました。

(この教材メインで学習するつもりはなく、

せっかくだし単位もとれればいいや、くらいの気持ちでした)

講座自体、とても丁寧でわかりやすいですが、

検定までの短期間に該当範囲を終わらせることは難しいと思ったので、

途中で放置してあります。

ちょうど8月に単位認定試験があるのと、

この講座が5級の範囲をカバーしているので。

早速再開させていこうと思います。


=====

かなり長くなったので、今回は学習教材の紹介だけで一旦終わろうと思います。

次回以降で、「どうして続けられることができたのか」

「試験前日に起きたハプニング」

などについて、書いていきたいと思います。


にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

「無心になれること」を趣味と呼ぶならば……今日から私はスペイン語学習を趣味にする

「趣味」の定義。

私の中では、「日常のことを忘れて没頭できるもの」と考えています。

そういった意味では、少なくとも大人になってからの私は、趣味と呼べるようなものは何ひとつ持っていませんでした。

昔は時間を忘れて小説を読んだりしましたが・・・今はほとんど読みません。
そして、日常のことを忘れられるという意味では、大好きな飲酒もそうなんですが、それは趣味ではないし。

唯一、ヨガがその定義に当てはまりつつあるのですが、欲張りな私は、「日常のことを忘れて没頭できるもの」のバリエーションを増やしたいと思っていました。



それが・・・実は、数日前、いきなり訪れたのです。

きっかけは、お友達のKumiさんの書かれた、こちらの記事でした。

まとまった休みに勉強しよう--独学に役立つiOSアプリ5選  CNET Japan


記事の中で紹介されていたDuolingoというアプリ。
英語以外の、ドイツ語・スペイン語・イタリア語・フランス語・ポルトガル語などがクイズ形式で学べます。



スペイン語。
実は、大学の自由選択の講義を1~2回でドロップアウトして以来、何度となく「またやりたい」と言っては挫折。
あまりにできないものだから、老後の楽しみにとっておくか・・・と自分の中で茶化していたほどです。

そして、今回もまったく続くとか続けるとか深く考えたわけではなく、せっかくKumiさんも勧めてくださったから、「ダウンロードして、見るだけ見てみよう」くらいの軽い気持ちでした。


・・・それが。
やってみたら、時間を忘れて夢中になって取り組んでいるのです。

たった1回やっただけで、「あ、こういうのこそ”趣味”なんだ!」、そう確信しました。
そして、その後3日間、誰に頼まれたわけでもないのに気付いたらアプリを開いている自分がいます。

(あまりに気に入ったので、アプリの詳細については、いつかまた記事を改めて書きたいと思います。)



他言語を学習することについては、挫折してしまう云々のほかにも、いろいろと複雑な思いがありました。

「国連英検に受かってからだ」

「講師として英語を極めなければいけないのに他言語に手を出すのは・・・」

でも、今回のこの体験でそんな思いはきれいさっぱり飛んで行きました。

同じ語学ですが、自分が英語を取り組んでいるように取り組まなくたっていい。
こんな言い方をしてはあれですが、現段階では「飲酒」に並ぶくらいお気楽なスタンスでいます。

趣味なのだから、無理して続けたりはしません。
飽きたら、そのままフェイドアウトの可能性も大きいです。

でも、こんな夢中になれることが急に降ってきたのが嬉しくて、思わず記事にしてしまいました。

このアプリでは、お友達登録をして点数をランキングで競う(言語に関わらず)こともできますので、これらの言語に興味のある方はぜひダウンロード(無料)して、登録してみてくださいね。

(私のアカウント名はnabo64です)



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

ブログランキング

いつも応援のクリックをありがとうございます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語資格・英語試験へ
にほんブログ村

プロフィール

なぼ

Author:なぼ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発行メルマガ(無料)
カテゴリ
旅 (3)
読んだ洋書の記録
国連英検特A級 1次対策に使用した本 

大問1、国連知識用。配点10点分ですが、ここで落としたくはありません。


公式ガイドブック(青のA4サイズの本)よりも問題の内容が本番に近く、問題数も多いのでお勧めです。


特A級の読解問題では単語力を問われます。
執筆者ブログ別館
100 WISH LIST
http://100wishlist.com/
英検1級三姉妹による英語学習情報ブログ。(共同運営)

英語表現・ことわざメモ~奪取・英検1級編~
(「2ミリずつ進歩」以前のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/nabo64/
英検1級取得までの学習法・詳細記録はこちらをご覧ください。

リンク
カウンター・ランキング